かつてカーボーイの正装だった「ウェスタナーJK」を今はこう着る!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スタイリスト四方章敬氏が教える
トラッド・スタンダードの楽しみ方

シーラカンスのごとく往年の姿を保ちながら、時代を超えて受け継がれてきた偉大なるトラッド名品。それらを今、どう活用するか? M.E.の看板スタイリストがご提案しよう。

LEE “WESTERNER JACKET”

アイボリー色のコットンサテンで仕立てられたウエスターナージャケット

旬に装う秘訣は色使いにあり
アイボリー色のコットンサテンで仕立てられたウエスターナージャケットは、かつてカウボーイたちの正装として愛用された歴史をもつ由緒正しい名品。ジグザグにステッチが走る前立てや丸みを帯びた胸ポケットなど、アイコニックなデザインも魅力的だ。「グレースラックスを合わせてドレスミックスで着るのは基本。そのうえで今季らしさを演出するため、インナーの色にこだわりました。“ダスティパステル”とよばれるグレイッシュなパステルカラーをアクセントにすることで、ウエスターナージャケットの色みを引き立てつつ旬度もプラスしています。足元はインナーがニットなら革靴を履くところですが、今回はTシャツを合わせたのでスニーカーをチョイス。といってもハイテク系や変わったモデルを履くと“頑張ってる”感が出てしまうため、奇をてらわずベーシックなコンバースを選ぶのが最適だと思います」(四方さん)

旬に装う秘訣は色使いにあり
ジャケット1万5400円/リー(セプティズ) Tシャツ1万450円/フィルメランジェ(フィルメランジェ) パンツ5万7200円/ロータ(ストラスブルゴ カスタマーセンター) 靴1万3200円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)


四方章敬 Akihiro Shikata

スタイリスト 四方章敬氏

Profile
本誌をはじめ、数々のメンズファッション誌や広告で活躍する大人気スタイリスト。トラッドにも深い造詣をもつ。昨今はセレクトショップとコラボした洋服作りも精力的に行い、ヒット作を連発している。




[MEN’S EX Summer 2022の記事を再構成]
※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.335

Autumn

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop