シワが気にならないから旅行やドライブに重宝します【センティネル】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
先日、ミラノ&フィレンツェを旅してきました。

まだ暑さが残る時季でしたが、イタリアの伊達男たちは実に天晴れ。涼しい顔して秋物を着こなし、石畳を颯爽と歩いていくんですからねえ。

で、そんな彼らを観察していたら、とあるアイテムが目につきました。シルエットがソフトなジャケットです。中でも、パッと見はエレガントでありながら、よく見ると着心地は楽そうなタイプに心惹かれました。聞けば、この秋は、アンコン仕立てのタイプが例年以上に大豊作だとか。


そんなわけで、今回は、こちらの「センティネル」のジャケットを推薦させていただこうと思います。

ご覧のとおり、見た目はちゃんとしたレストランへも着て行かれそうなカッチリ系ですが、特殊な織りのために生地に伸縮性があって動きやすい。上質なウールカシミアだから風合いもよく、温かい。エルボーパッチ付きで遊び心も効いている。そして意外とリーズナブル。

まあ、とにかくいいこと尽くめですよ。紅葉にも映えるでしょうし、ドライブデートにも使える……妄想も逞しくしてくれる一着ですね(笑)。


ボルドーを合わせてクラス感UP
k_20131105_02.jpg 「デニムで軽快に着こなすのもいいですが、今日はボルドーのシャツで渋みを演出してみました」。シャツとパンツはジャケットと同じ「センティネル」のもの。それぞれ伊・カンクリーニ社とカノニコ社の高級服地を使用。見事な風合いが大人の余裕を醸し出している。

ここに惹かれた!

k_20131105_03.jpg
特殊な織りがもたらす伸縮性

素材はウールとカシミアの混紡。ワッフル調に織ることで表情にニュアンスが生まれ、ジャージ素材でないにもかかわらず、伸縮性が実現。


k_20131105_04.jpg k_20131105_05.jpg
イタリア生まれの最高級服地を使用

生地にこだわりを見せる「センティネル」。今回のジャケットにはイタリアの名門、ロロ・ピアーナのものが使われている。

商品データ

3つの勘所を押さえた良く出来た一着 クオリティの高さ、デザインの面白さ、コストパフォーマンスの高さを兼ね備えるモノ作りに定評がある国内ブランド「センティネル」から、ロロ・ピアーナの生地を使用したアンコンジャケットが新登場。ウール&カシミアの混紡で、柔らかく包まれるような優しい肌触りが楽しめる。軽量で肩が凝らないのも魅力だ。7万6650円(フランクリンミルズ TEL:03-3499-8225) ■峰 竜太さん公式ブログ〈http://mineryuta.sblo.jp

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop