「ブリオーニ大丸京都店」で見つける秋のテーラリング・エレガンス

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

PR

「ブリオーニ大丸京都店」で見つける秋のテーラリング・エレガンス

今年4月にオープンしたブリオーニ大丸京都店は、コンパクトなスペースにアイコニックなイタリアンデザインと、日本らしさが融合した店内。家のように落ち着いた空間で、テーラリング感に溢れ、エレガントな秋のコレクションを堪能しよう。

店内に足を踏み入れると、ブルーの大胆な線画があしらわれた壁面のデザインが目に飛び込んでくる。実はブリオーニがこの壁面デザインを「MITA(Manifattura Italiana Tappeti Artistici)」タペストリーと名付け、各都市の特徴からセレクトされたデザインであることは、意外と知られていない。大丸京都店のこの壁は「Onde」(伊語で波の意)と名付けられ、島国である日本を取り囲む海の波を表現している。そんな蘊蓄を知っておけば、店での買い物はさらに愉しくなりそうだ。

2023年秋冬のブリオーニは、ボルドーやペトロリアムブルーという印象的な色味をキーカラーに取り入れながら、定番ブルニコやアマルフィ、若さを出したラヴェッロ、カジュアル度を高めたアンコンジャケットなど、多様なタイプのジャケットを揃えている。どのタイプもイタリアの熟練職人たちが手掛けるサルトリアルな仕立ては健在。またドレスに限らずカジュアルアイテムも、カシミア混ダブルスプリッタブルブルゾンのように非常に手の込んだサルトリアルな雰囲気が美しく表現されている。

またキャップやスニーカーといったスポーティなアイテムも、カシミアやウール、シルクなどが混紡され、触っただけで上質さが感じ取れる。フランスのクリスタルガラスの老舗メゾン、ラリックとコラボレーションした香水も揃うので注目だ。また、MTOオーダーは、フェア期間以外でも、スーツやジャケットだけでなくニットなども随時オーダーが可能というのも嬉しい。イニシャルなど、パーソナルな刺繍を入れたりもできるので、是非トライしてみてほしい。

ブリオーニ大丸京都店

大阪に続き、関西2店舗目として今年4月にオープン。フォーマルからカジュアルまでバランスよく揃え、店内に置かれたイタリアヴィンテージソファで寛ぎながら買い物ができるのも魅力。9月23日、24日の2日間は事前アポイントでオーダーフェアを開催。

住所:京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地5F
TEL:075-213-2626
営業時間:10時~19時 
定休日:無休

Wool & Cashmere Blouson
ミリタリー的なボンバーブルゾンもカシミア混で大人の表情

ブルゾン49万7200円、ニット34万1000円、パンツ15万9500円、靴12万1000円<参考色>

ウールカシミアのボンバーブルゾンは、ブリオーニのテーラリング技術が込められたダブルスプリッタブル仕立て。別々の生地の表面を、熟練職人が手作業で丹念に縫い合わせることで、一枚布のような美しさとドレープ感が生まれる。

インクのような少し深みのあるグレーがかった「ペトロリアムブルー」は、ベージュニットとライトグレーパンツの淡色アイテムと合わせると、より上品に。ダブルジップなのでインナーの見せ方も自在、ややゆったりめのボクシーフィットも今っぽくて◎。季節の変わり目に活躍する、レジャー用ワードローブに最適なアイテムだ。

Silk & Cashmere Linen Jacket
艶感と奥行きのあるペトロリアムブルーが大人の品格を醸し出す

ジャケット97万3500円、シャツ12万3200円、ニット18万9200円、パンツ10万8900円、サングラス9万3500円、ベルト8万4700円

ブリオーニの「アマルフィ」ジャケットは、芯地や肩パッドをなくすことで柔らかさを表現した人気の定番モデル。ピークトラペルの際にあしらわれたステッチもサルトリアルな印象をさらに高めてくれる。

注目色のペトロリアムブルーは、シルク、カシミア、リネンの3者混により艶感、華やかさが増し、奥行きのある唯一無二の色合いとなった。一見組み合わせが難しそうに見えるが、シャツやタートルニット、パンツでブルーのトーンを微妙に変えながら全体をまとめると、非常にエレガントな印象に見せられる。

Silk & Cashmere Linen Jacket
ボルドーのスーツスタイルはシャツ+タートルで上品ドレスダウン

ジャケット89万6500円、パンツ29万7000円、ニット17万500円~〈参考オーダー価格〉、靴18万7000円、シャツ12万3200円

こちらはすっきりとした印象のシングルジャケット「ラヴェッロ」モデル。クラシックモデルの大定番「ブルニコ」に対しより肩回りを柔らかく、ボタン位置を高く、ラペル幅を狭くすることで、若々しさがありながらも上品かつエフォートレスな雰囲気に仕上がっている。

シルク、カシミア、リネンの混紡素材によるボルドーカラーを選べば、非常に美しく華やかな印象に。ここに黒シャツ合わせるとやや艶っぽくなりすぎてしまうので、クラシックかつモダンな雰囲気を出すためにグレーのシャツを挟み、さらにタートルネックレイヤードで少しだけダークグレーを覗かせて首元を引き締めている。共地のパンツと合わせるとスーツとしても着用でき、普段使いはもちろん、変化球としてのフォーマルウェアにもおすすめ。

Wool & Silk Leisure Jacket
絶妙にトーンをずらしたブルーグラデで魅せるカジュアルセットアップ

ジャケット38万2800円、パンツ20万3500円、ニット17万9300円、鞄20万9000円、Tシャツ4万8400円

ブリオーニのジャケットの中でも、クラシックをベースにアンコン仕立てでよりリラックスした雰囲気に仕上げたのが、こちらの「SB Jacket」だ。

パッチポケットでカジュアル感を出しつつ、胸の内側にはチケットポケットも配して機能的に。袖口をまくってレジメンタルストライプのテーピングをチラ見せすると洒落感もUP。サイドベンツにも、ブリオーニのロゴ入りグログランテープがあり高級感を演出する。共地のパンツと合わせてセットアップ風にすればビジネスユースにも重宝する。タイドアップもありだし、よりカジュアルに着るなら今季らしいブルーグリーン系のニットで抜け感を出してもいい。

ブリオーニの商品のお問い合わせ先
ブリオーニ クライアントサービス
TEL:0120-200-185



[MEN’S EX Autumn 2023の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
※表示価格は税込み

2024

VOL.341

Spring

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop