「初対面で好感度を上げる」シンプルな方法は?【スーツの着回し1週間チャレンジ!/ストラスブルゴ編#2】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

今回はイタリアの良質なブランドを豊富に揃える、ストラスブルゴにフィーチャー。プレス今井慶美さんは、ブラックスーツ、白シャツ、黒靴などの定番アイテムを用いながら、素材や色柄、機能などで今年らしく見せるコツを教えてくれた。ストラスブルゴ編は11月4日(月)〜11月10日(日)1週間、毎日更新予定。(使用する全22アイテムは、こちらを参照

スーツ×コートスタイル

奇をてらわずにベーシックアイテム中心にまとめるべし

祝日明けの外回り、きちんと見えるジャージセットアップのコーディネートが◎

「火曜日は外回りを想定。端正なスーツなら、初めて会う方にも好印象を与えることができます。こちらのブラックスーツは、見た目は端正ですが着心地はジャージーそのもの。ネイビーの小紋柄ネクタイ、白無地シャツ、黒靴と定番アイテムでまとめた中に、明るいブルーのコートで控えめな個性を添えました。コートは防水生地のため、雨に降られても安心です」(プレス今井慶美さん)

下の22アイテムの中から……

使用アイテムリスト
<b>1.ストラスブルゴのパッカブルスーツ</b><br />上質なメリノウールと、摩耗に強いコーデュラナイロンをブレンドした、高級ジャージスーツ。梳毛のジャージなので見た目にきれいめ。耐久性にも優れるため、ビジネススーツとしても実用的だ。シワになりにくい点も魅力的。6万2000円(ストラスブルゴ)

1.ストラスブルゴのパッカブルスーツ
上質なメリノウールと、摩耗に強いコーデュラナイロンをブレンドした、高級ジャージスーツ。梳毛のジャージなので見た目にきれいめ。耐久性にも優れるため、ビジネススーツとしても実用的だ。シワになりにくい点も魅力的。6万2000円(ストラスブルゴ)

<b>4.ストラスブルゴの白シャツ</b><br />同店専属のシャツ職人、山神正則が手掛ける白無地シャツは、究極のスタンダード。英国老舗のシャツ生地メーカー、トーマス・メイソンの生地も周囲と差をつける。2万2000円(ストラスブルゴ)

4.ストラスブルゴの白シャツ
同店専属のシャツ職人、山神正則が手掛ける白無地シャツは、究極のスタンダード。英国老舗のシャツ生地メーカー、トーマス・メイソンの生地も周囲と差をつける。2万2000円(ストラスブルゴ)

<b>7.キートンの小紋柄ネクタイ</b><br />モダンなデザインに定評のあるナポリ仕立てのネクタイ。こちらはネイビーの濃淡で表現した、幾何学模様の小紋柄が洗練されている。2万9000円(ストラスブルゴ)

7.キートンの小紋柄ネクタイ
モダンなデザインに定評のあるナポリ仕立てのネクタイ。こちらはネイビーの濃淡で表現した、幾何学模様の小紋柄が洗練されている。2万9000円(ストラスブルゴ)

<b>15.キーレッドのリバーシブルコート(ブルー面)</b><br />14のコートの裏面には、ロロ・ピアーナ社の防水ナイロン素材が採用され、小雨にも対応。シックなブルーグレーにもセンスを感じる。19万8000円(ストラスブルゴ)

15.キーレッドのリバーシブルコート(ブルー面)
14のコートの裏面には、ロロ・ピアーナ社の防水ナイロン素材が採用され、小雨にも対応。シックなブルーグレーにもセンスを感じる。19万8000円(ストラスブルゴ)

<b>19.エドワード グリーンの靴「バークレー」</b><br />英国靴らしいパンチトキャップトゥシューズ。エドワード グリーンのそれは大きめの穴飾りや、スワンネックと呼ばれる白鳥の首のような飾りステッチが、スーツ姿をよりエレガントに見せてくれる。15万9000円(ストラスブルゴ)

19.エドワード グリーンの靴「バークレー」
英国靴らしいパンチトキャップトゥシューズ。エドワード グリーンのそれは大きめの穴飾りや、スワンネックと呼ばれる白鳥の首のような飾りステッチが、スーツ姿をよりエレガントに見せてくれる。15万9000円(ストラスブルゴ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop