何歳からでも強くなれる沖縄拳法空手を体感【40歳からの習い事】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
何歳からでも強くなれる沖縄拳法空手を体感【40歳からの習い事】

筋力に頼らないから歳をとっても強くなれる

40代になると、体力はどんどん衰えてくるもの。今から何かスポーツを始めても若い人にはかなわないし……という気持ちになりがちだ。特に、人とぶつかりあう格闘技となるとなおさら。しかし、「誰でも、何歳からでも強くなれる」ことを謳う空手が存在する。総合格闘家の菊野克紀選手も修行する沖縄拳法空手道だ。その稽古会に参加し、本当に強くなれるのか体験してみた。

菊野選手は総合格闘技(MMA)のDREAMやUFCにも参戦していたので、知っている人も多いことだろう。元々、極真空手をベースとしたファイトスタイルで活躍していたが、近年は沖縄拳法空手道で身に付けた破壊力のある突きで多くの強豪を撃破。37歳になった今でも自身でプロデュースする格闘道イベント「敬天愛人」の大会で優勝したり、東京オリンピック出場を目指してテコンドーの全日本選手権に出場するなど、活躍を続けている。

沖縄拳法空手

そんな菊野選手が2012年から学んでいるという沖縄拳法空手道。代名詞ともなっている一撃で相手を倒す突きだが、実は筋力に頼ったものではないという。通常、ボクシングなどのパンチは足で地面を蹴り、腰を捻って全身の筋力を使って威力を出すものだが、沖縄拳法空手道では地面は蹴らず、体もひねらないというから驚きだ。それでどうやって威力を出すのか疑問だったので、まずは、その突きの威力を体験させてもらった。

実際に受けてみた突きは胸に当てたビッグミットを貫通し、内臓まで威力が伝わってくる凄まじいもの。過去にそれなりにパンチを受けたことはあるのだが、そのどれとも質が異なる受けた瞬間に「これはヤバい」と体が危機感を覚えるほどの威力だ。

沖縄拳法空手

とはいえ、菊野選手はプロの格闘家。筋肉質の体は80kg近くあるとのことなので、その体があるからこその威力なのでは? という疑問も拭えない。そこで、沖縄拳法空手道を学び始めてまだ3ヶ月ほどという会員さん(かなり線の細い方)の突きも受けてみたのだが、菊野選手ほどの威力ではないが、体の内部まで浸透してくるような衝撃は同質のもの。

菊野選手によると、沖縄拳法空手道の突きは「筋力の足し算ではなく、骨格と重心を揃えて相手に伝える」のだそう。しかも、それは型を繰り返し稽古することで身に付くのだという。3ヶ月、型をやれば強くなれるなんて夢のような話だが、実際にどんな稽古をしているのか体験させてもらった。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop