週始めの月曜日。堅すぎないタイドアップで! 週始めの月曜日。堅すぎないタイドアップで!

ビームス芹沢さんが「TPO別・夏の海外出張スタイル」を解説!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

ビームスの芹沢さんに、夏の海外出張スタイルの着こなしテクを聞いてみた!

fashion_190820_beams_serizawa_04.jpg fashion_190820_beams_serizawa_05.jpg
夏のリゾート地におすすめなのが、マドラスチェックのシャツ。仕事モードのときはスーツにタイドアップすればきちんと見え、カジュアルに着崩したいときは、シャツ1枚で袖まくりでラフに……という着方も出来る。着こなし方によって、持っていると幅広く重宝するアイテムだ。

毎年6月にイタリアのフィレンツェにて開催される紳士服の展示会「ピッティ ウォモ」の期間には、日本から数多くのバイヤーがイタリアに長期出張する。出張期間中、限られたトロリーのスペースに、なるべくコンパクトな着数で、毎日見栄えの変わるバリエーションのスタイルを用意できるか否かは、個々のバイヤーの腕の見せどころだ。

今回の期間中にフランス・ニースにあるネクタイブランド「ブリューワー」の工場を訪れたビームスチームに、個々の考え抜かれた出張スタイルを解説いただいた。クリエイティブディレクター中村さん、ビームスFディレクター西口さん、プレス安武さんの着こなしに続いては、ビームスFアシスタントバイヤー芹沢さんの着こなしをチェック!

fashion_190820_beams_serizawa_01.jpg
<strong>紺ブレ×チノパンのトラッドスタイルを自分流カジュアルにドレスダウン</strong><br />「ピッティの4日目は、午前は会場で商談をする予定があったのでジャケットを着用。紺ブレにチノパンという王道の合わせですが、あえてオックスBDでなくTシャツを合わせたり、また足元もローファーでなくデッキシューズにしたりと少しカジュアルダウンを。自分なりの個性をプラスしたスタイルです。プリーツ入りのワイドめのチノパンは、長時間クルマに座っての移動時にも快適ですし、紺ブレは1着持っておくと、夜、レストランに行くときもそのまま着られるので便利。中がTシャツでもそれなりにきちんと見せることができます」

紺ブレ×チノパンのトラッドスタイルを自分流カジュアルにドレスダウン
「ピッティの4日目は、午前は会場で商談をする予定があったのでジャケットを着用。紺ブレにチノパンという王道の合わせですが、あえてオックスBDでなくTシャツを合わせたり、また足元もローファーでなくデッキシューズにしたりと少しカジュアルダウンを。自分なりの個性をプラスしたスタイルです。プリーツ入りのワイドめのチノパンは、長時間クルマに座っての移動時にも快適ですし、紺ブレは1着持っておくと、夜、レストランに行くときもそのまま着られるので便利。中がTシャツでもそれなりにきちんと見せることができます」

<strong>リネンのチェックBDシャツは、暑い夏日のスーツスタイルにも◎</strong><br />「マドラスチェックのシャツは、今年、自分の中でブーム。リネン素材なら、暑い夏のスーツスタイルにも涼しくて◎。この日は商談があったので、紺×白ベースのマドラスチェックに、同じく紺・白ベースのストライプタイを。パターン・オン・パターンの2柄合わせは、色をマッチングさせるとうまく馴染みます。合わせるスーツは明るめネイビーで、少し軽さを出しました。」

リネンのチェックBDシャツは、暑い夏日のスーツスタイルにも◎
「マドラスチェックのシャツは、今年、自分の中でブーム。リネン素材なら、暑い夏のスーツスタイルにも涼しくて◎。この日は商談があったので、紺×白ベースのマドラスチェックに、同じく紺・白ベースのストライプタイを。パターン・オン・パターンの2柄合わせは、色をマッチングさせるとうまく馴染みます。合わせるスーツは明るめネイビーで、少し軽さを出しました。」

マドラスチェックのシャツは単体だと派手な印象にも見えるが、タイドアップしてネイビートーンでまとめると、かっちりした印象に見せることもできる。

マドラスチェックのシャツは単体だと派手な印象にも見えるが、タイドアップしてネイビートーンでまとめると、かっちりした印象に見せることもできる。

<strong>シャツの色とパンツを変えるだけで、リゾートエレガンスな雰囲気に</strong><br />「昼は、離島にランチに行くというので、赤系のマドラスチェックシャツを着てみました。かっちりしたレストランかと思ったので紺ブレを持参、足元はカジュアルにグルカショーツとデッキシューズでハズしました。マドラスチェックのシャツは、ジャケットを脱いで袖まくりすると、こなれたカジュアル感を演出できます」

シャツの色とパンツを変えるだけで、リゾートエレガンスな雰囲気に
「昼は、離島にランチに行くというので、赤系のマドラスチェックシャツを着てみました。かっちりしたレストランかと思ったので紺ブレを持参、足元はカジュアルにグルカショーツとデッキシューズでハズしました。マドラスチェックのシャツは、ジャケットを脱いで袖まくりすると、こなれたカジュアル感を演出できます」

南国の陽射しに映える赤ベースのマドラスチェック。長袖シャツなら半袖シャツよりエレガントだし、暑くなったら袖をくしゃっとまくればこなれた雰囲気も出せる。

南国の陽射しに映える赤ベースのマドラスチェック。長袖シャツなら半袖シャツよりエレガントだし、暑くなったら袖をくしゃっとまくればこなれた雰囲気も出せる。

<strong>ノージャケットの場合も、夜の雰囲気に合わせてネイビートーンでシックに</strong><br />「夜の食事に出かけるときは、ネイビートーンで引き締まった印象に。といっても、リゾート地の街中に馴染むよう、開襟シャツやシアサッカーの太めパンツと、全体的な素材感や雰囲気を軽めに。ちょっと変わった形のエスパドリーユもポイントです」

ノージャケットの場合も、夜の雰囲気に合わせてネイビートーンでシックに
「夜の食事に出かけるときは、ネイビートーンで引き締まった印象に。といっても、リゾート地の街中に馴染むよう、開襟シャツやシアサッカーの太めパンツと、全体的な素材感や雰囲気を軽めに。ちょっと変わった形のエスパドリーユもポイントです」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Nov. VOL.316

11

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop