BREGUETブレゲ2019新作時計とギヨシェ彫り体験【松山 猛の道楽道 #027】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

トゥールビヨンの誕生を祝う日

BREGUETブレゲ2019新作ウォッチ

ブレゲの2019年新作の発表会が6月の25日、新宿のパークハイアットホテルのヴェネシアンルームで開かれたので出かけてみた。

6月という月はブレゲ社にとってとても重要な月で、なぜなら1801年の6月26日に、創始者アブラアン-ルイ・ブレゲが画期的な脱進調速機構を持つ、トゥールビヨンシステムの特許を取得した日だからだ。

世界のブレゲ ブティックなどでは、その記念すべき日を祝ってコレクターやブレゲファンを招いてのイベントを繰り広げているという。

会場はいくつかのパートに分かれていて、最初にトゥールビヨンの歴史を振り返りながら、新作をショウケースに収めた部屋があり、そこを抜けるとトゥールビヨンのケージにテンプやなどのパーツを組み込む時計師のデモンストレーションがあり、さらにその隣にブレゲの代名詞でもあるギヨシェ模様を工作するマシンと、それを操る職人が、まさに文字盤をギヨシャージュ(斜子彫り)しているのだった。

そしてその鮮やかな手つきに見とれていると「あなたも体験してください」と声がかかり、恐る恐る機会を操作させてもらうと、面白いように波型の模様が削れていくのだった。

BREGUETブレゲ2019新作ウォッチ

BREGUETブレゲ2019新作ウォッチ

もっとも僕の腕前は半人前以下なので、「またスイスに修業に来てください」という嬉しいお誘いも。

もともとギヨシェ模様というのは、宝石箱などの装飾として始められたものだが、美食家としても知られる政治家であったタレーランとの会話の中で、そのような装飾を時計に取り入れられたらという着想を得て、ブレゲは文字盤や時計のケースにギヨシェ装飾をするようになったのだと、スイスから来日したギヨシェ職人が話してくれた。

会場の様子(フォトギャラリー7点)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop