着てみるとブランドにより個性が全然違います!(二着目)【アットリーニ ドンナ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
昨夏イタリアにてオーダーした「エルネスト」のジャケットに続き、今回はもう一着、アットリーニでもトライ。

k_20140319_02.jpg ナポリ仕立てらしく肩は柔らかにダーツが入りながらしっかりコンケーブト、ラペルも堂々と大きくマスキュリン。なのにウエストをしっかり絞ることで女らしさを出してくれるのは、さすがです。

k_20140319_03.jpg 同じ人間の身体を採寸しているのに、ブランド毎に表情が全然違うのも、イタリアのジャケットの面白いところだな・・・・・・と。是非日本でも、オーダー展開して欲しい!


k_20140319_04.jpg
デザイナーはこの人!
南イタリア、ナポリのサルト「アットリーニ」創始者チェーサレ・アットリーニの息子、ヴィンチェンツォ・アットリーニ氏。


k_20140319_05.jpg 「ジャケットは皮膚の一部でなければならない」と語るヴィンチェンツォ氏の手による「アットリーニ」。
生地もメンズライクで、クラシックなナポリ仕立てだがシルエットは非常に女性的。アットリーニはビームスで既製服の展開が一部あり。


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop