本格ブランドから選んだ「スマホ一体型の財布」5選

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

【春財布名鑑2022】
美しい所作と佇まいを生むスマホ一体型財布

急速にキャッシュレス決済が普及したことで、様々な支払いをスマホに一本化する人が増えている。一方で、やはり外出の際、現金が必要になるシーンも多く残っており、スマホと一緒にコンパクトに現金を持ち歩きたいというニーズの高まりから生まれたのが、“スマホ財布”だ。

今の美意識を映すセレクトで、ミドルエイジのふるまいや佇まいも魅力的に更新したい。特に人気のアイフォンケースを中心に集めた。



MAISON TAKUYA(メゾンタクヤ)

(メゾンタクヤ)ソフトタッチなラムレザーの内装が高級感を演出
ドイツ製カーフのカバーと革張り背面ケースがコンビになった逸品

ソフトタッチなラムレザーの内装が高級感を演出
ドイツ製カーフのカバーと革張り背面ケースがコンビになった逸品。片観音開きでスマホを装着する仕様により、カバーにカメラホールのくり抜きもなく、通話している姿もスマートに見える。ケース下地のバリスティックファイバーは、極薄で軽量、高強度のハイテク素材。表カバーの裏にカードホルダー1枚、スリットポケット1つを装備。4万7300円(メゾンタクヤ 阪急メンズ東京店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop