【2020年総括・3月編】多様化の時代にこそ見直すべき「基本」のスーツとは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

21世紀最大の混乱に晒されたこの1年、服飾業界と本誌は新しいスーツのあり方を懸命に模索してきた。2020年のバックナンバーをもとにその軌跡を振り返りつつ、これからスーツはどこへ向かうのか、考えてみたい。

MEN’S EX4月号で注目したのは……
装い多様化の時代にこそ見直すべき“基本”のスーツ

3月号ではスーツの新たな側面に注目した本誌だったが、多様化を受け入れるからこそ、ブレない芯も必要である。そんなメッセージを込めて、4月号では”基本”に立ち返る企画を組んだ。名門のスタイルが最も色濃く反映された基本の一着を”ストロング・ベーシック”と名付け、その価値を改めて分析。微差を吟味するほどに見えてくる奥深さをお伝えした。

また、伝統素材であるモヘア混スーツが今年増えていたことにも着目。その中でもウェイトのあるものを、長い時季にわたって活用できる”通年モヘア”として提案した。基本と応用をともに知り、この春夏もスーツを楽しもう。そう提言した矢先、感染症の脅威が一気に本格化したのであった…。

紺無地にこそ、ブランドの本質が現れる

注目TOPIC
紺無地にこそ、ブランドの本質が現れる

一見同じようでありながら、カッティングやディテール、仕立ての手法などがブランドによって様々に異なるスーツ。その微差を徹底解説した。写真は左から麻布テーラー、ブルックス ブラザーズ、イザイアのもの。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop