エコバッグ時代のミニショルダーは「小が大を兼ねる」!?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

小が大を兼ねる鞄

フルラのエコパッカブル

フルラのエコパッカブル
ポーチとしても使用でき、ショルダーを着ければ、斜め掛けにしていわゆるサコッシュとしても楽しめる。革のボディの前ポケットはマグネット式の開閉なので、小物類も出し入れしやすい。11月下旬展開予定。3万5000円(フルラ ジャパン)

「袋お付けしますか?」を一日に何回聞くだろうか。何かを買いに行くつもりで出かけるときは、意識してエコバッグを持参することも多いが、仕事の帰り道、飲みに行ったついでなど、「しまった!」となることのほうが多いのでは?

上の写真は、いきなりのタネ明かしだが、こちらフルラの優秀ミニバッグ。写真左下が基本型で、スマートフォンやお財布など、必要最小限の荷物がしっかり収納可。上質感漂うシボ革が“ちょっと出かける”ときに見栄え良い。

それが、収納力満点のエコバッグに早変わり。この鞄の魅力は、ミニバッグとしてもエコバッグとしてもクオリティが高いことだ。エコバッグは、丈夫なのでワインボトルなどもラクに入れられるほか、仕事中出先で渡された書類などをしまってビジネス街を持ち歩いてもなんら見劣りしない。

さらにポーチの収納とは別の荷室からエコバッグの袋を出す仕組みなので、ポーチ内の荷物は動かす必要がないのも実にラク。この佇まいなので、出張時や旅先にもお洒落かつ便利アイテムとして重宝間違いなし。

「袋、お付けしますか?」と聞いてきた店員さんも、一目置くに違いない。


お問い合わせ先

フルラ ジャパン
TEL:0120-951-673



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年12月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop