マンダリン オリエンタル 東京「タパス モラキュラーバ―」とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

Happy Dining in winter season
“五感と想像力を刺激する”コース料理に出会う

MANDARIN ORIENTAL, TOKYO
マンダリン オリエンタル 東京の「タパス モラキュラーバー」

馴染みの食材が独創的な料理に変身!スペシャルな食体験

マンダリン オリエンタル 東京の「タパス モラキュラーバー」 「苔玉」

美しい盆栽かと思いきや、実は「苔玉」と名付けられた一皿のデザート。盆栽の葉の部分を手で持ち上げて苔玉部分を頬張ると、口の中に黒トリュフとチョコ、苔に見立てたブロッコリーパウダーの風味がほのかに広がる。多様な食材たちを、皿というキャンバスの上で自在に表現するのが料理長・牛窪シェフの十八番。馴染みある食材や料理を分解し、多様な食材と融合させて新たな五感を呼び覚ますモラキュラー料理(molecular=英語で「分子」の意)は、牛窪シェフの感性によりアーティスティックな一皿に姿を変える。サーブされたときの視覚的な驚き、ひと口目やソースなどで変化する味の驚き、さらに液体窒素などを使う体験の驚き……と、五感をフル回転させて楽しめるコース展開は圧巻。次では、印象的な皿たちをご紹介しよう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Mar. VOL.331

3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop