創業90周年を迎えたモルテーニの美意識に触れる

bool(false)

ミラノサローネ創設に携わった名門ブランド②
Molteni&C(モルテーニ)

ヴァン・ドゥイセン
自身の新作ソファ「ルチオ」と並ぶヴァン・ドゥイセン。シートに採用したPolimex®は、50%の再生素材、かつ100%再生可能素材で、サステナブルな取り組みが行われている。

「エレガンスとクラフツマンシップを大事にする世界観は不変」
─ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン(クリエイティブディレクター)

ベルギー出身。ゲントのサンルカス建築大学建築学科を卒業。1990年、アントワープに自身のスタジオを開設。2016年からモルテーニのクリエイティブディレクターに就任。

創業90周年の節目に30年代の名作住宅(ヴィラネッキ)を巨匠(ヴァン・ドゥイセン)がモダンに解釈

モルテーニは、ミラノ近郊ジュッサーノを拠点とし、高い技術力を生かしたシステム収納が得意な総合インテリアブランドだ。

「今年創業90周年を迎えるモルテーニは、サローネを築いたファウンダーで、常に世界のデザインを牽引してきました。イタリアの巨匠、ルカ・メダやジオ・ポンティから影響を受けていますが、大事なことは、今、私たちが彼らと全く同じ方法でもの作りを続けていることです。量ではなく質、タイムレスなデザイン、クラフツマンシップ、素材の尊重。今の輝きだけでなく、未来永劫に輝けるもの作りを目指すこと。それがモルテーニの世界観であり遺産であることを強調したい」とクリエイティブディレクターのヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンは語る。

オーガスト
ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンによるソファ「オーガスト」はクラシックな美学はそのままにモジュラーシステムを進化させ、ラウンド形状のユニットに。
ワードローブ
モルテーニの代名詞であり、日本でも人気の高い憧れの収納システム。ワードローブは光の演出にこだわっており、美しく飾れる。

今回の会場デザインのテーマは、モルテーニが創業した1930年代に、ミラノで活躍した建築家ピエロ・ポルタルッピがデザインした個人邸ヴィラ・ネッキからインスピレーションを得たもの。

ジオ・ポンティデザインのソファ
今回、Molteni&C「HERITAGE COLLECTION」より復刻された巨匠ジオ・ポンティデザインのソファ。イタリアのオリーブオイル生産者から出された余剰オリーブオイルを使用したなめし革を採用。

当時の最先端モダン住宅を、ヴァン・ドゥイセンが、現代風に解釈。時を経て色あせない名作住宅に生き生きと息づくモルテーニのもの作りの哲学と美意識。本物のデザインがここにはある。

モルテーニ東京

URL:https://www.molteni.it/jp/
 

一覧はこちら: ミラノデザインウィーク探訪

[MEN’S EX Summer 2024の記事を再構成]

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop