コンサバに”チラ見せ”の隠し味を。ポロ ラルフ ローレンのリボン付きカーディガン

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

POLO RALPH LAUREN
ポロ ラルフ ローレンのリボン付きカーディガン

王道ゆえ無難になりがちなコンサバを逆手に取る

コンサバ好きの思わぬ落とし穴。それは王道すぎるあまり、捻りのない着こなしになってしまうこと。確かに好印象なのだが、悪く言えば無難……。せっかく服が好きなのに自分らしさがなくなってしまってはもったいない。シックにコンサバでありたいけど、さりげない洒落感も仄めかしたい。このカーディガンが一味違うのは、そんなわがままを叶える、ちょっとした仕掛けがあるからだ。

その仕掛けとは見ての通り、ボタン部分に施されたトラッド柄のリボン。一見普通のカーディガンだが、ボタンを開けたとき少し覗くこのリボンが、着こなしを新鮮に変える。そしてこの仕掛けが活きる装いが、王道ど真ん中のコンサバコーデ。いっそタイやシャツも無地でまとめて、覗いた柄リボンだけでアクセントをつけてもよい。それこそコンサバを逆手に取った個性も際立つ装いだ。

ポロ ラルフ ローレンのリボン付きカーディガン
カーディガン2万4000円、ジャケット7万5000円、シャツ1万5000円、タイ1万4000円、パンツ1万8000円、タイバー〈参考商品〉/以上ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン) チーフ〈スタイリスト私物〉

ボタン部分にリボンがあしらわれた、ハイゲージのコットンカーディガン。チャコールグレーの色もコンサバな着こなしにぴったりだ。ネイビー地のものも展開。

ポケットから小物を出すときにもチラリ

ポケットから小物を出すときにもチラリ

ボタンを留めたときには定番のカーディガン。だがボタンをはずすと覗くトラディショナルなロイヤルクレスト柄のタイ生地がチャーミングだ。両ポケットの内側にも同じリボンが施されており、小銭やちょっとした小物を取り出す何気ない仕草も新鮮に映るはずだ。


お問い合わせ先

ラルフ ローレン
TEL:0120-3274-20



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2018年11月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop