水に濡れてもOKなダウンジャケット、発見!

Facebook
Twitter

保温力にかけて右に出るモノがない素材、それがダウンだ。そのダウンを充填したアウターは防寒着の王道であり、暖かいのは当たり前。それだけに、用途別の+〇〇を重視して選ぶのが大人の賢い選択と言えよう。

+タフさ
強靭素材が"雨にも雪にも負けない"を可能にする

防水透湿素材×ダウン、これ最強の方程式!

ダウンの弱点、それは「水」。羽毛は濡れるとペシャンコに潰れてしまい、十分なデッドエア(動かない空気の層)を保持できず、持ち前の保温力を発揮できない。もちろんダウンメーカー各社もこの点にはケアをしており、中でも究極の対応策といえるのがゴアテックスなどの使用だ。防水透湿素材を表地にすれば中身の羽毛が濡れることはなく、湿気による影響も最小限。スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ、屋外でのレジャーにも安心して使えるダウン=防水透湿素材と覚えよう。

WOOLRICH / ウールリッチ

ウールリッチ


ゴアテックス

ゴアテックスをダウンアウターの表生地にイチ早く採用した記念碑モデルの復刻版。代表作<アークティックパーカ>からファーを省いた、都会的でシンプルなデザインも魅力。10万8000円(ウールリッチ カスタマーサービス)


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop