「白黒ジャケット」の今年っぽい着こなしを、ビームス中村さんが解説!

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123350) ["id"]=> int(1123350) ["title"]=> string(30) "c_fashion_191106_nakamura_03_2" ["filename"]=> string(34) "c_fashion_191106_nakamura_03_2.jpg" ["filesize"]=> int(87589) ["url"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_03_2.jpg" ["link"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/archives/1121646/c_fashion_191106_nakamura_03_2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(1) "8" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(30) "c_fashion_191106_nakamura_03_2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1121646) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 02:12:11" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 02:12:11" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_03_2.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_03_2.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_03_2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_03_2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(597) "

Black Turtle Neck Style
「’80年代のフレンチアイビーブーム時は、こういったスタイルが大定番でした。当時はパンツも黒が多かったのですが、ここでは濃いグレーを選んでいます。以前ご紹介した黒スエード靴とも好相性です。」
ジャケットは前ページと同じ、ニット6万6000円/ドルモア、パンツ3万2000円/ベルウィッチ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123351) ["id"]=> int(1123351) ["title"]=> string(30) "c_fashion_191106_nakamura_04_2" ["filename"]=> string(34) "c_fashion_191106_nakamura_04_2.jpg" ["filesize"]=> int(102332) ["url"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_04_2.jpg" ["link"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/archives/1121646/c_fashion_191106_nakamura_04_2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(1) "8" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(30) "c_fashion_191106_nakamura_04_2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1121646) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 02:12:12" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 02:12:12" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_04_2.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_04_2.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_04_2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_04_2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(648) "

Dress Up Style
「タイドアップスタイルは、モノトーン風のVゾーンにすると着こなしやすい。ただ、タイは黒無地だとフォーマルすぎるので、黒ベースの柄物がよいでしょう。シャツはタブカラーでクラシックに。」
ジャケットは前ページと同じ、シャツ2万2000円/ギ ローバー、パンツ3万1000円/GTA、タイ1万4000円/ジョンコンフォート、チーフ2800円/ビームスF、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123352) ["id"]=> int(1123352) ["title"]=> string(30) "c_fashion_191106_nakamura_05_2" ["filename"]=> string(34) "c_fashion_191106_nakamura_05_2.jpg" ["filesize"]=> int(83850) ["url"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_05_2.jpg" ["link"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/archives/1121646/c_fashion_191106_nakamura_05_2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(1) "8" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(30) "c_fashion_191106_nakamura_05_2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1121646) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 02:12:12" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 02:12:12" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_05_2.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_05_2.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_05_2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashion_191106_nakamura_05_2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(618) "

Blue Turtle Neck Style
「往時のフレンチアイビーブームにはあまり見られなかった合わせ方ですが、モノトーンに差し色を効かせる装いにも注目。この場合、鮮やかなインナーに合わせてパンツも軽快な白を選んでいます。」
ジャケットは前ページと同じ、ニット2万5000円/グランサッソ、パンツ2万6000円/シヴィリア、靴9万5000円/エンツォ ボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

【BEAMS中村達也の先取り上手のリアルスタイル・前編】

“次”を知りつつ振り回されない、トレンドとの賢い付き合い方を、大人の装いのご意見番、中村氏が伝授。

中村達也さん

ビームス
クリエイティブディレクター 中村達也さん

ドレスセクションを統括。世界各国で見た最新トレンドを丹念に分析し、日本人のライフスタイルに合わせて提案する手腕に定評あり。SNSの投稿やブログを集約した公式サイトも。


公式サイト:https://tatsuyanakamura.amebaownd.com

《今月のテーマ》 白黒ジャケット

まずはじめに知っておくこと

モノトーンの柄ジャケットといえば、1980年代のフレンチアイビーブームにおける象徴的アイテムでした。それが今、リバイバルとして再注目されています。全身をモノトーンで統一するのが往時の定石でしたが、今年は差し色を効かせる装いも旬ですね(中村さん)



BEAMS F / ビームスF

ハリのあるツイード生地がフレンチアイビーなムードを感じさせつつも、仕立ては大変柔らか。大柄の千鳥が印象的ながら、白黒配色で派手に見えないのもいい。

白黒ジャケット
7万円(ビームス 六本木ヒルズ)


<p><span style=Black Turtle Neck Style
「’80年代のフレンチアイビーブーム時は、こういったスタイルが大定番でした。当時はパンツも黒が多かったのですが、ここでは濃いグレーを選んでいます。以前ご紹介した黒スエード靴とも好相性です。」
ジャケットは前ページと同じ、ニット6万6000円/ドルモア、パンツ3万2000円/ベルウィッチ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ

">

Black Turtle Neck Style
「’80年代のフレンチアイビーブーム時は、こういったスタイルが大定番でした。当時はパンツも黒が多かったのですが、ここでは濃いグレーを選んでいます。以前ご紹介した黒スエード靴とも好相性です。」
ジャケットは前ページと同じ、ニット6万6000円/ドルモア、パンツ3万2000円/ベルウィッチ、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ

<p><span style=Dress Up Style
「タイドアップスタイルは、モノトーン風のVゾーンにすると着こなしやすい。ただ、タイは黒無地だとフォーマルすぎるので、黒ベースの柄物がよいでしょう。シャツはタブカラーでクラシックに。」
ジャケットは前ページと同じ、シャツ2万2000円/ギ ローバー、パンツ3万1000円/GTA、タイ1万4000円/ジョンコンフォート、チーフ2800円/ビームスF、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ

">

Dress Up Style
「タイドアップスタイルは、モノトーン風のVゾーンにすると着こなしやすい。ただ、タイは黒無地だとフォーマルすぎるので、黒ベースの柄物がよいでしょう。シャツはタブカラーでクラシックに。」
ジャケットは前ページと同じ、シャツ2万2000円/ギ ローバー、パンツ3万1000円/GTA、タイ1万4000円/ジョンコンフォート、チーフ2800円/ビームスF、靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ

<p><span style=Blue Turtle Neck Style
「往時のフレンチアイビーブームにはあまり見られなかった合わせ方ですが、モノトーンに差し色を効かせる装いにも注目。この場合、鮮やかなインナーに合わせてパンツも軽快な白を選んでいます。」
ジャケットは前ページと同じ、ニット2万5000円/グランサッソ、パンツ2万6000円/シヴィリア、靴9万5000円/エンツォ ボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

">

Blue Turtle Neck Style
「往時のフレンチアイビーブームにはあまり見られなかった合わせ方ですが、モノトーンに差し色を効かせる装いにも注目。この場合、鮮やかなインナーに合わせてパンツも軽快な白を選んでいます。」
ジャケットは前ページと同じ、ニット2万5000円/グランサッソ、パンツ2万6000円/シヴィリア、靴9万5000円/エンツォ ボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop