予約が絶えない、インスタ映えする蟹鍋【吉次蟹蔵】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
吉次蟹蔵
2015年のオープン当初から愛され続けている〈毛蟹大根鍋 白〉1台1万4000円。活蟹を注文が入ってから使用するため新鮮そのもの。唐辛子をたっぷり使った新作〈毛蟹大根鍋 赤〉もある。

2017年の流行語大賞に選ばれ、ヒットの要因にもなっている”インスタ映え”。Instagramに写真をアップした際に見栄えがいい、という意味の言葉だが、今、この”インスタ映え”を食べ物に求める人が数多く存在している。読者諸兄の中には「SNSには興味がない。自分には関係ない」という方もいらっしゃるだろう。だが、部下や女性に教えてやれば喜ばれる確率は高く、ネタとして押さえておいて損はない。

すっかり前置きが長くなったが、そんなわけでご紹介させていただくのが、中目黒にある完全予約制の和食店「吉次蟹蔵」だ。外界をシャットアウトするような店構えにもそそられるが、注目すべきはコチラの名物〈毛蟹大根鍋〉。北海道・紋別から直送される新鮮な毛蟹を丸ごと1杯使用した、贅沢な趣向のもので、見た目のインパクトもさることながら、「ちくま味噌」の白味噌と濃厚なバターを掛け合わせたスープの旨いことといったらない。一滴も残さず飲み干したくなるほどだ。

ちなみに〆はプリプリのいくらを乗せた雑炊。これも格別。見て良し、食べて良しの優秀鍋、お見知りおきを。

DATE

吉次蟹蔵
東京都目黒区上目黒3-9-5 プラージュ目黒3F
TEL:050-3464-1443
営業時間:18時〜23時30分L.O.
定休日:2018年1月18日



[MEN’S EX2018年02月号の記事を再構成]
文/須永貴子、神山典子 構成・文/甘利美緒 撮影/中村香奈子

日本ワインを常時20種類以上ラインナップ。

日本ワインを常時20種類以上ラインナップ。

席数は32。個室あり(4名×2部屋)。

席数は32。個室あり(4名×2部屋)。

外界をシャットアウトするような店構え。

外界をシャットアウトするような店構え。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop