重ねて着るだけで在宅メンズが手っ取り早くお洒落に!? 人気の「アンサンブル」5選

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
アンサンブルニット

手っ取り早くお洒落に見えるアンサンブル風の着こなしがビジネスマンの間で密かに注目されている。同じ素材・同じ色のニットをカーディンガンのインナーに組み合わせる着こなしのことで、例えば、黒のカーディガンなら同じ素材で作られた黒のニットをインナーに入れるといったスタイルのこと。

アンサンブル風に重ねた着こなしは、ストレスフリーでデスクワークに打ち込めるだけでなく、空調に応じて一枚脱いだりと体温調節も容易。これからの季節、リモートワークにもぴったりの装い方といえる。この春、肩の力を抜いたシンプルで飾り気のない、大人のビジネスカジュアルなアンサンブルスタイルに是非、トライして欲しい。

マロ

アンサンブルスタイル
カーディガン10万3400円、ポロシャツ6万8200円/マロ(meSTORE) パンツ3万9600円/PTトリノ(伊勢丹新宿店) スニーカー3万9600円/ロトゥセ(リエート)

イタリア屈指のニットブランド、マロ。フィレンツェの自社工場にて編立、縫製まで一貫して行うクオリティの高さを好む業界人も多い。

マロ
カーディガン10万3400円 >> meSTOREで購入
 ポロシャツ6万8200円 >> meSTOREで購入

飽きのこないベーシックなシルエットのカーディガンは、「マココットン」と呼ばれる高級エジプト綿を使用。コットンポロも肌当たりが滑らかで、要所をリブで切り替え快適なフィット感を実現。エレガンス極まるスタイリングだ。

グランサッソ

グランサッソ
カーディガン2万9700円、ポロシャツ2万8600円(エスディーアイ)

アームラインのフィット感に加え、脇下から身頃にかけての適度なゆとりなど、生地の良さをしっかり感じられる秀逸なパターンが魅力のハイゲージニットのガーディガンとポロシャツ。ウールならではの艶感でカットソーとは異なる品の良さに、レトロ過ぎないモダンバランスな襟型、男性的で色っぽいスタイルに見せてくれるシャープなスタイルが若々しさを演出する。無駄を排除したシンプルなデザインでカジュアルから、ビジネスシーンまで幅広く対応する組み合わせだ。

レンコントラント

レンコントラント
カーディガン4万6200円、クルーニット3万5200円(伊勢丹新宿店)

メゾンブランドでの生産やアート業界に携わってきたフランス人女性がディレクションするブランド、レンコントラントは上質な普段着がコンセプト。シルク素材を贅沢に使用したカーディガンとクルーネックの半袖ニットとのアンサンブルは、絶妙な色みと艶感がポイント。サラッと羽織るだけで、クリーンで洗練された雰囲気とリラックスした洒落感が手に入る。

ジョン スメドレー

ジョン スメドレー
カーディガン3万8500円、タートルニット3万800円(リーミルズ エージェンシー)

春のジョン スメドレーといえば、こちらの30ゲージのハイゲージニット。シーアイランドコットンならではの軽やかな素材感に加え、高級感ある光沢と柔らかな肌触りは唯一無二の着心地に。程よく太めの前立てと、リラックス感のある深めのVゾーンが特徴のカーディガン。従来のモデルからボタンの数を再考し、スッキリとした印象に刷新。 タートルも上質素材ならではの柔らかな肌触りだ。

クルチアーニ

クルチアーニ
カーディガン4万9500円、クルーニット4万1800円(ストラスブルゴ)

スマートなシルエットで仕立てたコットンニットカーディガンは27ゲージで編み上げたボディラインに心地よくフィットする仕上がりが魅力。シャープなネックラインが洗練された雰囲気を演出し、同素材のクルーネックニットも、ボディラインに心地よくフィットするスマートなシルエット。浅めのネックラインが上品で落ち着いた印象を与える。

写真/若林武志 スタイリング/宮崎 司 文/伊澤一臣

※価格はすべて税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jul. VOL.323

7

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop