「ブライスランズ」で、スペシャルなジャケットを作ってみた【Mr. David Diary#17】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

Making a special jacket at Bryceland’s

MEN’S EX誌上やイベントでも長年お馴染みのお洒落モデル、Mr.Davidが、自身のスタイルの成り立ちとポイントを語る「Mr. David’s Diary」。デビッド自らのスタイル哲学、「Keep it Simple,sir」(シンプルに徹しましょう)略して「KISS」の真髄を掘り起こしていきます。今回は、デビッドの大好きなお店「Bryceland’s」でアスコット・チャンにオーダーしたシャツジャケットのお話。

Approaching Bryceland’s, perched on a hillside in the tony neighborhood of Jingumae, I spot shop owner and creative director Ethan Newton leaning on the front rail of his porch smoking a hand rolled cigarette. He looks like the captain of his sartorial ship guiding it through the perilous waters of the Shibuya fashion scene.

神宮前の一角、坂道に面して建つブライスランズに近づいてくると、店長でありクリエイティブディレクターのイーサン・ニュートンが、手巻きタバコを吸いながら、ポーチの手すりによりかかっているのが見えました。渋谷のファッションシーンの荒波をかき分けるサルトリアル船の船長のようです。

@Hidemitsu Oeda
Captain Newton on the bridge of the good ship Bryceland’s
ブライスランズ船の船橋に立つニュートン船長

“What’s good?” comes the salutation, accompanied by a sincere gaze and a firm handshake. “Can I get you a coffee or something stronger?” It’s not every day that one is offered spirits at a menswear shop so I opt for the latter.

“Coffee and a whiskey!” barks the old salt to his capable first mate, the rakish store manager Ryutaro Yamada, affectionately known by his moniker, Slim.

「元気?」しっかりと目を見ながら、固い握手と共に、そんなあいさつの言葉をくれました。「コーヒーか、もっと強いやつでも飲む?」メンズウェアのショップで、スピリッツを出してもらえることなどそんなにないので、私は後者をお願いしました。「コーヒーとウイスキー!」経験豊富な船乗りが、有能な一等航海士であり、「スリム」の愛称で知られるレイキッシュなショップマネージャー、山田隆太郎氏に向かって叫びました。

@Ethan Newton
First Mate and Store Manager Ryutaro Yamada a.k.a Slim
一等航海士でありストアマネージャーのRyutaro Yamada(愛称スリム)

Whiskey in hand, I step through the threshold and feel as though I’m stepping back in time. Handsomely appointed in antique furnishings with a spattering of personal items, I get the sense that the space serves not only as a menswear shop, but as a music and design studio as well as, perhaps, Ethan’s living room. Regulars gather around the glass case at the front of the shop or sit along the large armoire, exchanging stories or discussing politics and current events. Ethan is just as likely to start talking about his passion for movies or music, even playing one of the latest songs he’s written on the acoustic guitar he keeps close at hand.

ウイスキーを手に取って、一歩中に入ると、時間を遡ったような感覚に陥りました。アンティークの調度品で見事にしつらえられ、所々に私物が散りばめられた店内は、メンズウェアのショップというだけでなく、音楽やデザインのスタジオとも、またイーサンのリビングルームとも言えるような雰囲気です。常連客は、入り口近くに置かれたガラスケースの周りに集まったり、大きな戸棚に沿って座ったりしながら、近況や政治、最近のニュースについて話しています。イーサンは、映画や音楽の話を熱く語り始めたり、いつも身近に置いているアコースティックギターで、最近作った曲を弾いたりしています。

@Ethan Newton
The handsomely appointed interior of Bryceland’s
ブライスランズの見事なインテリア
@Ethan Newton
Ethan sharing an original song in front of the armoire – a favorite gathering place for regulars.
常連客のお気に入りの場所、大きな戸棚の前でオリジナルの曲を披露する

Ethan’s real passion, though, is menswear. After studying fashion design and illustration he embarked on a career that would take him from Sydney’s Paddington to Tokyo’s Daikanyama, working with Evisu in the early 2000s. Moving back to Australia, he went to work for a shirt brand called Herringbone, opening a bespoke store and training to fit and make bespoke shirts, eventually working in design. After six years he left to work alongside the tailor, Patrick Johnson, who was then opening his Sydney boutique.

しかし、イーサンが本当に熱意を持っているのはメンズウェアです。イーサンは、シドニーのパディントンで、ファッションデザインとイラストレーションを学んだ後、キャリアの航海に乗り出し、2000年台初頭に東京の代官山に辿り着き、日本製デニムの先駆者「エヴィス」で働きました。その後オーストラリアに戻り、シャツブランド「ヘリンボーン」で働き始め、ビスポークのストアのオープニングに携わり、フィッティングとビスポークのシャツ作りを学び、最終的にデザインも担当しました。6年後に退社すると、ちょうどシドニーに店舗をオープンするところだったテーラーのパトリック・ジョンソンと共に働き始めました。

In 2010, Ethan moved to Hong Kong to help Mark Cho and Alan See start the Armoury, eventually becoming a partner. After meeting Ralph Lauren’s older brother, Jerry Lauren, Ethan took a role with Ralph Lauren as Senior Director of Luxury brands. A short year later and Ethan was ready to open his own store in Tokyo with his partner, Kenji Cheung.

2010年に、イーサンは香港に移住し、マーク・チョーとアラン・シーのショップ「アーモリー」の設立に携わり、後にパートナーとなりました。その後、ラルフ・ローレンの兄、ジェリー・ローレンと出会い、ラルフ・ローレンのラグジュアリーブランドのシニアディレクターに就きます。そしてその一年後、イーサンは、パートナーのケンジ・チュンと東京で自身のストアの開店準備を始めたのです。

@Ethan Newton
Interior of Bryceland’s Tokyo
ブライスランズ東京のインテリア
@Janet Wong
Owner and creative collaborator Kenji Cheung at the Hong Kong branch of Bryceland’s
オーナーでありクリエイティブコラボレーターのケンジ・チュン。ブライスランズの香港店にて

Bryceland’s is named after Ethan’s mother’s maiden name. Catraoine Ni Breaslain, born in Ireland, fled to Glasgow, Scotland to avoid the potato famine. In 1862 she was transported to Australia. Family names also extend to the ladies line, called Emmeline, after Ethan’s niece, designed by the talented Janet Wong.

ブライスランズは、イーサンの母の旧姓から取られました。祖先にあたるキャサリン・ニ・ブライスランは、出生地アイルランドのジャガイモ飢饉を逃れて、スコットランドのグラスゴーに移り、1862年にオーストラリアに移住しました。家族の名前は他にも使われていて、才能あるデザイナー、ジャネット・ウォンによるレディースラインは、イーサンの姪の名前をとって「エメライン」と名付けられています。

@Ethan Newton
The talented designer Janet Wong
才能あるデザイナー、ジャネット・ウォン

Bryceland’s is essentially an outlet for Ethan and Kenji to create what they want themselves and to sell their shared vision of how men should dress. The goal is to sell quality clothing, working with respected partners to present a range of clothing for men who want to dress elegantly and without branding or hype impacting how a man wears his clothes.

ブライスランズは、イーサンとケンジが、自分たちが欲しいものを作り、また男性たちがどんな格好をすべきかというビジョンを共有する店です。目指しているのは、エレガントな服を好む男性たちに向けて、尊敬すべきパートナーたちと共にクオリティの高い服を作り、提供すること。あくまでも、着こなし方を決めつけたり、押し付けたりすることなく。

The desire to bring masculinity to menswear is expressed in the casual line with American workwear and vintage military inspired clothes made in rugged, no nonsense fabrics like Japanese denim that only gets better with age. U.S. Navy chambray shirts, RAF rollneck sweaters, type 1 denim jackets and the iconic 133 denims are just a few of the items that typify the look.

カジュアルラインには、より男らしいテイストが見られます。経年変化で味が出る日本製デニムのような、荒削りで本気の生地のみを使ったアメリカンワークウェアや、ビンテージミリタリーにインスパイアされたラインで、例えば、アメリカ海軍のシャンブレーシャツや、イギリス空軍のロールネックセーター、Type 1のデニムジャケット、アイコニックな133デニムなどがあります。

@Ethan Newton
Ethan in the sawtooth denim shirt.
ソウトゥースのデニムシャツを着たイーサン

The rugged masculinity of the casual line is complimented by the elegance of the tailored attire. Made-to-measure suits and jackets are cut fuller in the chest and longer in length, reflecting Ethan’s love of old school Italian tailoring from the 40s and 50s. Ethan explains that, “elegance is everything, and for clothes to be elegant they need to have drape.” To this end, Ethan works closely with Naples based tailor Gigi Dalcuore who has proven time and again to be adept at interpreting Ethan’s vision of style and cut.

カジュアルラインの無骨な男性らしさに対して、テーラードの服はエレガンスが特徴です。メイド トゥ メジャーのスーツやジャケットは、イーサンの愛する1940〜50年代のイタリアンテーラリングのスタイルを反映して、胸部はゆったりとカットされ、全体的な長さも長めに作られています。「エレガンスが全て。服がエレガントであるためには、ドレープが必要」と語るイーサンが頼りにしているのが、ナポリ在住のテーラー、ジジ・ダルクオーレです。ジジは、これまでイーサンのスタイルやカットに対するビジョンを、的確に解釈し表現してきました。

Elegance is everything
エレガンスが全て

Another tailor Ethan works closely with is the Hong Kong based Ascot Chang who makes Bryceland’s made-to-measure oxford cloth shirts and their famous safari jackets. It is for the safari jacket that I have come to Bryceland’s today.

イーサンが頼りにするもう一人のテーラーが、香港在住のアスコット・チャンです。ブライスランズのメイド トゥ メジャーのオックスフォード地のシャツや、人気のサファリジャケットなどを手がけています。この日私がブライスランズに来たのは、このサファリジャケットをオーダーするためでした。

While selecting the fabric for this commission a few weeks back, I was struck by the beauty and back story of Vitale Barberis Canonico’s red eri silk recently offered in its sustainable H.O.P.E. fabric range, HOPE being the acronym for How to Optimize People and Environment. Red eri silk is a unique, sustainable and cruelty-free fiber as it is harvested only after the moth leaves the cocoon. The silk is obtained from cocoons where the silkworm feeds on the leaves of the ficus citrifolia which produces the characteristic natural reddish-orange color.

数週間前、生地を選んでいた際に私は、ヴィターレ・バルベリス・カノニコ社のサステイナブルなファブリックのコレクションとして最近発表された「H.O.P.E」レンジにあるレッドエリシルクの美しさとその誕生のストーリーに心を打たれました。「How to Optimize People and Environment(人と環境を最適化する方法)」の頭文字をとって「H.O.P.E」と名付けられたこのコレクションは、サステイナブルで、クルエルティフリー(無殺生)の環境に優しいテキスタイルです。このレッドエリシルクは蚕が繭を出てから採取されます。この蚕が餌とするフィカス・シトリフォリアが自然の赤みがかったオレンジ色というキャラクターをこのシルクに与えています。

The eri silk is woven with undyed wool and alpaca, resulting in a 360 gram fabric that has to be seen and felt to believe.

エリシルクは、生成りのウールとアルパカと一緒に織られ、出来上がりは、見て触ると驚くほど素晴らしい、360グラムの生地になります。

@SARI
Ascot Chang for Bryceland’s safari jacket in VBC’s red eri silk
VBCの赤いエリシルクでできた、ブライスランズ別注アスコット・チャンのサファリジャケット
@Mr. David
Sustainable and cruelty free fabric from VBC’s H.O.P.E.range
サステイナブルで無殺生のVBC「H.O.P.E」ライン

As I don the perfectly tailored safari jacket made up in VBC’s luxurious eri silk fabric, I stand a little taller, thank the good crew at Bryceland’s and head out to explore the wilds of Tokyo.

VBCの贅沢なエリシルクで完璧に縫製されたサファリジャケットを着て、私は背筋を伸ばして立ちました。そして、ブライスランズの素晴らしいスタッフたちにお礼を言って、東京という荒野の開拓に出たのでした。

From humble Irish ancestry to being the arbiter of masculine elegance, Ethan has proven to be master of his fate, captain of his soul and has sailed the Bryceland’s ship to glory.

男性的エレガンスの採決者となったイーサンは、まさに魂の旅のキャプテンであり、今、ブライスランズ船を栄光に導くべく航海しているのです。

Visit Bryceland’s online shop@brycelandsco.com

ブライスランズのオンラインストアをチェックしてみてください。@brycelandsco.com

関連記事一覧: Mr.David Diary

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop