「世界のカモシタ」がディレクションする、新生「ポール・スチュアート」の世界とは?

Facebook
Twitter
ポール・スチュアート

日米ディレクター2人のトークショーから紐解く
新生ポール・スチュアートの世界観とは?

ブリティッシュ・アメリカンなトラッドスタイルを代表するブランドとして知られるポール・スチュアート。昨年、創業80周年を迎えた同ブランドが2019年秋冬の、日本向けのコレクションから新展開に突入した。なんと世界のウェルドレッサーたちがその着こなしに憧れる、日本を代表するウェルドレッサー・鴨志田康人氏が、日本におけるディレクターに就任したのだ。コレクションの発表会にて行われた新生ポール・スチュアートとは? 鴨志田氏と同ブランド本国クリエイティブディレクターのラルフ氏とのトークショーを振り返りつつ、その世界観を探る。

「子どもの頃から”大人だなぁ”と憧れてきた」(鴨志田氏)

「鴨志田さんのスタイルは”エフォートレス エレガンス”」(ラルフ氏)

かねてからの知り合いで、ピッティでも毎回会って話をするという鴨志田氏とラルフ氏。今回の対談でも、お互いリラックスした表情で会話がなされていた。鴨志田氏は日本におけるディレクターとして就任した同ブランドへの想いをこう語った。

ポール・スチュアート 青山店で行われた新コレクション発表会でのトークショーにて。左:鴨志田氏、右:ラルフ氏

「ポール・スチュアートは高校生のときから憧れのブランド。’81年にこの青山店ができて足を運んだときや、30歳過ぎのときに初めてマディソンアヴェニューの本店を訪れたときも、他のアメリカントラッドのブランドとは一線を画す大人な雰囲気に圧倒されました。アメリカの純粋なクラシックではなく、ヨーロピアンな要素が混ざっているからでしょうか、洗練という言葉が最も合うブランドと言えます」(鴨志田氏)

店内にディスプレイされたコレクションの一部。リラックスした大人のスタイルが特徴的だ。

そう語った鴨志田氏について、ラルフ氏は新コレクションの特徴とも言える鴨志田氏のスタイルの魅力を示唆してくれた。
「鴨志田氏は私が最も注目するウェルドレッサーの一人ですが、その魅力的な独自のスタイルには”エフォートレス エレガンス”を感じます。つまり、お洒落をしても頑張っているように見えないエレガンスがあるのです。非常にリラックスしているのにグラマラス。クラシックなスタイルの着こなしをするとどうしても堅苦しくなりがちですが、どこか自然体に見えるのです。そんな鴨志田氏にディレクションを手掛けていただけるのは、本当に刺激的で、私たちのブランドにとっても大変素晴らしい機会になるでしょう」(ラルフ氏)

確かに、店内にディスプレイされたコレクションも、ベージュやグレーの色味やニットの素材使いの妙など、随所からリラックスした大人の佇まいが感じられる。

店内のスーツディスプレイ。グレーのトーンが程よい寛ぎを感じさせる。

「今回ポール・スチュアートに携わらせていただくにあたって、決してブランドを安易に若返らせようとは思っていません。私が憧れた大人のスーツスタイルを引き継ぎつつも、それだけでなく、リラックス感のある上質なカジュアルウェアを充実させることで、成熟した品格ある大人のためのコレクションを再構築できればと考えております」(鴨志田氏)

そんな大人らしくも寛ぎ感のあるコレクションとは実際どのようになっているのだろうか。ドレスとカジュアルウェア、それぞれの一部を紹介する。

3つボタン段返りのブレザーと、グレーフランネルのパンツには「スーパーソニック」を採用。M-65ジャケットをハズシで羽織った、アクティブなビジネススタイルだ。ブルゾン12万円、ジャケット8万9000円、シャツ1万9000円、タイ2万1000円、パンツ3万3000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

3つボタン段返りのブレザーと、グレーフランネルのパンツには「スーパーソニック」を採用。M-65ジャケットをハズシで羽織った、アクティブなビジネススタイルだ。ブルゾン12万円、ジャケット8万9000円、シャツ1万9000円、タイ2万1000円、パンツ3万3000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

グレーフランネルのスーツだけでなく、さらっとしたタッチが都会的なトレンチコートにも「スーパーソニック」の生地を採用。クラシックな着こなしながら、シャツとタイの色使いがヌケ感を生んでいる。コート15万円、スーツ13万円、シャツ2万3000円、タイ1万8000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

グレーフランネルのスーツだけでなく、さらっとしたタッチが都会的なトレンチコートにも「スーパーソニック」の生地を採用。クラシックな着こなしながら、シャツとタイの色使いがヌケ感を生んでいる。コート15万円、スーツ13万円、シャツ2万3000円、タイ1万8000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

やや起毛した千鳥格子柄のダブルスーツに、ハイゲージウールの淡いパープルのニットをひと挿し。クラシックなスーツも、一気に休日の華やかなドレスアップスーツスタイルに変わる。スーツ17万円、ニット2万3000円、チーフ5000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

やや起毛した千鳥格子柄のダブルスーツに、ハイゲージウールの淡いパープルのニットをひと挿し。クラシックなスーツも、一気に休日の華やかなドレスアップスーツスタイルに変わる。スーツ17万円、ニット2万3000円、チーフ5000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

カジュアルなコーデュロイも細畝かつベージュホワイトの色味なら上品で大人らしい印象に。コットンベースにカシミア混の贅沢な素材を使用。畝の存在感とタッチの柔らかさは圧巻。ストライプ×小紋のリバーシブルシルクストール、パープルのストライプタイがエレガント。ジャケット17万円、パンツ6万9000円、シャツ2万4000円、タイ1万5000円、ストール3万7000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

カジュアルなコーデュロイも細畝かつベージュホワイトの色味なら上品で大人らしい印象に。コットンベースにカシミア混の贅沢な素材を使用。畝の存在感とタッチの柔らかさは圧巻。ストライプ×小紋のリバーシブルシルクストール、パープルのストライプタイがエレガント。ジャケット17万円、パンツ6万9000円、シャツ2万4000円、タイ1万5000円、ストール3万7000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

千鳥柄のコート、カシミアのニット、フランネルのパンツとすべてグレーでまとめた上級者コーデ。グレーの上品さや、ニットやパンツの素材の寛ぎ感を存分に活かしつつ、インナーのニットのトーンを濃くし、ストールを加えることでコーデにメリハリをつけている。コートはVBCの「EARTH WIND AND FIRE」を使用し、高い撥水性、防風性を備えつつ、ウールの美しい素材感も感じさせる。袖までのダウンライナー付きだが着膨れせずすっきりと仕上げている。コート13万9000円、ニット7万3000円、パンツ3万6000円、ストール5万5000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

千鳥柄のコート、カシミアのニット、フランネルのパンツとすべてグレーでまとめた上級者コーデ。グレーの上品さや、ニットやパンツの素材の寛ぎ感を存分に活かしつつ、インナーのニットのトーンを濃くし、ストールを加えることでコーデにメリハリをつけている。コートはVBCの「EARTH WIND AND FIRE」を使用し、高い撥水性、防風性を備えつつ、ウールの美しい素材感も感じさせる。袖までのダウンライナー付きだが着膨れせずすっきりと仕上げている。コート13万9000円、ニット7万3000円、パンツ3万6000円、ストール5万5000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

May VOL.311

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

SmartNews
今月の読者プレゼント
Sustaina
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop