肌に触れるのは99%以上「和紙」、優しすぎるルームウエアを発見!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

雲上の着心地和紙にあり

アンダーソンアンダーソンの”WASHIFABRIC”ルームウエア

アンダーソンアンダーソン
この秋誕生の日本ブランド「アンダーソンアンダーソン」。新宿「NEWoMan」にショップをオープンした。他に肌着や靴下、パーカ、パジャマなど種々取り揃える。グレートップス1万2600円、パンツ1万2600円、白Tシャツは首元のステッチ糸も和紙。8800円(以上マッシュスタイルラボ)

通気性、消臭、抗菌・防臭性、防虫性、帯電性、体感質量、接触感覚、UVカット、自動湿度調節。これらの優位性を誇る機能素材と聞けば、どんな化学繊維かと思うだろう。

だが、その実体は「和紙」。さらなる伸縮性や耐久性のため芯にポリエステルを用いつつ、その周りに和紙を巻き付け撚った糸で作るのが新素材”WASHIFABRIC?”だ。肌に触れるのは99%以上和紙。この快適さは、まさに日本古来より伝わる優しさの感触。

ここに最先端の寛ぎの形があるのだ。


お問い合わせ先

マッシュスタイルラボ
TEL:03-6709-8369



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年10月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


関連記事:「なんにもおかまいできしませんけど」な、京都の宿が驚くほど快適だった理由

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop