【新連載】メンズファッションディレクター・西口修平さん「大人のヴィンテージ入門」

array(8) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194586) ["id"]=> int(1194586) ["title"]=> string(32) "fashion_210326_21.2.18meo1_24725" ["filename"]=> string(36) "fashion_210326_21.2.18meo1_24725.jpg" ["filesize"]=> int(319009) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24725.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_21-2-18meo1_24725" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "fashion_210326_21-2-18meo1_24725" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:31:43" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:31:43" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24725-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24725-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24725.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24725.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(318) "

「66モデルより前に製造されていた501は赤タブのブランド表記に大文字のEが用いられていたのに対し、66モデルでは小文字のeが用いられています。これは”スモールe”と呼ばれ、製造時期を識別する指標のひとつとなっています」

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194587) ["id"]=> int(1194587) ["title"]=> string(32) "fashion_210326_21.2.18meo1_24727" ["filename"]=> string(36) "fashion_210326_21.2.18meo1_24727.jpg" ["filesize"]=> int(408384) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24727.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_21-2-18meo1_24727" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "fashion_210326_21-2-18meo1_24727" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:31:48" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:31:48" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24727-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24727-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24727.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24727.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(311) "

「前期と後期に分けられる66モデルですが、その判別にはヒップポケット内側に注目。ここが裾と同様のチェーンステッチになっているものは66後期、写真のようにシングルステッチになっているものは66前期と分類されます」

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194590) ["id"]=> int(1194590) ["title"]=> string(32) "fashion_210326_21.2.18meo1_24728" ["filename"]=> string(36) "fashion_210326_21.2.18meo1_24728.jpg" ["filesize"]=> int(262502) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24728.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_21-2-18meo1_24728" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "fashion_210326_21-2-18meo1_24728" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:32:27" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:32:27" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24728-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24728-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24728.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24728.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(323) "

「よく見ると、フロントボタンの裏側に”6”と刻印されているのがわかります。これも66前期モデルであることを表す特徴。目立たないディテールですが、ヴィンテージ好きの間では年代を判別する重要な材料として知られています」

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194589) ["id"]=> int(1194589) ["title"]=> string(32) "fashion_210326_21.2.18meo1_24724" ["filename"]=> string(36) "fashion_210326_21.2.18meo1_24724.jpg" ["filesize"]=> int(238933) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24724.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_21-2-18meo1_24724" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "fashion_210326_21-2-18meo1_24724" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:32:19" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:32:19" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24724-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24724-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24724.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/fashion_210326_21.2.18meo1_24724.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(322) "

「66に限らず、古着のジーンズを選ぶ際に気をつけたいのが裾。穿きこんだ後に丈詰めがされている場合、ここのアタリが真新しいものになっています。そうなると味わいは半減。なので、購入した後も丈詰めはしないのが基本です」

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194605) ["id"]=> int(1194605) ["title"]=> string(23) "fashion_210326_DSC_9687" ["filename"]=> string(27) "fashion_210326_DSC_9687.jpg" ["filesize"]=> int(195923) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9687.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_dsc_9687" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "fashion_210326_dsc_9687" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:48:11" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:48:11" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9687-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9687-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9687.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9687.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(513) "

ジャストサイズの66前期モデルに、スティレ ラティーノのダブルブレザーとアニエスベーのボーダーTをコーディネート。新旧のアイテムを織り交ぜた西口流ミックススタイルだ。「色落ちしたジーンズは、ブルー系でまとめることが多いですね」とは本人の弁。色数を絞ったシンプルな装いながら、ヴィンテージジーンズならではの表情が印象的な洒脱さを醸し出している。

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194606) ["id"]=> int(1194606) ["title"]=> string(23) "fashion_210326_DSC_9695" ["filename"]=> string(27) "fashion_210326_DSC_9695.jpg" ["filesize"]=> int(216904) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9695.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_dsc_9695" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "fashion_210326_dsc_9695" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:48:32" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:48:32" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9695-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9695-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9695.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9695.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(358) "

すらりとした細身のシルエットが66モデルの真骨頂。後ろ姿もスマートだ。ちなみにイタリアではリーバイスのシルエットをお直しして穿く人も多いが、西口さんはヴィンテージ・ジーンズに関してはオリジナルを尊重して基本的に手を加えることはないそう。

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194607) ["id"]=> int(1194607) ["title"]=> string(23) "fashion_210326_DSC_9700" ["filename"]=> string(27) "fashion_210326_DSC_9700.jpg" ["filesize"]=> int(303154) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9700.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_dsc_9700" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "fashion_210326_dsc_9700" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:49:02" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:49:02" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9700-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9700-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9700.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9700.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(302) "

ヒップポケットにはバンダナを折りたたんで挿している。「ポケットチーフ的な感覚でプラスしていますね」と西口さん。春夏はジャケットを脱ぐ機会も増えるが、そんな場面でもさりげない洒落心を薫らせる演出だ。

" } [7]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1194608) ["id"]=> int(1194608) ["title"]=> string(23) "fashion_210326_DSC_9703" ["filename"]=> string(27) "fashion_210326_DSC_9703.jpg" ["filesize"]=> int(212168) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9703.jpg" ["link"]=> string(63) "https://www.mens-ex.jp/archives/1194579/fashion_210326_dsc_9703" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "29" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(23) "fashion_210326_dsc_9703" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1194579) ["date"]=> string(19) "2021-03-26 06:49:16" ["modified"]=> string(19) "2021-03-26 06:49:16" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9703-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9703-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9703.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/fashion_210326_DSC_9703.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(348) "

靴はエンツォ ボナフェのビットローファー。ジーンズとの合わせは古くからの定番として知られていて、西口さんもしばしば用いる足元コーディネートだ。ジャケットのボタン、靴のビット、手元のリングをすべてゴールドで統一している点にも注目。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

西口修平の「大人のヴィンテージ入門」#1
ヴィンテージ・リーバイス、まず狙いたいのは「66前期」!

1990年代以来のヴィンテージブームといわれ、クラシックな服とのミックスで独自のスタイルを表現した洒落者たちがメディアを飾る昨今。大人の間でも高まるヴィンテージ熱を受けて、興味をそそられている方も少なくないはずだ。しかし、選びや着こなしに様々なノウハウが要求されるヴィンテージの世界。いったいどこから手をつけていいやらと二の足を踏むことも多いだろう。そこで、現在のクラシックと古き良きヴィンテージの双方に精通する西口修平さんが“大人のヴィンテージ入門”を手ほどき。ぜひ手に入れたい名作と、その着こなし方について解説してもらおう。

<プロフィール>
1977年生まれ。本誌をはじめ、各ファッションメディアから取材依頼が毎月殺到するメンズファッションディレクター。アップデートされたクラシックを提案するスペシャリストでありながら年季の入ったヴィンテージ好きでもあり、かつては古着店に勤務していた経歴も。「新しいものと古いものをフラットに見ている」と本人が語るとおり、両者を自在にミックスしたスタイリングが世界的な評判を呼んでいる。今年3月には2冊目となる著書「Nishiguchi Essentials 100」(ワン・パブリッシング刊)を上梓。

西口さん的・名作ヴィンテージ#1
【リーバイスの501 66前期モデル】

メンズファッションディレクター・西口修平さん「大人のヴィンテージ入門」

リーバイスの代名詞である「501」。そのヴィンテージは製造時期ごとの特徴によって区別され、「XX」「ビッグE」「赤耳」などといった通称がつけられている。1973〜80年ごろの501は「66」と呼ばれ(ちなみにこの名前は製造年と関係なし)、さらに「66前期」(1973〜78年ごろ)、「66後期」(1978年〜80年ごろ)の2種類に分けられる。ただし、その移行は漸次的で、各モデルの製造時期については曖昧な部分があったり、仕様に例外があったりすることにも注意したい。こちらの66前期モデルはヴィンテージ・リーバイスの入門作として有名だ。

西口さんが解説!「66前期」の目利きポイント

<p>「66モデルより前に製造されていた501は赤タブのブランド表記に大文字のEが用いられていたのに対し、66モデルでは小文字のeが用いられています。これは”スモールe”と呼ばれ、製造時期を識別する指標のひとつとなっています」</p>

「66モデルより前に製造されていた501は赤タブのブランド表記に大文字のEが用いられていたのに対し、66モデルでは小文字のeが用いられています。これは”スモールe”と呼ばれ、製造時期を識別する指標のひとつとなっています」

<p>「前期と後期に分けられる66モデルですが、その判別にはヒップポケット内側に注目。ここが裾と同様のチェーンステッチになっているものは66後期、写真のようにシングルステッチになっているものは66前期と分類されます」</p>

「前期と後期に分けられる66モデルですが、その判別にはヒップポケット内側に注目。ここが裾と同様のチェーンステッチになっているものは66後期、写真のようにシングルステッチになっているものは66前期と分類されます」

<p>「よく見ると、フロントボタンの裏側に”6”と刻印されているのがわかります。これも66前期モデルであることを表す特徴。目立たないディテールですが、ヴィンテージ好きの間では年代を判別する重要な材料として知られています」</p>

「よく見ると、フロントボタンの裏側に”6”と刻印されているのがわかります。これも66前期モデルであることを表す特徴。目立たないディテールですが、ヴィンテージ好きの間では年代を判別する重要な材料として知られています」

<p>「66に限らず、古着のジーンズを選ぶ際に気をつけたいのが裾。穿きこんだ後に丈詰めがされている場合、ここのアタリが真新しいものになっています。そうなると味わいは半減。なので、購入した後も丈詰めはしないのが基本です」</p>

「66に限らず、古着のジーンズを選ぶ際に気をつけたいのが裾。穿きこんだ後に丈詰めがされている場合、ここのアタリが真新しいものになっています。そうなると味わいは半減。なので、購入した後も丈詰めはしないのが基本です」

<p>「66モデルより前に製造されていた501は赤タブのブランド表記に大文字のEが用いられていたのに対し、66モデルでは小文字のeが用いられています。これは”スモールe”と呼ばれ、製造時期を識別する指標のひとつとなっています」</p>

「66モデルより前に製造されていた501は赤タブのブランド表記に大文字のEが用いられていたのに対し、66モデルでは小文字のeが用いられています。これは”スモールe”と呼ばれ、製造時期を識別する指標のひとつとなっています」

<p>「前期と後期に分けられる66モデルですが、その判別にはヒップポケット内側に注目。ここが裾と同様のチェーンステッチになっているものは66後期、写真のようにシングルステッチになっているものは66前期と分類されます」</p>

「前期と後期に分けられる66モデルですが、その判別にはヒップポケット内側に注目。ここが裾と同様のチェーンステッチになっているものは66後期、写真のようにシングルステッチになっているものは66前期と分類されます」

<p>「よく見ると、フロントボタンの裏側に”6”と刻印されているのがわかります。これも66前期モデルであることを表す特徴。目立たないディテールですが、ヴィンテージ好きの間では年代を判別する重要な材料として知られています」</p>

「よく見ると、フロントボタンの裏側に”6”と刻印されているのがわかります。これも66前期モデルであることを表す特徴。目立たないディテールですが、ヴィンテージ好きの間では年代を判別する重要な材料として知られています」

<p>「66に限らず、古着のジーンズを選ぶ際に気をつけたいのが裾。穿きこんだ後に丈詰めがされている場合、ここのアタリが真新しいものになっています。そうなると味わいは半減。なので、購入した後も丈詰めはしないのが基本です」</p>

「66に限らず、古着のジーンズを選ぶ際に気をつけたいのが裾。穿きこんだ後に丈詰めがされている場合、ここのアタリが真新しいものになっています。そうなると味わいは半減。なので、購入した後も丈詰めはしないのが基本です」

<p>ジャストサイズの66前期モデルに、スティレ ラティーノのダブルブレザーとアニエスベーのボーダーTをコーディネート。新旧のアイテムを織り交ぜた西口流ミックススタイルだ。「色落ちしたジーンズは、ブルー系でまとめることが多いですね」とは本人の弁。色数を絞ったシンプルな装いながら、ヴィンテージジーンズならではの表情が印象的な洒脱さを醸し出している。</p>

ジャストサイズの66前期モデルに、スティレ ラティーノのダブルブレザーとアニエスベーのボーダーTをコーディネート。新旧のアイテムを織り交ぜた西口流ミックススタイルだ。「色落ちしたジーンズは、ブルー系でまとめることが多いですね」とは本人の弁。色数を絞ったシンプルな装いながら、ヴィンテージジーンズならではの表情が印象的な洒脱さを醸し出している。

<p>すらりとした細身のシルエットが66モデルの真骨頂。後ろ姿もスマートだ。ちなみにイタリアではリーバイスのシルエットをお直しして穿く人も多いが、西口さんはヴィンテージ・ジーンズに関してはオリジナルを尊重して基本的に手を加えることはないそう。</p>

すらりとした細身のシルエットが66モデルの真骨頂。後ろ姿もスマートだ。ちなみにイタリアではリーバイスのシルエットをお直しして穿く人も多いが、西口さんはヴィンテージ・ジーンズに関してはオリジナルを尊重して基本的に手を加えることはないそう。

<p>ヒップポケットにはバンダナを折りたたんで挿している。「ポケットチーフ的な感覚でプラスしていますね」と西口さん。春夏はジャケットを脱ぐ機会も増えるが、そんな場面でもさりげない洒落心を薫らせる演出だ。</p>

ヒップポケットにはバンダナを折りたたんで挿している。「ポケットチーフ的な感覚でプラスしていますね」と西口さん。春夏はジャケットを脱ぐ機会も増えるが、そんな場面でもさりげない洒落心を薫らせる演出だ。

<p>靴はエンツォ ボナフェのビットローファー。ジーンズとの合わせは古くからの定番として知られていて、西口さんもしばしば用いる足元コーディネートだ。ジャケットのボタン、靴のビット、手元のリングをすべてゴールドで統一している点にも注目。</p>

靴はエンツォ ボナフェのビットローファー。ジーンズとの合わせは古くからの定番として知られていて、西口さんもしばしば用いる足元コーディネートだ。ジャケットのボタン、靴のビット、手元のリングをすべてゴールドで統一している点にも注目。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop