【プレミアム・アウトドア】道なき洞窟を探検する「ケイビング」が人気。その魅力は?

Facebook
Twitter

※記事の最後に「グランド ハイアット 東京」のダイニング サティフィケート(お食事券)が当たるアンケートがあります。ぜひご協力ください。

神秘の光に導かれ、天然記念物の洞窟を散策

ケイビング
月の世界を連想させる空間「月宮殿」

青い光が美しく輝く月宮殿の世界

魅力的なプレミアム・アウトドアスポットは森や海だけではありません。実は、「鍾乳洞」も、得がたい体験ができる注目の場所。道なき洞窟のなかを探検するアウトドア・スポーツは「ケイビング」と称され人気が集まっていますが、今回は道が整備されている岩手県の鍾乳洞「龍泉洞」を「ケイビング」気分で巡ります。

世界有数の透明度を誇る地底湖で名高い「龍泉洞」を歩くと、月の世界を連想させる空間「月宮殿」(上写真)に到着。数十年単位で少しずつ変化する鍾乳石が、神秘的な光を受けて輝いています。

数千年の時をかけ、変化する鍾乳石
数千年の時をかけ、変化する鍾乳石

見上げると連なる「つらら石」は、天井から落ちる石灰分を含む地下水が固まったもの。約50年に1cmと、途方もない時間をかけて伸びています。

第二地底湖
第二地底湖

メインスポットである第二地底湖の「ドラゴンブルー」と呼ばれる幻想的な美しさは、覗き込むと吸い込まれそうなほど。地球の中心に近づくような、地上では味わえない体験が地底散策なのです。

龍泉洞

龍泉洞

公開されている洞窟は700m(上地図参照)だが、総延長は4088mあり、調査は未だ継続中で、5000mに達するのではと言われている。確認されている地底湖の数は8つで、そのうちの3つが見学できる。洞内に棲息する5種類のコウモリとともに、1938年に国の天然記念物に指定された。公開中の洞内は、30分〜40分ほどで散策が可能。営業時間は8時30分〜18時(10月〜4月は17時まで)。入洞料は大人1000円(税込み)。 

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1
TEL:0194-22-2566

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jan.&Feb. VOL.308

1・2

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop