1970年代テイストの新作時計がカルティエやグッチから続々と登場している!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
ファッションと歩む1970年代テイスト

 Keyword 7 
1970’s Fashion Trend

ファッションと歩む1970年代テイスト

流行は繰り返す。それは時計でも同じだ。今年複数のメゾンが着目したのは、1970年代テイスト。「グッチとモーリス・ラクロアに共通する薄くフラットなケースにブレスレットを統合するスタイルは、’70年代に誕生したラグジュアリー・スポーツウォッチの流れを汲んでいます」(吉田さん)。

「カルティエは、’77年に生まれた『マスト』の名と、当時流行していたカラーダイヤルを復活させました。色付きの『タンク』は、今見ると新鮮です」(髙木さん)。



CARTIER(カルティエ)

タンク マスト

 
ファッションと歩む1970年代テイスト カルティエ
© Cartier

艶やかなブルーをまとう角型時計のアイコン
鮮やかなブルーダイヤルは、1977年に生まれた大衆向けウォッチ「マスト ドゥ カルティエ」から着想。インデックスもないシンプルさで、美しいケースのフォルムが際立つ。8年間使用可能な長寿命クォーツを搭載。クォーツ。ケース33.7×25.5mm。SSケース。アリゲーターストラップ。9月発売予定。予価31万7900円(カルティエ カスタマー サービスセンター)



GUCCI(グッチ)

グッチ25H

 
ファッションと歩む1970年代テイスト グッチ

時計製作に本気に向き合う100周年を迎えたグッチ
ブレス一体型の新コレクションは、初の自社製ムーブを搭載。マイクロローターによる薄型自動巻きで、ケース厚7.2mmの極薄をかなえた。太く立体的な横ストライプのダイヤルも、印象的。自動巻き。径40mm。SSケース&ブレスレット。予価113万円。今秋発売予定(グッチ ジャパン)



MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)

アイコン オートマティック39mmエクリュ

 
ファッションと歩む1970年代テイスト モーリス・ラクロア

色使いもスタイリッシュ夏にぴったりなブレス時計
クル・ド・パリが彩るダイヤルを染める淡く上品な生成り色(エクリュ)は、トレンド感が高い。小振りなケースのサイズ感も‘70年代風。ブレスはインターチェンジャブル20気圧防水で、日常使いに頼もしい。自動巻き。径39mm。SSケース&ブレスレット。21万4500円(DKSHジャパン)



[MEN’S EX Summer 2021の記事を再構成]
※表示価格は税込み。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop