シャツイチでもお洒落に見える!「パンツ×ベルト」の成功法則とは?

Facebook
Twitter

"色を靴と揃えておけば無難かな"と、ベルトの合わせをおざなりにしていないだろうか?普段は目立たないが、シャツイチになるとベルトは俄然、重要アイテムに。靴だけでなく、パンツとの相性を考えて選べば、軽装でも一格上のスタイルを築けるだろう。



"クラシック"な2プリーツ × "エレガント"な金バックル

2プリーツ×金バックル
パンツ4万5000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店) ベルト1万7000円/アラルディ1930(ストラスブルゴ) シャツ1万4800円/シップス(シップス 銀座店)

クラシック回帰で昨今増えている2プリーツパンツ。ジャケットを脱ぐと、いっそうそれが強調される。そこで、ベルトも格調を意識してゴールドバックルをセレクト。パンツのクラシック感を引き立てつつ、いっそうリッチな雰囲気になる。ベルトが悪目立ちしないよう、小ぶりなバックルを選ぶのがポイントだ。バンドは黒・茶どちらもアリだが、ドレス感の高いスムースレザーがベターだろう。


靴はどうする?

内羽根で正統派に

内羽根で正統派に

クラシックなドレス靴が◎だが、シャツイチにストレートチップだとやや物足りない。内羽根のセミブローグあたりが好適。7万9000円/クロケット&ジョーンズ(ビームス ハウス 丸の内)


"スマート"なノープリーツ × "モード"な丸バックル

ノープリーツ×丸バックル
パンツ2万5000円/ジェルマーノ(バインド ピーアール) ベルト2万7000円/シャンボール セリエ(八木通商) シャツ2万9000円/サルヴァトーレ ピッコロ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

同じグレーウールのパンツでも、右のプリーツ入りと比べるとすっきりスマートなノープリーツ。このモダンな腰周りにアクセントを添えるなら、少しモードな香りのするベルトが適役だ。写真は、Cの字に湾曲した繊細なラウンドバックル。馬具をモチーフにした優美な曲線が、ミニマルさを保ちつつ華を添えている。柔和な印象を醸し出せるのもいい。


靴はどうする?

モンク靴でミニマルに

モンク靴でミニマルに

足元もミニマルさを意識して、シングルモンクストラップを。ラストもシャープなものを選び、若々しく仕上げるのがベターだ。10万5000円/エンツォ ボナフェ(ビームス ハウス 丸の内)

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年May VOL.290月号

2018

May VOL.290

6

Facebook Messengerで新着記事配信
はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』公式サイトはこちら
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop