今さら聞けない「トゥールビヨン」って何するものぞ【超弩級 複雑腕時計図鑑】

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> bool(false) ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> bool(false) ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> bool(false) ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } }

>> この記事の先頭に戻る

p7_sub
アンジェラス「U10 トゥールビヨン ルミエール」。透明感のあるトゥールビヨンは、構造が分かりやすい。シースルーバックからはキャリッジの軸を固定する様子も窺える。詳細はこちら

さらにもう一歩
フライング・トゥールビヨンとは?
トゥールビヨンの回転を安定させるためには、両側から支える必要があった。それを片側だけで頑強に固定できる構造を、ドイツ人時計師アルフレッド・ヘルヴィグが1920年に考案。キャリッジが一方から全容を見せ、浮いているように見えることから“フライング”の名が冠された。

 

もっと知りたい方はこちら!

超弩級 複雑腕時計図鑑
『超弩級 複雑腕時計図鑑』3400円 >> Amazon.co.jpで購入 
※表示価格は本書発売時(2020年11月6日)の税抜き価格です

2024

VOL.342

Summer

  1. 2
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop