ベントレーの最新4座オープンはシックなカラーがよく似合う【スペイン国際試乗会レポ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

>> この記事の先頭に戻る

コンチネンタルGT コンバーチブル
クーペと同様に最高出力635PS、最高速度333km/hを誇るW12エンジン搭載モデルから発売された「ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル」。価格は2831万7600円。
コンチネンタルGTコンバーチブルのバックスタイル
新型モデルのボディサイズは全長4880×全幅1965×全高1400mm。ホイールは標準が21インチ、オプションで22インチの設定が用意されている。

今回追加されたGTC改めGTコンバーチブルでは、スタイリング面での美しさがいっそう際立っている。低くワイドなスタイリングにあって、リアフェンダーまわりの盛り上がった伝統的な造形がことさら強調され、従来のGTC以上にスポーティでかつエレガントなオーラを放っているからだ。

コンバーチブルもクーペと同じパワートレインを積む。お馴染みの6.5リットルW12TSI+8速デュアルクラッチトランスミッション+4WDだ。最高出力635ps&最大トルク900Nmで、0→100km/h加速は3.7秒、最高速333km/hというからスーパーカー級で、優雅な大型コンバーチブルには十分過ぎるスペックだろう。

4層からなる新開発のZ型フォールド式ソフトトップを採用した。相変わらずベントレーのチョイスはハード(リトラクタブル式ハードルーフ)ではなく、ソフト。見た目の雰囲気はソフトトップのほうが圧倒的にエレガントだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop