【スーツ大賞2021】イタリア屈指の仕立てを誇るクラシックスーツ

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スーツ大賞2021 2大ディレクター&M.E.が選定
【クラシック スーツ大賞】Classic Suits Award

GIANFRANCO BOMMEZZADRI
ジャンフランコ ボメザドリのダブルスーツ

“仕立ての質はイタリアでも屈指”
――太田さん

 
ジャンフランコ ボメザドリのダブルスーツ
シャツ3万3000円/ソブリン(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) タイ3万800円/トゥモローランド(トゥモローランド) チーフ〈スタイリスト私物〉

格調高いダブルブレストながら、ほのかなカーブを描くラペルが柔和さも感じさせる一着。素材はビスポークテーラーからも評価の高いホーランド&シェリーのキャバリーツイルで、凛々しいハリ感が立体美を引き立てている。ベーシックなネイビー無地だが際立つ存在感を宿したスーツだ。25万8500円(グジ 東京店)

ジャンフランコ ボメザドリのダブルスーツ フラワーホールアップ

フラワーホールも極めて精緻
ブランドの美意識が表れるフラワーホール。ボメザドリのそれは非常に精緻で、細部まで手を抜かない仕立ての姿勢を象徴している。



前回に続いてクラシックスーツ大賞のスーツをご紹介。



平澤 では続いてボメザドリはいかがでしょう?

中村 パルマにあるファクトリーを訪ねたことがありますが、とてもいい仕事をしていました。50人くらいの小規模工場で、手仕事の分量が多い。僕もここのスーツを何着か所有しています。

太田 イタリアの中でも屈指のクオリティと評判ですよね。

中村 価格的には高い部類に入りますが、作りは申し分ないですね。

小曽根 ピッティでオーナーのエンリコさんをはじめ、ボメザドリ・ファミリーと何度か食事をしたことがありますが、みなさん本当に誠実で、温かい人たちですよね。それが作りの実直さにも表れていると思います。今後も期待したいですね。



スーツ大賞2021 対談4人

     Profile 


    [中央左]ビームス クリエイティブディレクター
    中村 達也さん

    これまでのMEN’S EXのスーツ特集の座談会には最多登場となるスーツのご意見番的存在、ビームス クリエイティブディレクターの中村達也さん。


    [中央右]ソブリン ブランドディレクター
    太田 裕康さん

    ソブリンのブランドディレクターである太田裕康さんは、2021年秋にブランドを一大リニューアルし、大人のクラシックスタイルを牽引。オリジナルスーツ開発にも力を注ぐ。


    [右]ファッションエディター
    小曽根 広光

    MEN’S EX時代にもスーツ特集を数多く担当、ビスポークスーツにも造詣が深いファッションエディター小曽根。


    [左]MEN’S EX編集長
    平澤香苗

    編集長の平澤は、イタリア出張時にビームス中村さんとスーツファクトリーを多数訪問。自身でもイタリアンブランドのオーダースーツを愛用する。



[MEN’S EX Winter 2022の記事を再構成]
※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Mar. VOL.331

3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop