老舗英国ブランド「オリバー・ゴールドスミス」の注目メガネフレーム7選

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

本格眼鏡とは? なぜ本格眼鏡が必要なのか? どんなブランドがあるのか? を一冊で網羅する『本格眼鏡大全』が発売に。1000本ものフレームが掲載された本書から、ここでは国内外の本格眼鏡ブランドをピックアップしてご紹介する。

OLIVER GOLDSMITH(オリバー・ゴールドスミス)

OLIVER GOLDSMITHの注目フレーム_品番 コンスル-S
品番 コンスル-S(詳しくは下記にて)

父祖から四代続く生粋の英国ブランド

オリバー・ゴールドスミスは約1世紀にわたる歴史をもつ老舗英国ブランドだ。その四代にわたる歴史を紐解こう。1926年、初代フィリップ・オリバー・ゴールドスミス氏がべっ甲眼鏡を作成し、ブランドを創業する。’35年には2代目のチャールズ氏がビジネスに参画。’50年代に入り、ファッション流行の気運が高まるなかで斬新なサングラスを発表した。これが『VOGUE』などに取り上げられヨーロッパを席巻。’70年代以降は3代目のアンドリュー氏と弟のレイ氏がビジネスに加わる。グレース・ケリーやジョン・レノンなどが愛用し、’80年代には英国王室御用達ブランドに。その後、眼鏡は大量生産の時代となり、ブランドは一時的に休止する。だが、アンドリュー氏と、創業者の曾孫にあたるクレア氏が過去のデザインアーカイブをもとに現代のエッセンスを加えて再構築。2005年に完全復活を遂げるのだ。そしてマイケル・ケインが愛用した「コンスル」など、名作を復刻させた。

クラシックブームの中心的存在のため見落とされがちだが、オリバー・ゴールドスミスのデザインは決してベーシックではなく、常に時代の最先端でエッジが効いている。それは「バイスコンスル」の通常とは逆の位置に配置した鋲飾りや、「シャー g」の鋭いカッティングなどに見て取れる。

シンプルながらも大胆な手法を取り入れるオリバー・ゴールドスミス。他にはない圧倒的な存在感があり、長い歴史のなかで時代の顔に愛されてきたのだ。

OLIVER GOLDSMITH(オリバー・ゴールドスミス)

 BRAND INFO 
創業年/1926年
創業者/フィリップ・オリバー・ゴールドスミス
現在地/イギリス・ロンドン
問い合わせ先/サラディストリビューション東京 
TEL:03-6427-7239

OLIVER GOLDSMITHの注目フレーム_時代を作った2、3代目

時代を作った2、3代目

最盛期のオリバー・ゴールドスミス展示会ブースでの1枚。中央が2代目チャールズ・オリバー・ゴールドスミス氏、向かって左が3代目のアンドリュー氏、右が弟のレイ氏である。


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop