IWCが誇る永久カレンダーの傑作時計がトゥールビヨンと初対面!

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179131) ["id"]=> int(1179131) ["title"]=> string(13) "p34-35_point1" ["filename"]=> string(17) "p34-35_point1.jpg" ["filesize"]=> int(249586) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point1.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179129/p34-35_point1" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p34-35_point1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179129) ["date"]=> string(19) "2020-11-24 21:31:01" ["modified"]=> string(19) "2020-11-24 21:31:01" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point1-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179132) ["id"]=> int(1179132) ["title"]=> string(13) "p34-35_point2" ["filename"]=> string(17) "p34-35_point2.jpg" ["filesize"]=> int(405240) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point2.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179129/p34-35_point2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p34-35_point2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179129) ["date"]=> string(19) "2020-11-24 21:31:01" ["modified"]=> string(19) "2020-11-24 21:31:01" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point2-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179133) ["id"]=> int(1179133) ["title"]=> string(13) "p34-35_point3" ["filename"]=> string(17) "p34-35_point3.jpg" ["filesize"]=> int(299915) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point3.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179129/p34-35_point3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p34-35_point3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179129) ["date"]=> string(19) "2020-11-24 21:31:02" ["modified"]=> string(19) "2020-11-24 21:31:02" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point3-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/p34-35_point3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

IWC(アイ・ダブリュー・シー)
ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン

4桁表示の永久カレンダーと超高精度なムーンフェイズ

 

 SPEC INFORMATION 
ポルトギーゼ伝統の大型ケースは永久カレンダーの各表示の配置に余裕があり、見やすい。限定50本。 ケースサイズ:45㎜ ケースの厚さ:15.3㎜ ケース素材:Pt ストラップ:サントーニ社製アリゲーター 巻き上げ:自動巻き 搭載キャリバー:Cal.51950 防水性能:3気圧 振動数:毎時1万9800振動 パワーリザーブ:約168時間 ムーブメントのパーツ数:654個 石数:54石 ムーブメントの直径:38.2㎜ ムーブメントの厚さ:9.3㎜
価格:参考価格1529万5000円(為替により変動)
問:IWC
TEL:0120-05-1868

永久カレンダーの傑作がトゥールビヨンと初対面

1985年に誕生したダ・ヴィンチは、機械式時計再興の足掛かりとなった1本として、時計史にその名を残す名作である。汎用のクロノグラフ・ムーブメントに、永久カレンダーを搭載。各暦表示が一斉送りできる同複雑機構初の機能をもち、さらに同じく初となる 4桁数字の西暦表示 と122年以上調整が不要なアストロノミカル・ムーンフェイズも備えていた。設計者はIWCの生ける伝説クルト・クラウス氏。IWCは、この基本設計を受け継ぎ、永久カレンダーを熟成させてきた。

このモデルが搭載するCal.51950でクラウス式永久カレンダーが、トゥールビヨンと出会った。初搭載したのは2018年、創業150周年を記念したポルトギーゼの限定モデルだった。そして同コレクションがフルリニューアルされた2020年、新たな外装を与えたのが、本作である。

ベースムーブメントは、2000年に発表された自社製自動巻きCal.5000。12時位置にテンプをもつ設計で、それをトゥールビヨンに置き換えるにあたり、組み合わせる永久カレンダー・モジュールにも手が加えられた。元来、クラウス式永久カレンダーは、12時位置にムーンフェイズが備わる。それを6時位置に移し、さらにトゥールビヨンを見せるために、カレンダーオペレーションリングに穴を開ける処理をした。こうして組み込まれたトゥールビヨンの キャリッジは、わずか0.625gと超軽量 で、ベースとなるCal.5000に備わる約7日間のロングパワーリザーブを継承する。それをかなえる2つの香箱は、IWC伝統のペラトン自動巻き機構が、高効率に巻き上げる。これも巻き上げ方向の切り替え車が、摩耗しないセラミック製に改良された。6時位置に移したアストロノミカル・ムーンフェイズも、 577.5年に1日の誤差 という、超高精度へと進化している。

アルバート・ペラトン氏とクルト・クラウス氏、2人の天才が生んだ機構を革新し、IWCは複雑機構を未来につなぐ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop