グレーのジャケットは「ライトグレー」を選ぶべき理由とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

「脱・オジさん見え」の渋ジャケット活用実例
[グレー ジャケット編]

グレー ジャケット
左:ジャケットは下のキャプション参照。ニット14万3000円/バランタイン(ウールン商会) パンツ3万6000円/シヴィリア(ストラスブルゴ)  時計145万5000 円/ IWC(IWC) 靴9万4000円/オールデン(ラコタ) 右:ジャケットは下のキャプション参照。ニット4万2000円/フェデリ(トレメッツォ) パンツ2万9000円/ GTA(ビームス 六本木ヒルズ) 時計54万円/IWC(IWC) 靴2万3000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)※左右ともに問い合わせのないものは、スタイリスト私物

グレーはネイビーと並ぶスーツの基本色。だが、ことジャケットでのグレーは地味に映ることが多い。とくに暗い色合いのグレーはオジさん見えしやすい。その点パッと明るい色調のものなら爽やかでモダン。顔色が綺麗に見えるのもミドルには嬉しいメリットだ。

そんなライトグレージャケットを活かすポイントは「インナーやボトムスに白を合わせること」。エレガンスが際立ち、洗練された休日姿が完成する。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop