名門スキャバル生地で表現する優美なスーツスタイル【今、改めてSUITSの真価を問う】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
名門スキャバル生地で表現する優美なスーツスタイル

『MEN’S EX』と『NIKKEI STYLE Men’s FASHION』が共催する「SUITS OF THE YEAR 2021」。今年で4回目を迎える当アワードは、その年に各界で最も輝いた人を表彰するとともに、スーツを纏うことの意義や価値、愉しさを改めて伝えることを目的としている。

アワード連動企画として、ここでは今のスーツシーンを象徴するブランドやショップから、今季の要注目モデルをご紹介。併せてその魅力や着こなしのワンポイントアドバイスを、SUITS OF THE YEARのアドバイザーを務めるファッションディレクターの森岡 弘氏に解説していただいた。

第3弾の今回は名門「スキャバル」の生地を載せた「リングヂャケット」の新作スーツを紹介する。

ライトグレーのエレガンスを再確認できる一着

スキャバル生地を使ったリングヂャケットのスーツ
スーツ26万4000円/リングヂャケット、シャツ3万9600円、ネクタイ2万4200円/以上リングヂャケット ナポリ(以上リングヂャケット マイスター206 青山店 tel.03-6418-7855) チーフ・スタイリスト私物

グレー系のスーツはいろいろと持っていても、ここまで明るいトーンのものを持っている人は意外と少ないかもしれない。こちらは名門スキャバルの「THE ROYAL」バンチからセレクトした生地。表面には細かなグレンチェック柄が配され、そこに淡いブルーのペーンを載せたことで少しファンシーな趣もある。

「ライトグレーのエレガントさを改めて確認できる生地ですね。スーパー100’S素材を用い、目付けは280gとのことですが、同じようなクオリティーのイタリア製の生地と比べるとコシがあり、そのせいかリングヂャケットならではの美しいシルエットも一層際立っていますね。遠目には無地ライクですから多彩なコーデが楽しめると思いますが、ここではサックスブルーのシャツとシャンパンゴールドのソリッドタイで比較的シンプルにまとめてみました。軽快でほどよく華やぎを感じさせるスタイリングとなり、“この人は相当やるな”と思わせるはずです」(森岡さん)

スキャバルの生地を使ったリングヂャケットのスーツ

リングヂャケットが現在展開する中で最も主力のモデルに、スキャバルの“THE ROYAL”バンチのスーパー100’S生地を載せた一着。ほどよくゆとりを取った優美なシルエットが特徴で、広めの襟ややや低めに設定されたウエスト位置も落ち着いた印象を醸す。イセを多めに取った肩口のギャザーや、クラフト感を高める随所のステッチワークも魅力だ。1プリーツ入りのパンツは、ややテーパードしたスッキリしたシルエット。

リングヂャケット
http://www.ringjacket.co.jp/

撮影=島本一男(STUDIO BAARL) スタイリング=森岡 弘(GLOVE) ヘアメイク=古口精樹 文=吉田 巌(十万馬力)
※表⽰価格は税込み

関連記事一覧:SUITS OF THE YEAR 2021

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop