今年の夏は、日本初の白樺炭酸水で乗り切ろう!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

日々の食卓に“森の看護師”の処方を

久慈平庭高原プロジェクトの白樺炭酸水 しらせ

久慈平庭高原プロジェクトの白樺炭酸水 しらせ

北欧では何世紀にも亘り使用されてきた白樺の樹液。一年のうち春先の3週間しか採取できないほど希少で、美容や健康に良いとされ、ついた異名は「森の看護師」。

大英帝国のヴィクトリア女王も愛用、かくいう筆者もアンチエイジングのために化粧水を使っている……というのは余談だが、そんな栄養満点の白樺樹液から作った日本初の白樺炭酸水「しらせ」が登場したというので、早速試飲してみた。

フレッシュな炭酸がシュワッとはじけたあと、優しい甘みが広がり、最後に岩手県産のりんご果汁が爽やかに香る――美味しい! ここにたっぷりのミネラルやアミノ酸、たんぱく質、カルシウムや亜鉛が含まれているというから侮れない。

ウイスキーと割ってハイボールを作れば、美味なるうえに普段よりも健康に対する罪悪感が減ったりして。岩手県・久慈市が誇る自然の恵み、貴方の喉にもその癒しを是非。

白樺炭酸水 しらせ

31万本にもおよぶ日本一の白樺林、岩手県・久慈市にある平庭高原の白樺から採取されるのが「しらせ」の原料となる樹液。この林を後世に残すべく、持続可能性に配慮した採取を行っている。「しらせ」はオンライン購入ができるほか、東京都・港区にあるミシュラン2つ星の日本料理「おかもと」でも取り扱いがあり、料理とともに舌鼓を打つのもおすすめだ。300ml、400円。(久慈平庭高原プロジェクト事務局)



お問い合わせ先

久慈平庭高原プロジェクト事務局
TEL:0194-75-3500



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年9月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop