この春夏は、サマーツイードのジャケットに挑戦してみよう!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

今、一番使える【ジャケット選び】大研究
春ジャケ定番素材
その魅力を改めて考える「春ジャケの定番素材」

俳句に季語が必要なように、装いには“季節の素材”が不可欠だ。袖を通して、新しい季節の訪れを感じる。当たり前すぎて忘れがちな基本に今一度、立ち返ってみよう。定番素材の本質的魅力を再認識できるはずだ。



SUMMER TWEED(サマーツイード)

CANALI(カナーリ)

ミックス素材ならではの豊かな風合い
今どきのサマーツイードは暑くない

 
(カナーリ)ミックス素材ならではの豊かな風合い
ニットポロ2万4200円/スローン(スローン) パンツ4万1800円/ベルナール ザンス(ビームス 六本木ヒルズ) 時計63万8000円/グランドセイコー (セイコーウオッチ お客様相談室) 鞄3万8500円/キングスレー ウォルターズ スタジオ(エスディーアイ)

夏でも冷涼な英国で親しまれるサマーツイードを日本で着るのは、浪漫と我慢の葛藤……といわれたのも今は昔。現在は素材と仕立ての進化により、無理なく楽しめるものが数多く登場している。カナーリの一着は、イタリアらしいアンコン仕立てでひらりと涼やか。綿・麻・ウール3者混の素材は実にニュアンス豊かで、単調になりがちな春夏の装いに彩りを添えてくれる。もはや亜熱帯の日本でも、クールに英国紳士を気取れるのだ。 20万6800円(コロネット)

(カナーリ)COORDINATE DATA


[MEN’S EX Spring 2022の記事を再構成]
※表示価格は税込み。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop