ニットとベストをうまく使ったVゾーンコーディネート8選

Facebook
Twitter
ニットとベストをうまく使ったVゾーン8選

いつもと違うシャツタイで攻めたいが、強く主張しすぎないか心配......。そんなときは、ニットやベストでVゾーンの面積を狭めるテクが有効だ。それに慣れてきたら、ニットやベスト自体も攻めたものとしながら全体の調和をとる、応用技にステップアップしよう。

ニットと、ベストが特効薬。(写真8枚)

クレジット 1. ベスト2万1000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) スーツ55万円/チェザーレアットリーニ(トゥモローランド 丸の内店) シャツ2万4000円/エリコ フォルミコラ(エストネーション) タイ2万4000円/ドレイクス(リングヂャケットマイスター206 青山店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

2. ベスト2万4900円/シップス(シップス 銀座店) スーツ17万円/リングヂャケットマイスター(リングヂャケットマイスター206 青山店) シャツ2万2000円/ソブリン(ザ ソブリンハウス) タイ3万円/アット ヴァンヌッチ(レガーレ) チーフ8500円/タリアトーレ(トレメッツォ)

3. ベスト4万3000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店) ジャケット11万円/トゥモローランド(トゥモローランド丸の内店) シャツ2万8000円/バグッタ(トレメッツォ) タイ2万1000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店) チーフ4000円 /フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

4. ベスト2万9000円/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド 丸の内店) スーツ13万円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) シャツ3万3000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) タイ1万8500円/ルイジ ボレッリ(シップス 銀座店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

5. ニット2万6000円/グランサッソ(グジ 東京店) ジャケット13万円/サンタニエッロ(ラ ガゼッタ 1987 青山店) シャツ1万9000円/山神シャツ(ストラスブルゴ) タイ1万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

6. ニット6900円/WE SUIT YOU(ザ・スーツカンパニー 銀座本店) スーツ27万円/ベルヴェスト(八木通商) シャツ5万6000円/フライ(グジ 東京店) タイ1万8500円/ルイジ ボレッリ(シップス 銀座店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクテ ィブ)

7. ニット1万5000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) スーツ4万8000円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) シャツ1万9000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI) タイ2万4000円/アット ヴァンヌッチ(グジ 東京店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

8. ニット8万9000円/フェデッリ(トレメッツォ) スーツ20万8000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) シャツ1万6000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI) タイ1万6000円/フランコ バッシ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)


※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2018年11月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


関連記事:
誰でも優しくお洒落に見える「メランジ調」Vゾーン6選
誰でも「いい人」に見える紡毛&起毛ネイビーVゾーン6選

<b>\ベストの基本/<br />
1.ブルー系のグラデの中でグリーンを新鮮なスパイスに</b><br />ストライプタイは誰もがお持ちだろうが、このようにはっきりしたグリーン縞のタイとなると中々勇気がいるだろう。とはいえ、このタイはもうひとつの縞がネイビーゆえ、紺ベストがあれば簡単。スーツやシャツもブルー系でまとめれば、グリーンが端正さの中のほどよい彩りに。さらにベストでVゾーンを狭めることで、トラッドな気品まで香ってくる。

\ベストの基本/
1.ブルー系のグラデの中でグリーンを新鮮なスパイスに

ストライプタイは誰もがお持ちだろうが、このようにはっきりしたグリーン縞のタイとなると中々勇気がいるだろう。とはいえ、このタイはもうひとつの縞がネイビーゆえ、紺ベストがあれば簡単。スーツやシャツもブルー系でまとめれば、グリーンが端正さの中のほどよい彩りに。さらにベストでVゾーンを狭めることで、トラッドな気品まで香ってくる。

<b>\ベストの基本/<br />2.柄×柄の賑やかなVゾーンをベストで巧みに引き算</b><br />
ヴィンテージ調の柄をジャカードで配したマスタード色タイに、マルチストライプシャツの組み合わせ。クラシックの粋を感じさせるVゾーン演出だが、ややクセの強さもある。そこでここもベストを挟み、シャツタイが見える分量を調節。タイに馴染ませるべくベストはタイと同系統のベージュ色。明るい色味は、全体を軽快に見せる効果ももたらしてくれる。

\ベストの基本/
2.柄×柄の賑やかなVゾーンをベストで巧みに引き算

ヴィンテージ調の柄をジャカードで配したマスタード色タイに、マルチストライプシャツの組み合わせ。クラシックの粋を感じさせるVゾーン演出だが、ややクセの強さもある。そこでここもベストを挟み、シャツタイが見える分量を調節。タイに馴染ませるべくベストはタイと同系統のベージュ色。明るい色味は、全体を軽快に見せる効果ももたらしてくれる。

<b>\ベストの応用/<br />3.ボルドータイの強さを主張感あるベストが中和</b><br />ボルドーベースのタイは力強さを表現したいときにうってつけだが、ジャケットの前を開けたときなどには強く主張しすぎるきらいも。ここではあえて個性的な柄ベストを合わせてみた。主張×主張のコーデだが、ジャケットとベストが同系色なこと、またタイとベストのチェックの色味が近いためにうるさくなく、着巧者らしい格の表現にはピッタリだ。

\ベストの応用/
3.ボルドータイの強さを主張感あるベストが中和

ボルドーベースのタイは力強さを表現したいときにうってつけだが、ジャケットの前を開けたときなどには強く主張しすぎるきらいも。ここではあえて個性的な柄ベストを合わせてみた。主張×主張のコーデだが、ジャケットとベストが同系色なこと、またタイとベストのチェックの色味が近いためにうるさくなく、着巧者らしい格の表現にはピッタリだ。

<b>\ベストの応用/<br />4.トレンドの茶系コーデにクラシックな色気を注入</b><br />オレンジカラー+ラペル付きのダブルブレストとデザインも攻めたベスト。組み合わせに悩みそうだが、茶系のコーディネートにINすれば、ネイビースーツに白ベストを合わせた際のように、柄タイの主張を抑えつつ、装い全体をエレガントに見せてくれる。生地は名門フォックス ブラザーズのフランネル。そのしっかりしたウエイトも格調高さのポイント。

\ベストの応用/
4.トレンドの茶系コーデにクラシックな色気を注入

オレンジカラー+ラペル付きのダブルブレストとデザインも攻めたベスト。組み合わせに悩みそうだが、茶系のコーディネートにINすれば、ネイビースーツに白ベストを合わせた際のように、柄タイの主張を抑えつつ、装い全体をエレガントに見せてくれる。生地は名門フォックス ブラザーズのフランネル。そのしっかりしたウエイトも格調高さのポイント。

<b>\ニットの基本/<br />5.パキッとした赤タイの色味をニットの柔らかさが受け止める</b><br />
ブラウンに滲んだようなネイビーの太チェックを配したジャケットに、パキッとした赤小紋タイの組み合わせ。そのままではタイが目立ちすぎるところ、ダークブラウンのベストが両者をさりげなく橋渡し。スポーティなダブルブレストタイプ、さらにニットゆえの程よい寛ぎ感もあり、そこもジャケットやタイの洒脱な柄ゆきと馴染むポイントになっている。

\ニットの基本/
5.パキッとした赤タイの色味をニットの柔らかさが受け止める

ブラウンに滲んだようなネイビーの太チェックを配したジャケットに、パキッとした赤小紋タイの組み合わせ。そのままではタイが目立ちすぎるところ、ダークブラウンのベストが両者をさりげなく橋渡し。スポーティなダブルブレストタイプ、さらにニットゆえの程よい寛ぎ感もあり、そこもジャケットやタイの洒脱な柄ゆきと馴染むポイントになっている。

<b>\ニットの基本/<br />6.素朴な味わいの装いを黒ニットでモダンにアレンジ</b><br />ところどころに浮かぶネップがラフなムードを高める、ホームスパン調生地のライトグレージャケット。そこにモスグリーンの小紋ウールタイの合わせは本来かなり渋く傾きそうだが、黒のニットベストならVゾーンにキリッとしたコントラストがつき、どこかモダンで洗練された雰囲気を得られる。黒という色が持つフォーマル感や艶気のなせる技だろう。

\ニットの基本/
6.素朴な味わいの装いを黒ニットでモダンにアレンジ

ところどころに浮かぶネップがラフなムードを高める、ホームスパン調生地のライトグレージャケット。そこにモスグリーンの小紋ウールタイの合わせは本来かなり渋く傾きそうだが、黒のニットベストならVゾーンにキリッとしたコントラストがつき、どこかモダンで洗練された雰囲気を得られる。黒という色が持つフォーマル感や艶気のなせる技だろう。

<b>\ニットの応用/<br />7.詰まった首からチラリと覗くタイ柄が絶妙なアクセントに</b><br />茶ジャケットと馴染みのいいマスタード色の丸首ニットベストで、明るい印象とともに、プレッピーなムードも高めたコーデ。首が詰まっているためタイ柄がチラリとしか覗かないが、それがかえって粋な感じに。ちなみにニットの柄はボーダーではなく、ビッグウインドウペーン。このように、あえて鮮やかな色ニットを使うことで親しみが強まる例も。

\ニットの応用/
7.詰まった首からチラリと覗くタイ柄が絶妙なアクセントに

茶ジャケットと馴染みのいいマスタード色の丸首ニットベストで、明るい印象とともに、プレッピーなムードも高めたコーデ。首が詰まっているためタイ柄がチラリとしか覗かないが、それがかえって粋な感じに。ちなみにニットの柄はボーダーではなく、ビッグウインドウペーン。このように、あえて鮮やかな色ニットを使うことで親しみが強まる例も。

<b>\ニットの応用/<br />8.イエロー×グリーンの合わせもニットが暗色なら落ち着く</b><br />タイは鮮やかなイエローベースに幾何学小紋を散らしたかなり主張の強いもの。これをグレースーツに合わせるとタイが相当に目立つところ、グリーンのニットベストをレイヤードして奥行きを作り、馴染ませている。強い色同士の合わせなのに破綻していないのは、ニットが暗色系なため。もちろんシャツの黒ストライプも全体の調和に一役買っている。

\ニットの応用/
8.イエロー×グリーンの合わせもニットが暗色なら落ち着く

タイは鮮やかなイエローベースに幾何学小紋を散らしたかなり主張の強いもの。これをグレースーツに合わせるとタイが相当に目立つところ、グリーンのニットベストをレイヤードして奥行きを作り、馴染ませている。強い色同士の合わせなのに破綻していないのは、ニットが暗色系なため。もちろんシャツの黒ストライプも全体の調和に一役買っている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop