トヨタの新スポーツカーブランド「GR」誕生。デモ走行も披露した豊田章男社長の狙いは?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
トヨタの新スポーツカーブランド「GR」が誕生
「GR」発表会にサプライズで登場した豊田章男社長。

メルセデス・ベンツの「AMG」、BMWの「M」、アウディの「AUDI SPORT」など、ジャーマン3にも見られるようにスポーツカービジネスにおいて、特別な”ブランド”をもつことは重要な意味をもつ。

9月19日、トヨタが新ブランド「GR」を発表した。この「GR」とは、WRC(FIA世界ラリー選手権)やルマン24時間レースが代表的なWEC(FIA世界耐久選手権)への参戦など、現在のトヨタのモータースポーツ活動を司る「GAZOO Racing(ガズーレーシング)」を略したものだ。

商品体系は大きく3つに分けられる。エンジンやシャシーなどまで手が入った台数限定のコンプリートカー「GRMN」、エンジンをのぞくすべてがチューニングされた量産型スポーツの「GR」、日常での使いやすさを重視し、専用デザインの内外装とシャシーにのみ手が入る「GR SPORT」で、ヴィッツや86をはじめ、アクアやプリウス、さらにはヴォクシー/ノアといったミニバンをベースにしたモデルもラインナップされた。

トヨタの新スポーツカーブランド「GR」が誕生
「GR」のフルラインアップ。今後、順次拡大していくという。

そして「GAZOO」とは、豊田章男社長が課長時代、約20年前にディーラー業務改善の一環として手掛けた中古車の画像(「がぞう」をもじって「GAZOO」!)を使ったシステム、GAZOO.comに由来するものだ。”変革や挑戦への旗印”という意味を込めたものという。

発表会にサプライズ登場した豊田章男社長は、EV(電気自動車)をはじめ自動車の歴史において大きな変革期を迎えている現在においても、自動車を単なる移動手段やコモディティ化したものにするのではなく、愛車という言葉があるように、自動車は”愛”の文字が付くものであり、ファントゥドライブを追求し、トヨタでも面白いクルマを作れるんだということを示していくと抱負を語った。

トヨタの新スポーツカーブランド「GR」が誕生
発表会で豊田章男社長自ら86でデモ走行を行った。お世辞じゃなく超絶上手い!

ちなみに他の日本メーカーにもスポーツカーブランドは存在する。日産のNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)やスバルのSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)がそれだ。ラインナップ数など規模の違いはあれど、レースに参加し、標準車をベースにチューニングカーやコンプリートカーを作るという意味では同じだ。

しかし、GRとして目指すものはその先にあるという。「GAZOO Racing」カンパニーのプレジデントである友山茂樹専務は、将来的には専用のプラットフォームをもった世界に通用するピュアスポーツカーを世に出していくと話した。

フェラーリをはじめとする高級スポーツカー専業メーカーをのぞけば、量産メーカーがスポーツカーを作ることは難しくなってきた。近年はトヨタ86&スバルBRZ、マツダロードスター&フィアット124スパイダー、そして年内にも発表が予定されている新型トヨタスープラ&BMW Z4などに見られるように、メーカーの壁を乗り越えて共同開発、生産を行うことでビジネスとして成立させている。

実はこの発表に先駆け、この4月「GAZOO Racing」は、カンパニー制を敷くトヨタ内で独立したカンパニーになっている。世界最大級の自動車メーカーであるトヨタが、あえてこの激動のタイミングでモータースポーツ&スポーツカー専門のカンパニーを立ち上げ、景気に左右されない永続的なモータースポーツ活動とスポーツカー作りへ挑戦するという試みは、クルマ好きにとっても、ビジネスマンにとっても大いに注目だ。



ヴィッツ、アクア、プリウスもスポーツ仕様に!(写真20枚)

取材・文/藤野太一 構成/iconic

お台場のMEGA WEBで行われた発表会には500人超の報道陣が押し寄せ、立ち見も!

お台場のMEGA WEBで行われた発表会には500人超の報道陣が押し寄せ、立ち見も!

「GR」ドライバーである小林可夢偉選手や中嶋一貴選手なども登壇。

「GR」ドライバーである小林可夢偉選手や中嶋一貴選手なども登壇。

現在レースに参戦するマシン、ヤリスWRC(左)、WEC用のTS050ハイブリッド(右)。

現在レースに参戦するマシン、ヤリスWRC(左)、WEC用のTS050ハイブリッド(右)。

発表会で豊田章男社長自ら86でデモ走行を行った。お世辞じゃなく超絶上手い。

発表会で豊田章男社長自ら86でデモ走行を行った。お世辞じゃなく超絶上手い。

「GR」のフルラインアップ。今後、順次拡大していくという。

「GR」のフルラインアップ。今後、順次拡大していくという。

ヴィッツGRMNのプロトタイプに試乗。小さなボディに212馬力エンジンで楽しい。

ヴィッツGRMNのプロトタイプに試乗。小さなボディに212馬力エンジンで楽しい。

ヴィッツGRMNの内装。ミッションは6MTのみ。ヤリスベースでフランス生産となる。

ヴィッツGRMNの内装。ミッションは6MTのみ。ヤリスベースでフランス生産となる。

ヴィッツGRMNのホイールはBBS製鍛造品、ダンパーはザックス製と本格派。

ヴィッツGRMNのホイールはBBS製鍛造品、ダンパーはザックス製と本格派。

ヴィッツGRMNの発売は2018年春頃の予定。価格は未発表。

ヴィッツGRMNの発売は2018年春頃の予定。価格は未発表。

今冬発売予定の86GRのプロトタイプ。限界性能が高められておりとても乗りやすい。

今冬発売予定の86GRのプロトタイプ。限界性能が高められておりとても乗りやすい。

86GRの内装。専用のステアリングやメーターに、シートはレカロ製になっている。

86GRの内装。専用のステアリングやメーターに、シートはレカロ製になっている。

アクアGR SPORTのプロトタイプ。専用デザインのグリルが特徴。

アクアGR SPORTのプロトタイプ。専用デザインのグリルが特徴。

アクアGR SPORTの内装。ミッションはAT(CVT)なので、誰でも運転を楽しめる。

アクアGR SPORTの内装。ミッションはAT(CVT)なので、誰でも運転を楽しめる。

プリウスPHV GR SPORT。足回りとボディの強化でPHVでもスポーティに。

プリウスPHV GR SPORT。足回りとボディの強化でPHVでもスポーティに。

ハリアーGR SPORT。強化ボディに2リッターターボ+4WDで軽快に走る。

ハリアーGR SPORT。強化ボディに2リッターターボ+4WDで軽快に走る。

ハリアーGR SPORTの内装。専用のステアリングはとても握り心地がいい。

ハリアーGR SPORTの内装。専用のステアリングはとても握り心地がいい。

ヴォクシーGR SPORT。ミニバンなんて、と思っていたら意外に軽快でびっくり!

ヴォクシーGR SPORT。ミニバンなんて、と思っていたら意外に軽快でびっくり!

GRのエンジニアがレストアした「トヨタスポーツ800レーシング」。

GRのエンジニアがレストアした「トヨタスポーツ800レーシング」。

1966年の「第1回鈴鹿500kmレース」で1-2フィニッシュ決めた貴重なマシンだ。

1966年の「第1回鈴鹿500kmレース」で1-2フィニッシュ決めた貴重なマシンだ。

「GR」発表会にサプライズで登場した豊田章男社長。

「GR」発表会にサプライズで登場した豊田章男社長。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop