【Q&A】ジャケットの装いがきちんと見える3つのコツとは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

今、改めて知っておきたい
「ジャケットの装い」基本のQ&A

仕事での装いがスーツからジャケット&パンツに移行する方が増加中の昨今。スーツは得意、だけどジャケットになると途端に不安になるという方に向けて、改めてジャケット着こなしの基本を伝授する。

ジャケットの装いがきちんと見えるサイズ選びのポイントは?

この3ポイントを押さえましょう

POINT①
JKの丈もお尻が隠れるほどがセオリー

JKの丈

ジャケットスタイルは、スーツよりも、軽快な雰囲気が持ち味。とはいえ、大人の品位も必要なので、着丈は短すぎないよう注意だ。ヒップが5分の4ほど隠れるのが目安と心得よう。

スーツより少し短めでもOK
スーツより少し短めでもOK
短すぎると幼い印象に
短すぎると幼い印象に

POINT②
タイトすぎないシルエットを選びましょう

タイトすぎないシルエットを選びましょう

市場では、タイトフィットなジャケットも少なくない。しかし、度が過ぎると子どもっぽい印象になる嫌いもある。大人なら程よいゆとりを持ち、落ち着いた“カジュアル感”を楽しむことが大切だ。

POINT③
袖丈が長すぎにならないようにしましょう

袖丈が長すぎにならないようにしましょう

スーツ同様、ジャケットの袖口は手の甲を覆うほどの長さはNG。袖口の目安は手首の骨の突起に少しかかる程度。インナーが長袖の場合は、シャツ同様、袖口を少し覗かせるとよい。



[MEN’S EX Spring 2022の記事を再構成]
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop