「既製のシャツがしっくりこない……」麻布テーラーのオーダーシャツにお任せあれ!(前編)

array(13) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168277) ["id"]=> int(1168277) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg01" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg01.jpg" ["filesize"]=> int(552354) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg01.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg01" ["alt"]=> string(39) "悩ましい、シャツの生地選び" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:45" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:00:33" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg01-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg01-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg01.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(397) "

悩ましい、シャツの生地選び
「まずは生地を選んでいきましょう。シンプルなものから個性的なものまでバリエーション豊かに取り揃えていますよ」と越智店長。本格派シャツに相応しい生地見本はどれだろうか……? 生地をペラペラと捲りながら説明を受ける。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168278) ["id"]=> int(1168278) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg02" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg02.jpg" ["filesize"]=> int(506145) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg02.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg02" ["alt"]=> string(51) "「ロンドンストライプ」が気になる!" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:46" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:00:58" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg02-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(517) "

「ロンドンストライプ」が気になる!
様々な生地を見ていく中で中島の目に留まったのは、ストライプの柄。「これはロンドンストライプですね。クラシックな風格がありつつ、コーディネートしやすい柄です」。縦糸は高級超長綿スーピマ100番双糸・横糸も同じくスーピマの50番単糸を使用しており、柔らかでしなやかな風合い。本格派シャツにピッタリだ!

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168279) ["id"]=> int(1168279) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg03" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg03.jpg" ["filesize"]=> int(376522) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg03.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg03" ["alt"]=> string(40) "新モデルの「Tacking」とは―。" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:47" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:01:23" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg03-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(506) "

バックスタイルはオススメのモデルが
後ろ姿の印象を大きく変えるバックスタイルは、麻布テーラーでは6種類のモデルを用意。「これまで華奢な体型の方には『Darts』というモデルをオススメしてきたのですが、今回はより絞りの効いた「インバーテッドプリーツ」のタッキングという新モデルを是非検討していただきたいです。実物をお持ちします」

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168280) ["id"]=> int(1168280) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg04" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg04.jpg" ["filesize"]=> int(588866) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg04.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg04" ["alt"]=> string(40) "「Tacking」は驚きのスリムさ!" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:48" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:01:46" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg04-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg04-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(563) "

「インバーテッドプリーツ」のタッキングは驚きのスリムさ!
実物を見るとそのスリムさが分かる。「主に外套に採用されるディテールであるインバーテッドプリーツをウエスト位置でステッチ留めしたデザインでして、ウエスト周りに強いシェイプが入る効果があります。ボディラインを出しながら、プリーツの可動域により快適な着心地も実現できます」華奢な体型の中島にはうってつけ。

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168281) ["id"]=> int(1168281) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg05" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg05.jpg" ["filesize"]=> int(579139) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg05.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg05" ["alt"]=> string(69) "「タブカラー×クレリック」がVゾーンを立体的に!" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg05" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:49" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:02:12" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg05-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg05-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg05.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg05.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(514) "

「タブカラー×クレリック」がVゾーンを立体的に!
襟は、とある2つの仕様の掛け合わせがオススメとのこと。「タブカラーとクレリックの掛け合わせに是非挑戦してほしいです。タブカラーにすることでネクタイがグッと持ち上がり、さらにクレリック仕様にすることで視覚的なメリハリが生まれます。立体的なVゾーンをつくる上で、活躍してくれます!」

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168282) ["id"]=> int(1168282) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg06" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg06.jpg" ["filesize"]=> int(555615) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg06.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg06" ["alt"]=> string(57) "袖は、「角落ダブルボタン型」が気になる" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg06" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:50" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:02:37" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg06-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg06-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg06.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg06.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(578) "

袖は、「角落ダブルボタン型」が気になる
袖については、「角落ダブルボタン型」に興味を惹かれる。「既製品には中々ないディテールですね。角落ちは、袖口が斜めに切り落とされたシャープなデザインです。ダブルボタンはさり気なくエレガントな雰囲気を演出してくれて、しっかりと手首にフィットする効果もありますね」。幅広いディテールの中から選ぶことができるのも、オーダーならではだ。

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168283) ["id"]=> int(1168283) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg07" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg07.jpg" ["filesize"]=> int(230210) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg07.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg07" ["alt"]=> string(51) "とっておきのボタンが上質な印象に!" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg07" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:51" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:03:00" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg07-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg07-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg07.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg07.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(440) "

とっておきの釦で上質な印象に!
「釦は、プラスチック製のものでも充分だとは思いますが、白蝶貝のものを是非。真珠を生み出すことのできる貝から作られるもので希少性が高く、上質な印象をプラスすることができますよ」。確かにプラスチックに比べて光沢が美しい。折角なので、白蝶貝を選択!

" } [7]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168284) ["id"]=> int(1168284) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg08" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg08.jpg" ["filesize"]=> int(473195) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg08.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg08" ["alt"]=> string(48) "刺繍を入れて、自分専用感をプラス" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg08" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:52" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:03:59" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg08-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg08-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg08.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg08.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(404) "

刺繍を入れて、自分専用感をプラス
「ネーム刺繍を入れることも可能ですよ」。刺繍を入れる上での理想的な位置は、左胸とウエストの間とのこと。「袖口などに入れることもできますが、まずは王道の位置がよろしいかと」。ネーム刺繍を決めたところで、仕様決めは終了!

" } [8]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168285) ["id"]=> int(1168285) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg09" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg09.jpg" ["filesize"]=> int(532198) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg09.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg09" ["alt"]=> string(33) "肩幅と胴回りがポイント" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg09" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:53" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:12:24" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg09-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg09-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg09.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg09.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(293) "

肩幅と胴回りがポイント
首周り、胸囲、胴回り、肩幅を測定していく。「肩は結構しっかりされていて幅も広めです。対して胴回りは狭めですね。この辺りがポイントになってくると思います」

" } [9]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168286) ["id"]=> int(1168286) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg10" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg10.jpg" ["filesize"]=> int(524495) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg10.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg10" ["alt"]=> string(48) "手持ちのシャツは、どこが問題か?" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg10" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:54" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:12:43" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg10-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg10-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg10.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg10.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(386) "

手持ちのシャツは、どこが問題か?
手持ちのシャツはプロの目から見ても今一つ。「やはり胴回りですよね。だいぶ余ってしまっています。ここを絞ればだいぶ印象が変わると思いますよ。あとは、袖がやや短いですね。もう少し長めの方が、正統だと思います」

" } [10]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168287) ["id"]=> int(1168287) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg11" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg11.jpg" ["filesize"]=> int(540568) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg11.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg11" ["alt"]=> string(36) "胴回りは調整の必要なし?" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg11" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:56" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:13:13" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg11-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg11-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg11.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg11.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(482) "

胴回りは調整の必要なし?
パターンサンプルのシャツに着替え、補整を進めていく。「肩はやや窮屈そうなので、もう少し出した方が良いですね。胴回りについてですが、オーダーいただいているモデルはウエストがキュッと6cm細くなるので、補整は必要ないと思います。ピタピタ過ぎると華奢さが目立ってしまう可能性があります」

" } [11]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168288) ["id"]=> int(1168288) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg12" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg12.jpg" ["filesize"]=> int(549793) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg12.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg12" ["alt"]=> string(33) "袖は、さらに細くすべし" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg12" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:57" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:13:35" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg12-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg12-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg12.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg12.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(359) "

袖は、さらに細くすべし
続いて袖丈の補整。やや長いので少し短くすることに。それに加えて、袖の幅についても補整が必要とのこと。「袖の幅が緩いように見えます。スリム袖という細くできる仕様があるので、それを追加しておきますね」

" } [12]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1168289) ["id"]=> int(1168289) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg13" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200826_azabu_pg13.jpg" ["filesize"]=> int(515371) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg13.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1168265/c_fashon_200826_azabu_pg13" ["alt"]=> string(48) "首のサイズは洗濯の縮みも考慮して" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200826_azabu_pg13" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1168265) ["date"]=> string(19) "2020-08-20 05:22:58" ["modified"]=> string(19) "2020-08-20 06:13:54" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg13-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg13-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg13.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/c_fashon_200826_azabu_pg13.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(451) "

首のサイズは洗濯の縮みも考慮して
首のサイズはちょうど良いように思えたが、そうとも限らないとのこと。「確かに現状は指が1本入るくらいでちょうど良いのですが、シャツは洗うとどうしても縮みが出てしまうんですよね。なので、指が2本入るくらいの状態でお渡しするくらいがちょうど良いと思います」

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
麻布テーラー

既製のシャツに納得いかないなら、どうするか?

シャツは、とりあえず着ていれば良いというものでもない。オーバーサイズのシャツを着ればだらしない印象になるし、チープな造りのものを着ればどこかみすぼらしい印象になってしまう。ジャストサイズ且つ上質な造りの、自分を格好良く見せる本格派のシャツを着ることが重要なのだ。

とはいえ、数ある既製のものからそうしたシャツを見つけ出すのは意外と難しいもの。「首周りのサイズに合わせると袖が短くなる」「ダブルカフスが良いのに中々見つからない」などなど、サイズが微妙に合わなかったり生地や仕様がいまいち気に入らなかったりする。

そこでオススメしたいのが、オーダーシャツだ。オーダーシャツならば、サイズ・生地・仕様を自分の思うように仕立てることができる。

今回は、新人編集部員が、ドレススタイルのオーダーに定評のある「麻布テーラー」にて実際にシャツをオーダーして完成するまでの模様をレポート。オーダーシャツの実力に注目されたし!

新人編集部員は、本格派シャツが欲しい!

――ある日のMEN’S EX 編集部――

中島 中島樗澤さん、僕にオススメのシャツあったりしませんか?



樗澤広樹 樗澤なに、急にどうしたの?(笑)



中島 中島いや~、社会人になって早や数か月、スーツをカッコよく着こなすには、生地や仕様にこだわった本格派シャツを着る必要があるな~と思い始めまして。でも僕はすごく華奢な体系なので既製品がフィットしづらいんですよね……。



樗澤広樹 樗澤確かに中島のシャツ姿、ちょっとブカブカした感じだもんなぁ。造りもいまいちだし。ん~じゃあ、オーダーしてみたら? オーダーシャツなら中島の理想が叶えられるんじゃないかな。「麻布テーラー」は、ラインナップが豊富且つスタッフの方々が色々と相談に乗ってくれるからオススメだよ。



中島 中島お~、麻布テーラー! 確かにオーダーシャツならシャツの生地や仕様に加えてサイズにも凝れますね。シャツのオーダーの経験はないので少し緊張しますが、早速行ってみたいと思います!



野暮ったい印象のシャツ姿

野暮ったい印象のシャツ姿

中島のシャツ姿はこの有様……。シャツの造りは簡素で、上質な雰囲気は皆無。タックインした箇所に皺が寄っていたり袖丈が短かったりと、ベストなサイズ感からは程遠い。造りもサイズ感も今一つで、野暮ったい印象である。麻布テーラーのオーダーシャツは、この印象を如何程変えてくれるのだろうか?

今回訪れたのは、「麻布テーラー SQUARE二子玉川店」

麻布テーラー SQUARE二子玉川店
麻布テーラー SQUARE二子玉川店

越智店長 越智店長いらっしゃいませ。店長の越智と申します。



中島 中島本日はよろしくお願いします。本格派シャツを仕立てたくて伺ったのですが、恥ずかしながらシャツのオーダーは初めてでして……。オーダーはどのような流れなんでしょうか?



越智店長 越智店長麻布テーラーは、生地の選択→仕様の選択→採寸の流れでシャツのオーダーを進めていきます。オーダーは初めてとのことですが、適宜しっかりとアドバイス致しますので、ご安心なさってください!



中島 中島なるほど、頼もしいです! よろしくお願いします!



採寸の前に、シャツの生地・仕様を決めていく!

<p><strong>悩ましい、シャツの生地選び</strong><br />
「まずは生地を選んでいきましょう。シンプルなものから個性的なものまでバリエーション豊かに取り揃えていますよ」と越智店長。本格派シャツに相応しい生地見本はどれだろうか……? 生地をペラペラと捲りながら説明を受ける。</p>

悩ましい、シャツの生地選び
「まずは生地を選んでいきましょう。シンプルなものから個性的なものまでバリエーション豊かに取り揃えていますよ」と越智店長。本格派シャツに相応しい生地見本はどれだろうか……? 生地をペラペラと捲りながら説明を受ける。

<p><strong>「ロンドンストライプ」が気になる!</strong><br />
様々な生地を見ていく中で中島の目に留まったのは、ストライプの柄。「これはロンドンストライプですね。クラシックな風格がありつつ、コーディネートしやすい柄です」。縦糸は高級超長綿スーピマ100番双糸・横糸も同じくスーピマの50番単糸を使用しており、柔らかでしなやかな風合い。本格派シャツにピッタリだ!</p>

「ロンドンストライプ」が気になる!
様々な生地を見ていく中で中島の目に留まったのは、ストライプの柄。「これはロンドンストライプですね。クラシックな風格がありつつ、コーディネートしやすい柄です」。縦糸は高級超長綿スーピマ100番双糸・横糸も同じくスーピマの50番単糸を使用しており、柔らかでしなやかな風合い。本格派シャツにピッタリだ!

<p><strong>バックスタイルはオススメのモデルが</strong><br />
後ろ姿の印象を大きく変えるバックスタイルは、麻布テーラーでは6種類のモデルを用意。「これまで華奢な体型の方には『Darts』というモデルをオススメしてきたのですが、今回はより絞りの効いた「インバーテッドプリーツ」のタッキングという新モデルを是非検討していただきたいです。実物をお持ちします」</p>

バックスタイルはオススメのモデルが
後ろ姿の印象を大きく変えるバックスタイルは、麻布テーラーでは6種類のモデルを用意。「これまで華奢な体型の方には『Darts』というモデルをオススメしてきたのですが、今回はより絞りの効いた「インバーテッドプリーツ」のタッキングという新モデルを是非検討していただきたいです。実物をお持ちします」

<p><strong>「インバーテッドプリーツ」のタッキングは驚きのスリムさ!</strong><br />
実物を見るとそのスリムさが分かる。「主に外套に採用されるディテールであるインバーテッドプリーツをウエスト位置でステッチ留めしたデザインでして、ウエスト周りに強いシェイプが入る効果があります。ボディラインを出しながら、プリーツの可動域により快適な着心地も実現できます」華奢な体型の中島にはうってつけ。</p>

「インバーテッドプリーツ」のタッキングは驚きのスリムさ!
実物を見るとそのスリムさが分かる。「主に外套に採用されるディテールであるインバーテッドプリーツをウエスト位置でステッチ留めしたデザインでして、ウエスト周りに強いシェイプが入る効果があります。ボディラインを出しながら、プリーツの可動域により快適な着心地も実現できます」華奢な体型の中島にはうってつけ。

<p><strong>「タブカラー×クレリック」がVゾーンを立体的に!</strong><br />
襟は、とある2つの仕様の掛け合わせがオススメとのこと。「タブカラーとクレリックの掛け合わせに是非挑戦してほしいです。タブカラーにすることでネクタイがグッと持ち上がり、さらにクレリック仕様にすることで視覚的なメリハリが生まれます。立体的なVゾーンをつくる上で、活躍してくれます!」</p>

「タブカラー×クレリック」がVゾーンを立体的に!
襟は、とある2つの仕様の掛け合わせがオススメとのこと。「タブカラーとクレリックの掛け合わせに是非挑戦してほしいです。タブカラーにすることでネクタイがグッと持ち上がり、さらにクレリック仕様にすることで視覚的なメリハリが生まれます。立体的なVゾーンをつくる上で、活躍してくれます!」

<p><strong>袖は、「角落ダブルボタン型」が気になる</strong><br />
袖については、「角落ダブルボタン型」に興味を惹かれる。「既製品には中々ないディテールですね。角落ちは、袖口が斜めに切り落とされたシャープなデザインです。ダブルボタンはさり気なくエレガントな雰囲気を演出してくれて、しっかりと手首にフィットする効果もありますね」。幅広いディテールの中から選ぶことができるのも、オーダーならではだ。</p>

袖は、「角落ダブルボタン型」が気になる
袖については、「角落ダブルボタン型」に興味を惹かれる。「既製品には中々ないディテールですね。角落ちは、袖口が斜めに切り落とされたシャープなデザインです。ダブルボタンはさり気なくエレガントな雰囲気を演出してくれて、しっかりと手首にフィットする効果もありますね」。幅広いディテールの中から選ぶことができるのも、オーダーならではだ。

<p><strong>とっておきの釦で上質な印象に!</strong><br />
「釦は、プラスチック製のものでも充分だとは思いますが、白蝶貝のものを是非。真珠を生み出すことのできる貝から作られるもので希少性が高く、上質な印象をプラスすることができますよ」。確かにプラスチックに比べて光沢が美しい。折角なので、白蝶貝を選択!</p>

とっておきの釦で上質な印象に!
「釦は、プラスチック製のものでも充分だとは思いますが、白蝶貝のものを是非。真珠を生み出すことのできる貝から作られるもので希少性が高く、上質な印象をプラスすることができますよ」。確かにプラスチックに比べて光沢が美しい。折角なので、白蝶貝を選択!

<p><strong>刺繍を入れて、自分専用感をプラス</strong><br />
「ネーム刺繍を入れることも可能ですよ」。刺繍を入れる上での理想的な位置は、左胸とウエストの間とのこと。「袖口などに入れることもできますが、まずは王道の位置がよろしいかと」。ネーム刺繍を決めたところで、仕様決めは終了!</p>

刺繍を入れて、自分専用感をプラス
「ネーム刺繍を入れることも可能ですよ」。刺繍を入れる上での理想的な位置は、左胸とウエストの間とのこと。「袖口などに入れることもできますが、まずは王道の位置がよろしいかと」。ネーム刺繍を決めたところで、仕様決めは終了!


ORDER SHEET(生地・仕様)

■生地
ライン:「Blue & White Premium fabrics 324」
コレクション:「London Checks & Stripes」
番手:縦糸100番双糸・横糸50番単糸
素材:スーピマコットン

■仕様
襟:タブカラー(ループ)※クレリック
カフス:角落ダブル釦
ポケット:無
前立て:裏前立て
バックスタイル:インバーテッドプリーツ(タッキング)
芯の硬さ:レギュラー
刺繍:ネイビー(見頃下)
釦:白蝶貝釦

<p><strong>悩ましい、シャツの生地選び</strong><br />
「まずは生地を選んでいきましょう。シンプルなものから個性的なものまでバリエーション豊かに取り揃えていますよ」と越智店長。本格派シャツに相応しい生地見本はどれだろうか……? 生地をペラペラと捲りながら説明を受ける。</p>

悩ましい、シャツの生地選び
「まずは生地を選んでいきましょう。シンプルなものから個性的なものまでバリエーション豊かに取り揃えていますよ」と越智店長。本格派シャツに相応しい生地見本はどれだろうか……? 生地をペラペラと捲りながら説明を受ける。

<p><strong>「ロンドンストライプ」が気になる!</strong><br />
様々な生地を見ていく中で中島の目に留まったのは、ストライプの柄。「これはロンドンストライプですね。クラシックな風格がありつつ、コーディネートしやすい柄です」。縦糸は高級超長綿スーピマ100番双糸・横糸も同じくスーピマの50番単糸を使用しており、柔らかでしなやかな風合い。本格派シャツにピッタリだ!</p>

「ロンドンストライプ」が気になる!
様々な生地を見ていく中で中島の目に留まったのは、ストライプの柄。「これはロンドンストライプですね。クラシックな風格がありつつ、コーディネートしやすい柄です」。縦糸は高級超長綿スーピマ100番双糸・横糸も同じくスーピマの50番単糸を使用しており、柔らかでしなやかな風合い。本格派シャツにピッタリだ!

<p><strong>バックスタイルはオススメのモデルが</strong><br />
後ろ姿の印象を大きく変えるバックスタイルは、麻布テーラーでは6種類のモデルを用意。「これまで華奢な体型の方には『Darts』というモデルをオススメしてきたのですが、今回はより絞りの効いた「インバーテッドプリーツ」のタッキングという新モデルを是非検討していただきたいです。実物をお持ちします」</p>

バックスタイルはオススメのモデルが
後ろ姿の印象を大きく変えるバックスタイルは、麻布テーラーでは6種類のモデルを用意。「これまで華奢な体型の方には『Darts』というモデルをオススメしてきたのですが、今回はより絞りの効いた「インバーテッドプリーツ」のタッキングという新モデルを是非検討していただきたいです。実物をお持ちします」

<p><strong>「インバーテッドプリーツ」のタッキングは驚きのスリムさ!</strong><br />
実物を見るとそのスリムさが分かる。「主に外套に採用されるディテールであるインバーテッドプリーツをウエスト位置でステッチ留めしたデザインでして、ウエスト周りに強いシェイプが入る効果があります。ボディラインを出しながら、プリーツの可動域により快適な着心地も実現できます」華奢な体型の中島にはうってつけ。</p>

「インバーテッドプリーツ」のタッキングは驚きのスリムさ!
実物を見るとそのスリムさが分かる。「主に外套に採用されるディテールであるインバーテッドプリーツをウエスト位置でステッチ留めしたデザインでして、ウエスト周りに強いシェイプが入る効果があります。ボディラインを出しながら、プリーツの可動域により快適な着心地も実現できます」華奢な体型の中島にはうってつけ。

<p><strong>「タブカラー×クレリック」がVゾーンを立体的に!</strong><br />
襟は、とある2つの仕様の掛け合わせがオススメとのこと。「タブカラーとクレリックの掛け合わせに是非挑戦してほしいです。タブカラーにすることでネクタイがグッと持ち上がり、さらにクレリック仕様にすることで視覚的なメリハリが生まれます。立体的なVゾーンをつくる上で、活躍してくれます!」</p>

「タブカラー×クレリック」がVゾーンを立体的に!
襟は、とある2つの仕様の掛け合わせがオススメとのこと。「タブカラーとクレリックの掛け合わせに是非挑戦してほしいです。タブカラーにすることでネクタイがグッと持ち上がり、さらにクレリック仕様にすることで視覚的なメリハリが生まれます。立体的なVゾーンをつくる上で、活躍してくれます!」

<p><strong>袖は、「角落ダブルボタン型」が気になる</strong><br />
袖については、「角落ダブルボタン型」に興味を惹かれる。「既製品には中々ないディテールですね。角落ちは、袖口が斜めに切り落とされたシャープなデザインです。ダブルボタンはさり気なくエレガントな雰囲気を演出してくれて、しっかりと手首にフィットする効果もありますね」。幅広いディテールの中から選ぶことができるのも、オーダーならではだ。</p>

袖は、「角落ダブルボタン型」が気になる
袖については、「角落ダブルボタン型」に興味を惹かれる。「既製品には中々ないディテールですね。角落ちは、袖口が斜めに切り落とされたシャープなデザインです。ダブルボタンはさり気なくエレガントな雰囲気を演出してくれて、しっかりと手首にフィットする効果もありますね」。幅広いディテールの中から選ぶことができるのも、オーダーならではだ。

<p><strong>とっておきの釦で上質な印象に!</strong><br />
「釦は、プラスチック製のものでも充分だとは思いますが、白蝶貝のものを是非。真珠を生み出すことのできる貝から作られるもので希少性が高く、上質な印象をプラスすることができますよ」。確かにプラスチックに比べて光沢が美しい。折角なので、白蝶貝を選択!</p>

とっておきの釦で上質な印象に!
「釦は、プラスチック製のものでも充分だとは思いますが、白蝶貝のものを是非。真珠を生み出すことのできる貝から作られるもので希少性が高く、上質な印象をプラスすることができますよ」。確かにプラスチックに比べて光沢が美しい。折角なので、白蝶貝を選択!

<p><strong>刺繍を入れて、自分専用感をプラス</strong><br />
「ネーム刺繍を入れることも可能ですよ」。刺繍を入れる上での理想的な位置は、左胸とウエストの間とのこと。「袖口などに入れることもできますが、まずは王道の位置がよろしいかと」。ネーム刺繍を決めたところで、仕様決めは終了!</p>

刺繍を入れて、自分専用感をプラス
「ネーム刺繍を入れることも可能ですよ」。刺繍を入れる上での理想的な位置は、左胸とウエストの間とのこと。「袖口などに入れることもできますが、まずは王道の位置がよろしいかと」。ネーム刺繍を決めたところで、仕様決めは終了!

<p><strong>肩幅と胴回りがポイント</strong><br />
首周り、胸囲、胴回り、肩幅を測定していく。「肩は結構しっかりされていて幅も広めです。対して胴回りは狭めですね。この辺りがポイントになってくると思います」</p>

肩幅と胴回りがポイント
首周り、胸囲、胴回り、肩幅を測定していく。「肩は結構しっかりされていて幅も広めです。対して胴回りは狭めですね。この辺りがポイントになってくると思います」

<p><strong>手持ちのシャツは、どこが問題か?</strong><br />
手持ちのシャツはプロの目から見ても今一つ。「やはり胴回りですよね。だいぶ余ってしまっています。ここを絞ればだいぶ印象が変わると思いますよ。あとは、袖がやや短いですね。もう少し長めの方が、正統だと思います」</p>

手持ちのシャツは、どこが問題か?
手持ちのシャツはプロの目から見ても今一つ。「やはり胴回りですよね。だいぶ余ってしまっています。ここを絞ればだいぶ印象が変わると思いますよ。あとは、袖がやや短いですね。もう少し長めの方が、正統だと思います」

<p><strong>胴回りは調整の必要なし?</strong><br />
パターンサンプルのシャツに着替え、補整を進めていく。「肩はやや窮屈そうなので、もう少し出した方が良いですね。胴回りについてですが、オーダーいただいているモデルはウエストがキュッと6cm細くなるので、補整は必要ないと思います。ピタピタ過ぎると華奢さが目立ってしまう可能性があります」</p>

胴回りは調整の必要なし?
パターンサンプルのシャツに着替え、補整を進めていく。「肩はやや窮屈そうなので、もう少し出した方が良いですね。胴回りについてですが、オーダーいただいているモデルはウエストがキュッと6cm細くなるので、補整は必要ないと思います。ピタピタ過ぎると華奢さが目立ってしまう可能性があります」

<p><strong>袖は、さらに細くすべし</strong><br />
続いて袖丈の補整。やや長いので少し短くすることに。それに加えて、袖の幅についても補整が必要とのこと。「袖の幅が緩いように見えます。スリム袖という細くできる仕様があるので、それを追加しておきますね」</p>

袖は、さらに細くすべし
続いて袖丈の補整。やや長いので少し短くすることに。それに加えて、袖の幅についても補整が必要とのこと。「袖の幅が緩いように見えます。スリム袖という細くできる仕様があるので、それを追加しておきますね」

<p><strong>首のサイズは洗濯の縮みも考慮して</strong><br />
首のサイズはちょうど良いように思えたが、そうとも限らないとのこと。「確かに現状は指が1本入るくらいでちょうど良いのですが、シャツは洗うとどうしても縮みが出てしまうんですよね。なので、指が2本入るくらいの状態でお渡しするくらいがちょうど良いと思います」</p>

首のサイズは洗濯の縮みも考慮して
首のサイズはちょうど良いように思えたが、そうとも限らないとのこと。「確かに現状は指が1本入るくらいでちょうど良いのですが、シャツは洗うとどうしても縮みが出てしまうんですよね。なので、指が2本入るくらいの状態でお渡しするくらいがちょうど良いと思います」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Nov. VOL.316

11

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop