人気の「ココマイスター」では、どのバッグが売れている?【ブランド別BEST3】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

定番本格鞄ブランドに聞いた
「売れ筋モデル」BEST3は?

ビジネスからカジュアルまで多様化が進むライフスタイルの変化を如実に表しているのがバッグ。ここからは、信頼のおける本格的なバッグブランドの売れ筋を紹介しよう。素材、デザインともに、さまざまなバリエーションを参考にしてほしい。



COCOMEISTER(ココマイスター)
ビジネスから休日までを彩る鞄が多彩に揃った

[No.3]MARTINI URBAN SHOULDER(マルティーニ・アーバンショルダー)

[No.3]MARTINI URBAN SHOULDER(マルティーニ・アーバンショルダー)

アクティブに使える上品な大人のショルダーバッグ
カジュアルな休日でも、持ち物は硬派に。そんな声に応えたショルダーバッグがいまトップ3に入るほど堅調だ。外装の素材は高級なマルティーニレザーを使用している。想像以上に荷物が入る本体は大小のファスナーポケット(各1つ)+フリーポケット1つの構成で実に気が利いている。縦41×横18×マチ5.5cm。9万8000円(ココマイスター)


[No.2]BRIDLE BANGOR BRIEF(ブライドル・バンガーブリーフ)

[No.2]BRIDLE BANGOR BRIEF(ブライドル・バンガーブリーフ)

ブライドルレザーを贅沢に使った正統派のブリーフケース
持ち主を上品に演出する重厚感はブライドルレザーの魅力。こちらは、そんな通好みの特徴が注目されてNo.2にランクインした。内側にスマホ、ペン、カード用の各ポケットがあるほか、メインコンパートメントの両脇にはフリーポケットもあり、機能的。着脱可能なショルダーストラップが付属する。縦28.8×横39.7×マチ9.5cm。15万5000円(ココマイスター)


[No.1]MARTINI LEONARDO(マルティーニ・レオナルド)

[No.1]MARTINI LEONARDO(マルティーニ・レオナルド)

経年変化に重点をおいたマルティーニレザーがたまらない
売れ筋No.1に輝いたのは、上品にもラフにも使える人気のトートバッグだ。この結果は経年変化が楽しめる素材の魅力によるもの。男性が持ちやすいハンドルの長さ、ジッパー付きの天井カバーなど、ストレスなく使える工夫も人気のポイント。内側にはポケットが3つあり、整理整頓もしやすい。縦31×最大横49×マチ14cm。15万2000円(ココマイスター)



[MEN’S EX 2022年3月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop