【スーツ大賞2021】ソブリン史上最も完成度の高いスーツとは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スーツ大賞2021 2大ディレクター&M.E.が選定
【クラシック スーツ大賞】Classic Suits Award

SOVEREIGN
ソブリンのドーメル別注生地スーツ

“手間のかけ方が素晴らしい”
――中村さん

 
ソブリンのドーメル別注生地スーツ
シャツ3万3000円/ソブリン、タイ2万1780円/アルクーリ(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 時計161万7000円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 靴8万6900円/クロケット&ジョーンズ(ビームス ハウス 丸の内) チーフ〈スタイリスト私物〉

今年誕生した新モデル。ソブリンの中でも最高級グレードに属する「プレステージライン」の一着で、随所に手縫いが用いられている。ゴージ低めのクラシックなラペル、狭めのボタン間隔が特徴的で、アンダーステイトメントの美学が宿る中庸かつ上品なスタイルだ。22万円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)



ソブリンのドーメル別注生地スーツ タグ

ドーメルに別注した上質フランネル
15.7μという極細原毛を4本撚りで織った「15.7」をベースに別注。ミルド加工を施すことで、マットな風合いと柔らかさを実現している。



ソブリンのドーメル別注生地スーツ 上襟

絶品のノボリを叶える上襟の曲げ
台の上に置いてみると、非常に立体的な上襟に仕立てられていることがわかる。手間を惜しまずアイロンで丹念に曲げ、成形した証だ。



手間のかけ方が素晴らしい

平澤 中村さん太田さん、ご参加ありがとうございます。今日は事前アンケートをもとに編集部が絞り込んだ注目スーツをお二人に吟味いただきつつ、特に優れたものをジャンル別の「スーツ大賞」として紹介したいと思います。ちなみに、今回は大賞に選ばれたものの中で順位をつけることはしませんので、お二人が思う“ココが秀逸”という点を挙げていただければと思っています。

中村・太田 よろしくお願いします。

平澤 ではクラシックスーツ部門から。今季のニュースとしては、ソブリンのブランドリニューアルに伴った新モデルの登場が印象的でした。

太田 これはソブリン史上最も完成度の高い一着だと自負しています。手縫いやアイロンワークを多用した「プレステージ」ラインのもので、生地もドーメルに別注しました。

中村 うーん、これは手間がかかってますね。上襟をアイロンで丁寧に曲げて、首に吸い付く着心地にしている。ポケットの玉縁も柔らかくて、身頃が体にぴったり沿います。見返しの縫製もボコボコしていないし、お台場が小さくて美しい。

太田 ありがとうございます。UAが厚い信頼を寄せるファクトリーのなかでも、選りすぐりの熟練職人だけが縫製を担当しているんです。

平澤 中村さんがここまで褒めるのは珍しいですね。



スーツ大賞2021 対談4人

     Profile 


    [中央左]ビームス クリエイティブディレクター
    中村 達也さん

    これまでのMEN’S EXのスーツ特集の座談会には最多登場となるスーツのご意見番的存在、ビームス クリエイティブディレクターの中村達也さん。


    [中央右]ソブリン ブランドディレクター
    太田 裕康さん

    ソブリンのブランドディレクターである太田裕康さんは、2021年秋にブランドを一大リニューアルし、大人のクラシックスタイルを牽引。オリジナルスーツ開発にも力を注ぐ。


    [右]ファッションエディター
    小曽根 広光

    MEN’S EX時代にもスーツ特集を数多く担当、ビスポークスーツにも造詣が深いファッションエディター小曽根。


    [左]MEN’S EX編集長
    平澤香苗

    編集長の平澤は、イタリア出張時にビームス中村さんとスーツファクトリーを多数訪問。自身でもイタリアンブランドのオーダースーツを愛用する。



[MEN’S EX Winter 2022の記事を再構成]
※表示価格は税込み。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Mar. VOL.331

3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop