【全3回連載/後編】ついに「純国産ツイード」のノーフォークジャケットが完成!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加


[The STORY 03]憧れのノーフォークジャケットはどう作られたか――――
「工房泣かせの仕様を叶えるべく 伝統を知る匠に依頼をしました」

綿谷さん
生地の目付は560g。価格は38万5000円~〈オーダー価格、仮縫い付き、納期約3ヶ月〉(スローン レンジャー トウキョウ)

「味わいある生地に本物の仕様でまるでヴィンテージのよう」
――綿谷さん

採寸する高橋さんと綿谷画伯。

そして最後にこのツイードを用いた、ジャケットの作り手に話を伺った。今回、画伯がジャケットのオーダーを相談したのは、英国ヴィンテージウェアを中心に扱い、クラシックな英国服に精通する、スローン レンジャー トウキョウの大西さんだ。

「画伯とノーフォークジャケットのイメージを決めるときに話に挙がったのが、『華麗なるギャッビー』の作者として知られるF・スコット・フィッツジェラルドの着こなし。上着の前ボタンを外して開け、さらに、共地の腰ベルトはボタンを一つずらしてゆるく締める。このリラックスした着方がカッコいいと盛り上がりました。ですが、フィッツジェラルドのノーフォークジャケットのディテールを再現するのは至難の業。そんなときに、ベテランテーラーである髙橋光夫さんを知人に紹介してもらいました。実は高橋さんは、銀座壱番館の創業者も修行をしたという、赤坂見附にあった上原洋服店のチーーフカッターを務め、皇族の方々やあの白洲次郎氏の服を仕立てていた方。このクラシックで複雑なジャケットの仕様を熟知されていました。最も特徴的な横ベルトに関しても逆前合わせの構造にするなど、フィッツジェラルドの写真通りの仕様で仕立てることができたのです」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop