来るぞ電気自動車のプレミアムSUVラッシュ! まずはジャガー「I-PACE」に試乗した

Facebook
Twitter
EVモデルでも走りの刺激が欲しい人向けのI-PACE

プレミアムSUVが待たれるなか登場したI-PACE

ジャガー初の100%BEV(バッテリー電気自動車)「I-PACE(アイ・ペイス)」がようやく日本に上陸した。

テスラが牽引するプレミアムBEV市場には今年、新型車が続々と投入される予定だ。メルセデス・ベンツ「EQC」、アウディ「e-tron」、そして来年にはポルシェ「タイカン」と、錚々たるブランドが名乗りをあげる。

100%電気自動車となるジャガーのI-PACE
100%電気自動車となるジャガーのI-PACE。グレードは装備類に差が付けられていて、ベースのSで価格は959万円、SEが1064万円、HSEが1162万円となる。

それらに先んじて、日本にやってきたのがジャガー「I-PACE」だ。ジャガーと電気自動車の組み合わせに違和感を覚える人もいるかもしれないが、実は同社は2020年までにすべての車種に電動化したモデルをラインアップすると発表。また2016年からは、電気自動車のF1とも言われるEVフォーミュラカーの「フォーミュラE」にも参戦。さらに今シーズンからは、「I-PACE」を使ったワンメイクレースを実施するなど、電動化に向けて本格的に活動を開始している。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop