家族サービスの土曜日。大人の男の洒脱な休日カジュアルを! 家族サービスの土曜日。大人の男の洒脱な休日カジュアルを!

今が旬の3列シートSUV、買うならコレ!【マツダ CX-8、ボルボ XC90、レクサス RX450hL】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

“今が旬”のSUV。その中でも積極的にセレクトしたい3列シートSUVのオススメモデル

グローバルで販売が好調。今、自動車業界を牽引しているのがSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビーグル)である。日本国内においてもRV車の販売台数の中でも最も伸び率が高い。国内外のメーカーはこれでもか、とばかりに新型のSUVを投入しているが、その中でも一歩先のトレンドとも言えるのが、多人数乗車が可能な3列シートを持つSUVである。

多人数乗車と言えば、真っ先に思い浮かぶのはミニバン。こちらも販売は好調だが、どちらかと言えば「家族のクルマ」である。ファミリー層には良いだろうが、もう少しドライビングの楽しさを味わいたい層にはやや物足りない。

現在、日本で購入できる3列シートSUVは20モデル弱、意外と知られていないが、ピュアEVでクロスオーバーSUVでもあるテスラのモデルXも仕様によっては3列シートを組み込んだ7人乗りも設定している。

そもそも3列シートを組み込むスペースがあると言うことは、3列目を格納すれば実用的なラゲージスペースを生み出せる。つまり休日のアクティビティでは大きな荷物を、海外出張時では、大型のスーツケースを余裕で積載することができるわけだ。その点でもどんなシーンにでも対応できる”万能車”と言えるだろう。

また昨今のSUVはデザインや走りに対して各メーカーのこだわりが強く、中にはスポーツカー顔負けの性能を有するモデルも存在する。

ただ価格が高いだけでなく、実用性も含めたハイバリューな3列シートSUVはまさに旬の1台なのである。

全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mmとCX-5と全幅を同じにすることで日本の道路での使い勝手の良さをキープしている。一見CX-5のストレッチモデルのように見えるがプラットフォームは上位車種のCX-9(日本未発売)のものを採用する。

全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mmとCX-5と全幅を同じにすることで日本の道路での使い勝手の良さをキープしている。一見CX-5のストレッチモデルのように見えるがプラットフォームは上位車種のCX-9(日本未発売)のものを採用する。

ホイールベースをCX-5より230mm増やすことで3列化を実現。昨今人気のマツダ車のボディカラーは写真の「マシーングレープレミアムメタリック」を含め全7色を設定。

ホイールベースをCX-5より230mm増やすことで3列化を実現。昨今人気のマツダ車のボディカラーは写真の「マシーングレープレミアムメタリック」を含め全7色を設定。

グレードに応じて2列目シートの設定が変わる。写真はベンチシート仕様で、これのみ2-3-2の7名乗りとなる。

グレードに応じて2列目シートの設定が変わる。写真はベンチシート仕様で、これのみ2-3-2の7名乗りとなる。

水平基調のシンプルなインパネデザインは機能性と拡がり感を両立。パネルには本杢を使うなど上質感にもこだわっている。

水平基調のシンプルなインパネデザインは機能性と拡がり感を両立。パネルには本杢を使うなど上質感にもこだわっている。

最上位グレードのシートにはカップホルダーやシートヒータースイッチも付く。2列目シートは前後に120mmロングスライドするので乗員に応じて快適な空間を作ることができる。

最上位グレードのシートにはカップホルダーやシートヒータースイッチも付く。2列目シートは前後に120mmロングスライドするので乗員に応じて快適な空間を作ることができる。

全長4950mm×全幅1960mm×全高1760mm、ホイールベース2985mmとフルサイズのSUVボディ。最低地上高はエアサスペンション仕様が180mm、標準仕様は225mmとなる。

全長4950mm×全幅1960mm×全高1760mm、ホイールベース2985mmとフルサイズのSUVボディ。最低地上高はエアサスペンション仕様が180mm、標準仕様は225mmとなる。

プラットフォームにボルボの新世代アーキテクチャであるSPAを採用することで、デザインにも自由度が与えられた。新世代のボルボ車の第1弾となるデザインを纏う。

プラットフォームにボルボの新世代アーキテクチャであるSPAを採用することで、デザインにも自由度が与えられた。新世代のボルボ車の第1弾となるデザインを纏う。

ステアリングスイッチやタッチスクリーンの採用によってボタン類を極力減らしたデザインがポイント。タブレットに触れるような感覚で操作ができる。

ステアリングスイッチやタッチスクリーンの採用によってボタン類を極力減らしたデザインがポイント。タブレットに触れるような感覚で操作ができる。

快適性を損なわないように後席は座面位置を高めた「シアターレイアウト」を採用。シートアレンジは最大32パターンと多彩。

快適性を損なわないように後席は座面位置を高めた「シアターレイアウト」を採用。シートアレンジは最大32パターンと多彩。

プラグインハイブリッドであるT8はリチウムイオン電池をトランスミッションのトンネルに沿って配置。これにより車体のバランスに優れ、3列シートを搭載することも可能になった。

プラグインハイブリッドであるT8はリチウムイオン電池をトランスミッションのトンネルに沿って配置。これにより車体のバランスに優れ、3列シートを搭載することも可能になった。

T8には世界的にも有名なスウェーデンのオレフォス社製のクリスタルシフトノブが標準装備される。

T8には世界的にも有名なスウェーデンのオレフォス社製のクリスタルシフトノブが標準装備される。

RX450hLはモノグレードの設定で769万円。全長5000mm×全幅1895mm×全高1725mm、ホイールベース2790mm。ボディカラーは9色からセレクト可能、装備類は他のRXの上級仕様である“Version L”に準ずる。

RX450hLはモノグレードの設定で769万円。全長5000mm×全幅1895mm×全高1725mm、ホイールベース2790mm。ボディカラーは9色からセレクト可能、装備類は他のRXの上級仕様である“Version L”に準ずる。

インパネ上部に設置されたディスプレイは12.3インチと大型。オーディオシステムも標準で“レクサスRXプレミアムサウンドシステム”が標準装備されるが、メーカーオプションの“マークレビンソン”はぜひ装着したい。

インパネ上部に設置されたディスプレイは12.3インチと大型。オーディオシステムも標準で“レクサスRXプレミアムサウンドシステム”が標準装備されるが、メーカーオプションの“マークレビンソン”はぜひ装着したい。

RXと変わらないホイールベースだが、シート配置の最適化によって3列シートをうまく組み込んだ。上質なセミアニリン本革シートを標準装備する。

RXと変わらないホイールベースだが、シート配置の最適化によって3列シートをうまく組み込んだ。上質なセミアニリン本革シートを標準装備する。

3列目シートへの乗降は2列目を前倒しスライドさせるウォークイン方式を採用。足置きスペースを設けることで乗降性を向上させている。

3列目シートへの乗降は2列目を前倒しスライドさせるウォークイン方式を採用。足置きスペースを設けることで乗降性を向上させている。

3列目すべてのシートに電動機構を採用。元々RXは広いラゲージスペースを持つが、特にフラットになる点が魅力のひとつ。2&3列目とも分割可倒式を採用することで多彩なアレンジが可能だ。

3列目すべてのシートに電動機構を採用。元々RXは広いラゲージスペースを持つが、特にフラットになる点が魅力のひとつ。2&3列目とも分割可倒式を採用することで多彩なアレンジが可能だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Nov. VOL.316

11

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop