クルマ好きが腕にすべき60万円前後の機械式レーシングウォッチ、おすすめはタグ・ホイヤーとモンブラン

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

レーシングウォッチをつけて
ワインディングロードを駆け抜けたい

【空想時計読本】
大きなプロジェクトを成功させたご褒美に、長期休暇を頂いた。そこで以前からの夢を実現することに。フィレでレンタカーを借り、トスカーナ州に点在するワイナリーを巡る旅に出かけるのだ。なだらかな丘陵地帯に広がる、美しい田園風景を縫って走るワインディングが連なるルート。きっと胸のすくようなドライブが楽しめるだろう。

そんなせっかくの機会、お供の時計も”グランド・ツーリング”気分を盛り上げるものがいい。となれば、クロノグラフの名門が手がけるレーシングウォッチが最適。往年の名ドライバーが愛したモデルの復刻版なら、よりドラマティックな旅ができそうだ。



TAG HEUER
タグ・ホイヤー
オウタヴィア ホイヤー02 クロノグラフ ジャック・ホイヤー リミテッドエディション

TAG HEUER

最新自社クロノ搭載で傑作モデルが復活!
多くの有名ドライバーに愛されたオウタヴィアには、数多のバリエが存在する。その生みの親、ジャック・ホイヤーの限定モデルが登場。搭載するのは最新の自社製クロノグラフ・ムーブメントだ。自動巻き。径42mm。SSケース&ブレス。61万5000円(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー)



MONTBLANC
モンブラン
タイムウォーカー クロノグラフ UTC

MONTBLANC

GMTまで装備したオールブラッククロノ
傘下のミネルヴァ社がレースと関わっていた歴史に焦点を当てて製作。ブラックに赤のクロノ秒針が映え、じつにクールな印象。しかもGMT針と回転ベゼルの併用で3つの時間帯を表示可! 自動巻き。径43mm。SSケース+セラミックベゼル。57万4000円(モンブラン コンタクトセンター)



[MEN’S EX 2018年3月号の記事を再構成]
文/吉田 巌(十万馬力)

※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.335

Autumn

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop