手間のかかった職人技で作る「一本傘」と「革小物名品」とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

世界に誇れる名品、いくつ知っていますか?

傘と財布

出来栄えを左右する重要な作業の一つにパーツや素材の裁断が挙げられる。

前原光榮商店は、骨組みの多いクラシックな佇まいの傘を手掛けるが、そのためそれぞれの傘の生地も面積が狭く、高度なカッティング技術が求められる。一般的な傘メーカーが、作業効率を重視して約10枚もの生地を重ねてカッティングするのに対して、同ブランドの傘は重ねる枚数を2枚に抑えて精度を重視した裁断を行う。それにより、圧倒的に美しいフォルムの傘へと仕上げることができるのだ。

─裁─
ミリ単位でこだわる正確なカッティング

MAEHARA KOUEISHOUTEN
前原光榮商店の「一本傘」

前原光榮商店の「一本傘」

手間を惜しまない生地裁断が仕上がりに直結

皇室をはじめ、数多くの著名人に愛用される老舗。生地を織る、骨を組む、手元を作る、生地を裁断縫製する、と大きくわけて4つの重要な工程全てにおいて専門の職人が作業を行う。生地を裁断する際、職人は自ら調整し作った三角形状の「木型」を生地にあて裁ち包丁で裁っていく。この作業が完成時の見栄えを左右するからだ。2万2000円(トンボ洋傘前原光榮商店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop