【特別対談】東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ・丸山茂樹 × ボクシング村田諒太

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

東京五輪のゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める丸山茂樹プロが、オリンピアンと語らいながらそのライフスタイルを深掘りする本企画。第11回のゲストは、2012年ロンドン五輪のボクシングミドル級金メダリスト、村田諒太さん。リング上とは異なるジャケット姿で颯爽と登場した。

【Fun for Win】VOL.11 
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹×村田諒太[前編]

丸山さんと村田さん正面から

丸山茂樹さん
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年より米ツアーに参戦し3勝。2002年には伊澤利光プロとゴルフワールドカップを制する。現在はゴルフ解説などで活躍する傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも尽力。東京五輪ではリオ五輪に続き、ゴルフ日本代表のヘッドコーチを務める。愛称は“マルちゃん”。セガサミーホールディングス所属。

村田諒太さん
1986年生まれ。奈良出身。WBA世界ミドル級スーパーチャンピオン。強くなりたくて中学からボクシングを始め、南京都高校(現・京都廣学館高校)時代に高校5冠を達成し、その名を轟かせる。2012年のロンドン五輪では、ボクシングミドル級にて金メダル獲得。翌2013年にプロ転向。現在はIBF王者ゲンナジー・ゴロフキンとの統一戦実現を目指す。

マイク・タイソンは白タオル、村田諒太は青パンツが勝負服

丸山 今日のジャケットスタイル、決まっていますね。

村田 ありがとうございます。ファッション誌の取材でこう言ってはなんですが、実はあまり服に興味がなくて。いつもデニムにジャケットのような、あっさりした服装ばかりなんです。

丸山 男前だからシンプルな服が似合う。タオル一枚で入場してくるマイク・タイソンのようです。

村田 タイソンの場合は、自慢の肉体を派手なガウンで飾り立てる必要はないという考えで、あのスタイルを貫いていたようですね。

丸山 村田さんの勝負服は、決まったものがあるんですか?

村田 ボクシングパンツは青と決めています。日本ではチャンピオンカラーが赤、チャレンジカラーがブルーと決まっているんですが、いつまでも挑戦者でいたいという気持ちから、青を身に着けています。

丸山 僕も試合の最終日は、コーディネートに青色を取り入れると決めていました。験担ぎというよりは習慣ですね。赤いウエアがタイガー・ウッズの代名詞になるずっと前からです。他にいつも習慣にされていることはありますか?

村田 アマチュアの頃は、よくセルフトークをしていましたね。今でもたまにやります。

丸山 独り言ですか?

村田 リラックスしているときに、もう一人の自分が現れるんです。「何、緊張しているんだよ」「何って? 次の試合だよ」というふうに。

丸山 ちょっと殴られすぎなんじゃない?(笑)

村田 この手法は心理学でもポピュラーで、不安の解消や自信の向上に役立つとされているんです。

丸山 ちゃんと心理学的に確立しているんですね!

村田 よく聞かれるんですよ。ボクシングって怖くないの? 痛くないの?と。もちろん、怖いし、痛い。失敗を恐れる気持ちは当然あります。

丸山 わかります。僕は国内の試合では、緊張することはまるでなかった。でも、PGAツアーで初優勝がかかった試合で、プレーオフに進んだときのパターは初めて緊張を感じましたね。

村田 想像できます。

丸山 練習と実戦を重ねることで、やがて緊張下でも成功する術を身につけるようになる。それができる人は、村田さん然り、やはり一流だと思いますよ。普段の食事はどんなものを召し上がるんですか? 減量も大変かと思いますが。

村田 和食中心にバランスの取れた食事を心掛けています。減量中は量を減らす程度で食事内容は普段通りですね。総摂取カロリーが大切なので。

丸山 賢いやり方ですね。

村田 高校時代には空腹で辛くなることもありましたが、今はプロである以上、計量オーバーなどはありえない。自己管理できなければプロ失格だと思います。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop