スーツ姿が見違える「格上げネクタイ」 の取り入れ方とは? ―ロバート フレイザー、フランコ バッシ、ホリデー&ブラウン—

array(6) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1251817) ["id"]=> int(1251817) ["title"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg01" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_230325_ainexx_pg01.jpg" ["filesize"]=> int(320692) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg01.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1251798/c_fashion_230325_ainexx_pg01" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1251798) ["date"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:26" ["modified"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:26" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg01-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg01-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg01.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(507) "

「巻き始めは首元から離れた位置で」

「ほとんどの人が首元の近くで大剣を小剣に巻きつけていると思いますが、たとえば鏡のないところでネクタイを締める場合、それだと自分の目で直接ノットの形を確認できません。だから私はいつも首元から離れた位置で巻き始めます。これなら締め上げまでの距離が長くなるため、その後の微修正も楽ですよ」

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1251818) ["id"]=> int(1251818) ["title"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg02" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_230325_ainexx_pg02.jpg" ["filesize"]=> int(319943) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg02.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1251798/c_fashion_230325_ainexx_pg02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1251798) ["date"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:26" ["modified"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:26" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg02-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(303) "

「指で窪みを作り、ディンプルを形成します」

「続いて大剣を下ろしきる前に結び目の真ん中部分に窪みを作ります。その窪みに指を差し入れながら大剣を下に引いていくと深いディプルができます」

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1251819) ["id"]=> int(1251819) ["title"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg03" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_230325_ainexx_pg03.jpg" ["filesize"]=> int(398531) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg03.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1251798/c_fashion_230325_ainexx_pg03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1251798) ["date"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:27" ["modified"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:27" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg03-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(335) "

「上・左・右の3点をつまみ、ノットをコンパクトに」

「写真のように上&左右の3点を指で強く押さえながら大剣を下ろしきります。こうすることでノットがキュッとコンパクトになり、ディンプルも崩れにくくなります」

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1251820) ["id"]=> int(1251820) ["title"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg04" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_230325_ainexx_pg04.jpg" ["filesize"]=> int(454969) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg04.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1251798/c_fashion_230325_ainexx_pg04" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1251798) ["date"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:27" ["modified"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:27" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg04-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg04-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(321) "

「台襟に吸い付くようにノットを締めあげます」

「ノットの上からシャツの第一ボタンが見えるとだらしなく見えてしまいます。ノットがシャツの台襟にぴたりと吸い付く位置まで小剣をきちんとおろしましょう」

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1251821) ["id"]=> int(1251821) ["title"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg05" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_230325_ainexx_pg05.jpg" ["filesize"]=> int(379106) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg05.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1251798/c_fashion_230325_ainexx_pg05" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg05" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1251798) ["date"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:28" ["modified"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:28" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg05-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg05-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg05.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg05.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(720) "

「逆三角形の美しいノットを形成するには、仕上げに下部の左右をつまんでギュッと絞るのがコツ」

「ノットの形は台形タイプと、逆三角形タイプの大きくふた通りがあります。よりコンパクトなノットを築きたい場合、後者をイメージした方がいいでしょう。これは大剣を締め上げる際、ノットの下部を左右から強くつまみ、人差し指で上から押さえるようにするのがコツ。タブカラーやピンホールカラーなど襟の開きが小さいシャツの場合は、とくにこういう逆三角形のノットのほうが収まりがいいです」

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1251822) ["id"]=> int(1251822) ["title"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg06" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_230325_ainexx_pg06.jpg" ["filesize"]=> int(336405) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg06.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1251798/c_fashion_230325_ainexx_pg06" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_230325_ainexx_pg06" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1251798) ["date"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:28" ["modified"]=> string(19) "2023-03-22 01:27:28" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg06-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg06-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg06.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/c_fashion_230325_ainexx_pg06.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(768) "

「ベストサイズでノットが結べていると、大剣と小剣の長さが揃います」

「ノットの大きさが不格好な人は、大剣を適切な太さのところで巻けていないことが多いものです。今のタイは生地に関わらず、正しくプレーンノットで結べばベルトのバックルあたりで大剣と小剣の長さが揃うようにできています。もっとも体型によりタイが余ったり短くなったりすることもあります。その場合は大剣をバックルあたりに来る位置で保ちつつ、ノットの大きさを調整するといいでしょう。そして小剣が長くなったらパンツの中にしまうとスマートです」

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored

格上げネクタイ
左から、1万1000円/ロバート フレイザー、1万1000円/ロバート フレイザー、1万8700円/ホリデー&ブラウン、1万8700円/フランコバッシ、1万8700円/ホリデー&ブラウン、1万1000円/ロバート フレイザー(以上アイネックス)

世の中が平常を取り戻しつつある今、改めてきちんとタイドアップしたドレススタイルを楽しむ機運が高まっている。

一方、ノータイのリラックスしたスタイルに慣れてしまい、自分のタイの合わせ方や締め方を、今一度見直してみたいという人もいるんじゃないだろうか。

そこでここではタイのスペシャリストに、タイドアップに関するありがちな悩みに回答をいただいた。心機一転の季節、格上のスーツ姿をものにしたいのなら是非参考にしてほしい。

スペシャリストがネクタイの悩みを一発回答

今回指南役としてご登場いただくのは、ネクタイ業界歴27年の並木孝之さん。いつも端正なタイドアップスタイルを崩さないウェルドレッサーだ。

並木孝之さん

アイネックス 商品戦略部 部長
並木孝之さん

「ネクタイはその人のセンスや生き様を映し出す鏡です」

並木さんは現在ロバート フレイザーをはじめアイネックスのオリジナルブランドの企画開発をするほか、同社が扱う海外の人気タイブランドのプロデュースも数多く担当。日本で最も世界のタイ事情に精通する方と言えるだろう。

「ネクタイは、ビジネスタイルの中で最もその人のセンスや生き様を自由に主張できる聖域。どうせ締めるのであれば、適当な選び方、締め方をせず、戦略的にお洒落を楽しんでいただきたいと思います」

<p><strong>「巻き始めは首元から離れた位置で」</strong></p>
<p>「ほとんどの人が首元の近くで大剣を小剣に巻きつけていると思いますが、たとえば鏡のないところでネクタイを締める場合、それだと自分の目で直接ノットの形を確認できません。だから私はいつも首元から離れた位置で巻き始めます。これなら締め上げまでの距離が長くなるため、その後の微修正も楽ですよ」</p>

「巻き始めは首元から離れた位置で」

「ほとんどの人が首元の近くで大剣を小剣に巻きつけていると思いますが、たとえば鏡のないところでネクタイを締める場合、それだと自分の目で直接ノットの形を確認できません。だから私はいつも首元から離れた位置で巻き始めます。これなら締め上げまでの距離が長くなるため、その後の微修正も楽ですよ」

<p><strong>「指で窪みを作り、ディンプルを形成します」</strong></p>
<p>「続いて大剣を下ろしきる前に結び目の真ん中部分に窪みを作ります。その窪みに指を差し入れながら大剣を下に引いていくと深いディプルができます」</p>

「指で窪みを作り、ディンプルを形成します」

「続いて大剣を下ろしきる前に結び目の真ん中部分に窪みを作ります。その窪みに指を差し入れながら大剣を下に引いていくと深いディプルができます」

<p><strong>「上・左・右の3点をつまみ、ノットをコンパクトに」</strong></p>
<p>「写真のように上&左右の3点を指で強く押さえながら大剣を下ろしきります。こうすることでノットがキュッとコンパクトになり、ディンプルも崩れにくくなります」</p>

「上・左・右の3点をつまみ、ノットをコンパクトに」

「写真のように上&左右の3点を指で強く押さえながら大剣を下ろしきります。こうすることでノットがキュッとコンパクトになり、ディンプルも崩れにくくなります」

<p><strong>「台襟に吸い付くようにノットを締めあげます」</strong></p>
<p>「ノットの上からシャツの第一ボタンが見えるとだらしなく見えてしまいます。ノットがシャツの台襟にぴたりと吸い付く位置まで小剣をきちんとおろしましょう」</p>

「台襟に吸い付くようにノットを締めあげます」

「ノットの上からシャツの第一ボタンが見えるとだらしなく見えてしまいます。ノットがシャツの台襟にぴたりと吸い付く位置まで小剣をきちんとおろしましょう」

<p><strong>「逆三角形の美しいノットを形成するには、仕上げに下部の左右をつまんでギュッと絞るのがコツ」</strong></p>
<p>「ノットの形は台形タイプと、逆三角形タイプの大きくふた通りがあります。よりコンパクトなノットを築きたい場合、後者をイメージした方がいいでしょう。これは大剣を締め上げる際、ノットの下部を左右から強くつまみ、人差し指で上から押さえるようにするのがコツ。タブカラーやピンホールカラーなど襟の開きが小さいシャツの場合は、とくにこういう逆三角形のノットのほうが収まりがいいです」</p>

「逆三角形の美しいノットを形成するには、仕上げに下部の左右をつまんでギュッと絞るのがコツ」

「ノットの形は台形タイプと、逆三角形タイプの大きくふた通りがあります。よりコンパクトなノットを築きたい場合、後者をイメージした方がいいでしょう。これは大剣を締め上げる際、ノットの下部を左右から強くつまみ、人差し指で上から押さえるようにするのがコツ。タブカラーやピンホールカラーなど襟の開きが小さいシャツの場合は、とくにこういう逆三角形のノットのほうが収まりがいいです」

<p><strong>「ベストサイズでノットが結べていると、大剣と小剣の長さが揃います」</strong></p>
<p>「ノットの大きさが不格好な人は、大剣を適切な太さのところで巻けていないことが多いものです。今のタイは生地に関わらず、正しくプレーンノットで結べばベルトのバックルあたりで大剣と小剣の長さが揃うようにできています。もっとも体型によりタイが余ったり短くなったりすることもあります。その場合は大剣をバックルあたりに来る位置で保ちつつ、ノットの大きさを調整するといいでしょう。そして小剣が長くなったらパンツの中にしまうとスマートです」</p>

「ベストサイズでノットが結べていると、大剣と小剣の長さが揃います」

「ノットの大きさが不格好な人は、大剣を適切な太さのところで巻けていないことが多いものです。今のタイは生地に関わらず、正しくプレーンノットで結べばベルトのバックルあたりで大剣と小剣の長さが揃うようにできています。もっとも体型によりタイが余ったり短くなったりすることもあります。その場合は大剣をバックルあたりに来る位置で保ちつつ、ノットの大きさを調整するといいでしょう。そして小剣が長くなったらパンツの中にしまうとスマートです」

2023

VOL.337

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop