2021年、丸山茂樹さんが活躍を期待する男子プロゴルファー4選手とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スポーツ界全体に影響を及ぼしたコロナ禍。本連載では、これまでオリンピアンをゲストに迎えてきたが、今回は特別編として2020年の男子ゴルフ界を丸山茂樹さんに振り返っていただいた。2020年、丸山さんの心に残った次世代を担う選手達とは。そして、これからのゴルフとは。

【Fun for Win】特別編 
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹が語る
2020年、心に残った男子選手&2021年への期待[後編]

>>>[前編]はこちら

丸山茂樹さん

丸山茂樹さん MARUYAMA Shigeki
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年より米ツアーに参戦し3勝。2002年には伊澤利光プロとのペアでゴルフワールドカップを制する。東京五輪ではリオ五輪に続き、ゴルフ日本代表のヘッドコーチを務める。愛称は“マルちゃん”。

「個人戦と思われがちですが、団体戦で表彰台に上がる喜びも知ってほしい」(丸山さん)

ニューフェイスの活躍で今後はもっと盛り上がる!

M.E. ほかにも注目選手は、いらっしゃいますか?

丸山 ニューフェイスで挙げるならば金谷拓実選手。2019年の全英オープンで練習ラウンドを松山英樹選手と一緒に回ったので、そのとき、初めて、彼のスタイルを間近で見ました。

M.E. その際はどのような印象を抱かれましたか?

丸山 自分の世界観を持っていて、ゴルフ知能指数が非常に高い選手だなという印象を受けましたね。無理なコースマネジメントもしないし、周りのスタイルに引っ張られることもない。自分には自分のやり方があるんだと理解しているようです。全てにおいて、バランスが良い選手ですから、世界アマチュアゴルフランキング1位になるのも納得です。その実績もあったので、2020年、来るだろうという予想していた通りに活躍してくれましたね。とても嬉しいです。今の日本のゴルフ界にとっては、楽しみなニューフェイスが現れたなという感じです。

丸山さんが注目する《次世代選手-3 》 金谷拓実さん
「独自の世界観を持ち、ゴルフ知能指数がとても高い!」

金谷拓実さん
2020日本オープンの最終日。
金谷拓実さん
2020年の「ダンロップフェニックストーナメント」でプロ初優勝したとき。

金谷拓実さん KANAYA Takumi
1998年生まれ。広島県出身。東北福祉大学ゴルフ部出身。’19年「三井住友VISA太平洋マスターズ」でツアー史上4人目のアマチュア優勝を果たした。’20年の10月にプロ転向。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop