エルメスが発表した小さな鞄が「トレンド」である理由とは?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

時代に合わせた凝縮

エルメスのケリー・デペッシュ クラッチ

エルメスのケリー・デペッシュ クラッチ
’92年登場のケリー・デペッシュ復活を切望する声に応え、初めてリデザインされて誕生(なんとブリーフタイプも登場決定!)。着脱可能なストラップは持つのに便利で、外せばバッグインバッグとしても。色は「ヴェール・アマンド」と呼ばれるモスグリーン風の新色。内側は革張りで、スリットポケットもある。縦20×横25×マチ4cm。86万2000円(エルメスジャポン)

不朽の名作が揃うエルメス、それもまた1935年に登場した名作女性鞄「ケリー」をモチーフにしたこのクラッチを見て、タイトルの「トレンド」を不思議に思う方もいるかもしれない。しかし、これは間違いなくトレンドが色濃く映る作である。

新しく誕生したこちらは、’92年に登場したブリーフ鞄「ケリー・デペッシュ」を元に誕生。名作のリデザインというファッションの傾向を感じるだけでなく、デジタル化で毎日が小荷物化している時流、男女で素敵に使うジェンダーレスの気運など、まさに”今の時代”な逸品なのだ。iPad miniがちょうど入るボディは、型崩れしにくく傷に強いグレインカーフ「ヴォー・エプソン」を使用。キャッシュレス化も進み小さな鞄が注目の今、質も使い勝手も次世代を見据えられる「ケリー」の新名作といえる。


お問い合わせ先

エルメスジャポン
TEL:03-3569-3300



関連記事:あの「エルメス」に、こんな美しいレザー雑貨があるの知ってますか?



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年9月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop