【2018年まとめ】人気だった「火曜日」のコーディネートはコレだ!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
tue_sp.jpg

スーツやジャケットをはじめとする少数精鋭のアイテムを駆使しながら、1週間を通して毎日いかに変化をつけたコーディネートを作れるか?——に挑戦する「スーツの着回し1週間チャレンジ!」。MEN’S EX ONLINEにて大人気のこの着回し企画、2018年を振り返って、曜日ごとのおすすめコーディネートをご紹介! 春夏、秋冬通して、仕事にも休日にも参考になるコーディネートがたくさんあるので、是非チェックしてみよう! 

2018年、人気だった「火曜日」のコーディネートはコレだ!(写真6枚)



スタッフクレジットは各コーディネートの詳細ページに記載
<b><font color=red>STRASBURGO</font><br />連日スーツを乗り切るコツは軽さと色</b><br />月曜日の紺スーツから一転、火曜日はグレースーツでイメージチェンジ。このスーツにはクールビズ期間中でも快適に過ごせる秘密がある。 <br />「生地は英国の名門、エドウィン・ウッドハウス社を代表する高機能生地'エア・ウール'。汗をかいても肌離れの良いドライタッチ、高い通気性、防シワ性が特徴で、上着を脱いで鞄に入れてもシワが目立ちにくのが特徴です。ストラスブルゴでは、この生地をさらに軽く別注した生地を使用しています。コーディネートは水色の無地シャツ、紺の小紋柄ネクタイという青系で爽やかにまとめました」。<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180522_8044.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

STRASBURGO
連日スーツを乗り切るコツは軽さと色

月曜日の紺スーツから一転、火曜日はグレースーツでイメージチェンジ。このスーツにはクールビズ期間中でも快適に過ごせる秘密がある。
「生地は英国の名門、エドウィン・ウッドハウス社を代表する高機能生地'エア・ウール'。汗をかいても肌離れの良いドライタッチ、高い通気性、防シワ性が特徴で、上着を脱いで鞄に入れてもシワが目立ちにくのが特徴です。ストラスブルゴでは、この生地をさらに軽く別注した生地を使用しています。コーディネートは水色の無地シャツ、紺の小紋柄ネクタイという青系で爽やかにまとめました」。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>伊勢丹</font><br />外回りは都会的で優しげなブラウンスーツで印象アップ</b><br />ネイビースーツやグレースーツばかりのなか、ミドルエイジの貫禄を無理なく表現できるのが落ち着いたダークブラウンスーツ。 <br />「都内で商談の日は相手に緊張感を与えるような、決めすぎのスーツは威圧的。ここではリラックスムードで話が弾むような、柔らかな作りのブラウンスーツとグレーの優しげなギンガムチェックシャツを選びました。書類やパソコンも収納できるトートバッグは月曜日と同じ。外回りの日差しをさえぎる中折れ帽は、シンプルなデザインでスーツの世界観に馴染ませています」(バイヤー山浦勇樹さん) <br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180918_9032.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

伊勢丹
外回りは都会的で優しげなブラウンスーツで印象アップ

ネイビースーツやグレースーツばかりのなか、ミドルエイジの貫禄を無理なく表現できるのが落ち着いたダークブラウンスーツ。
「都内で商談の日は相手に緊張感を与えるような、決めすぎのスーツは威圧的。ここではリラックスムードで話が弾むような、柔らかな作りのブラウンスーツとグレーの優しげなギンガムチェックシャツを選びました。書類やパソコンも収納できるトートバッグは月曜日と同じ。外回りの日差しをさえぎる中折れ帽は、シンプルなデザインでスーツの世界観に馴染ませています」(バイヤー山浦勇樹さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>TOMORROWLAND</font><br />イギリス×フランス! 国別テイストミックスで垢抜ける</b><br />外回りも来客の予定もない、少々くだけた装いでも許される日は、ジャケパンスタイルがラクチン。 <br />「ポイントはトレンド感のある服地作りに定評のあるイタリアのメーカー、フェルラ社のベビーアルパカを使用したアンコンジャケット。肩パッドや裏地などがない軽快なアンコン仕立てなら、休日にも着回せます。ここではチェックジャケットもウールパンツも英国調生地でまとめた中に、発色にこだわったピンクカーディガンをプラス。明るい色を利かせるという、フレンチスタイルでお馴染みの着こなしを意識しました」(プレス関内健太郎さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181023_9321.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

TOMORROWLAND
イギリス×フランス! 国別テイストミックスで垢抜ける

外回りも来客の予定もない、少々くだけた装いでも許される日は、ジャケパンスタイルがラクチン。
「ポイントはトレンド感のある服地作りに定評のあるイタリアのメーカー、フェルラ社のベビーアルパカを使用したアンコンジャケット。肩パッドや裏地などがない軽快なアンコン仕立てなら、休日にも着回せます。ここではチェックジャケットもウールパンツも英国調生地でまとめた中に、発色にこだわったピンクカーディガンをプラス。明るい色を利かせるという、フレンチスタイルでお馴染みの着こなしを意識しました」(プレス関内健太郎さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>La Gazzetta 1987</font><br />定番ジャケット&パンツも、インナーひとつでガラリと変わる</b><br />外出予定も来客のアポイントもない日は、リラックスしたビジネススタイルで快適にオフィスワークをこなしたいもの。でも、露骨に気を抜いてしまっては「〇〇さん、気合入ってないときはダサいね......」なんて囁かれてしまうかも。そんなとき、気負わずサマになる服装とは...... <br />「色みのあるタートルネックニットをインナーに合わせるのがおすすめです。こちらは落ち着き感がありつつ洒脱な印象を演出できるボルドー。紺ジャケ+グレーパンツという定番の合わせでも、インナーが変わるだけでかなり違った印象になるのを実感していただけると思います。ちなみにジャケットは紺無地に見えて、実はブラウンも混じったヘリンボーン織り。こういうさりげなく技アリなアイテムを持っておくと、ベーシックスタイルにも奥行が出ます。リラックスしたスタイルですが、足元は内羽根のドレスシューズを合わせてキリッと引き締めました」(ラ ガゼッタ 1987 プレス 佐々木皓哉さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181127_9636.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

La Gazzetta 1987
定番ジャケット&パンツも、インナーひとつでガラリと変わる

外出予定も来客のアポイントもない日は、リラックスしたビジネススタイルで快適にオフィスワークをこなしたいもの。でも、露骨に気を抜いてしまっては「〇〇さん、気合入ってないときはダサいね......」なんて囁かれてしまうかも。そんなとき、気負わずサマになる服装とは......
「色みのあるタートルネックニットをインナーに合わせるのがおすすめです。こちらは落ち着き感がありつつ洒脱な印象を演出できるボルドー。紺ジャケ+グレーパンツという定番の合わせでも、インナーが変わるだけでかなり違った印象になるのを実感していただけると思います。ちなみにジャケットは紺無地に見えて、実はブラウンも混じったヘリンボーン織り。こういうさりげなく技アリなアイテムを持っておくと、ベーシックスタイルにも奥行が出ます。リラックスしたスタイルですが、足元は内羽根のドレスシューズを合わせてキリッと引き締めました」(ラ ガゼッタ 1987 プレス 佐々木皓哉さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>DESIGNWORKS</font><br />商談で好印象を残せる切り札セットアップの決定版</b><br />ビジネス服の最上級、3点セットのスリーピーススーツは、商談やプレゼンなどの自己アピールする場面で信頼を得やすい。それと同程度の効果がありながら、より自由に着回せるのが、3点が別売りになっているセットアップスーツだ。こちらはラクチンなジャージー素材も大いなる魅力。 <br />「織り地が目立つ生地は少しくだけた雰囲気ですが、ベストが加わるため、お洒落感ときちんと感が好バランス。しかもジャージー素材なので、長時間の会議やデスクワークにはもちろん、飛行機や新幹線などに座りっぱなしの出張時も快適です。また落ち着いたグレーのセットアップのため、シャツやネクタイを替えるだけで大きく印象が変わり、出張先での着回しにも活躍します。ここではシャツ、ネクタイ、シューズも黒基調にシックにまとめました」(プレス大橋 渡さん)。<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181204_9663.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

DESIGNWORKS
商談で好印象を残せる切り札セットアップの決定版

ビジネス服の最上級、3点セットのスリーピーススーツは、商談やプレゼンなどの自己アピールする場面で信頼を得やすい。それと同程度の効果がありながら、より自由に着回せるのが、3点が別売りになっているセットアップスーツだ。こちらはラクチンなジャージー素材も大いなる魅力。
「織り地が目立つ生地は少しくだけた雰囲気ですが、ベストが加わるため、お洒落感ときちんと感が好バランス。しかもジャージー素材なので、長時間の会議やデスクワークにはもちろん、飛行機や新幹線などに座りっぱなしの出張時も快適です。また落ち着いたグレーのセットアップのため、シャツやネクタイを替えるだけで大きく印象が変わり、出張先での着回しにも活躍します。ここではシャツ、ネクタイ、シューズも黒基調にシックにまとめました」(プレス大橋 渡さん)。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>BEAMS</font><br />エレガントさを出すなら、3ピースのスーツが鉄板だ</b><br />昼間は仕事、夜は取引先のパーティへ。たとえばこのように、きちんとエレガントな印象をキープしたい日には、ネイビーの3ピーススーツを選んでみよう。<br />「普通のスーツよりもドレッシーな印象がある3ピーススーツなら、日中のオフィスに溶け込みつつ、夜の宴では華やぎを添えられます」(ビームス プレス・安武さん)。3ピースは、チェンジポケットや襟付きベスト、プリーツパンツなど、最旬のサルトリアディテールを取り入れているため、古めかしく見えることはない。「服地は微光沢のある梳毛なので、夜の照明に映えてパーティ慣れした人に見えるはず。スーツが正統派なので、ネクタイはグリーンの飛び柄で個性を出しても良いでしょう。」<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180424_10.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

BEAMS
エレガントさを出すなら、3ピースのスーツが鉄板だ

昼間は仕事、夜は取引先のパーティへ。たとえばこのように、きちんとエレガントな印象をキープしたい日には、ネイビーの3ピーススーツを選んでみよう。
「普通のスーツよりもドレッシーな印象がある3ピーススーツなら、日中のオフィスに溶け込みつつ、夜の宴では華やぎを添えられます」(ビームス プレス・安武さん)。3ピースは、チェンジポケットや襟付きベスト、プリーツパンツなど、最旬のサルトリアディテールを取り入れているため、古めかしく見えることはない。「服地は微光沢のある梳毛なので、夜の照明に映えてパーティ慣れした人に見えるはず。スーツが正統派なので、ネクタイはグリーンの飛び柄で個性を出しても良いでしょう。」
コーディネートの詳細はこちら

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop